テーマ:子育て

粘土遊び

子供と粘土遊びをするときに、爪楊枝があると、細かいことができて面白い。 お父さんが細かいことをしだすと、子供はいつの間にか粘土で遊ぶのをやめて、他のことをしていたりするけど。 みかん。 しいたけ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の日の散歩

雨の日でも、 子供は外へ行きたがるので、 カッパをきて散歩。 長靴を履いているけど、 水たまりとかどんどん入るので、 結局あしはびしょびしょになる。 子供は濡れても楽しそう。 親としても覚悟を決めて、 家に帰ったら、あったかいお風呂に子供と一緒に入ることにすれば、 まあ楽しめるかな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンポポ

4女2歳が、 道端にタンポポが咲いていると、 一生懸命摘んで、 お父さんかお母さんにくれる。 自分が大事だと思うものを、 相手が大事に思ってくれたらうれしい、 とか、そんなかんじの気持ちなのだろうと思う。 相手に何かを贈りたいという気持ちは、 相手が喜ぶかどうかよりも、 先にある気持ちなのかもしれな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステイホームせずに・・・

子供とだれもいない川原へ行って半日過ごす。 子供は川岸の小魚を網で追いかけて、 お父さんは石に座ってぼーっとして、 新緑や、 最近咲き出した藤の花を見たりしている。 子供たちにどこかへ買い物へ連れていけとか言われるよりも、 私としてはこちらのほうが好き。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かにとり

佐久間変電所のまわりを流れる冷却水の水路に、 沢ガニがたくさんいて、 昔からこのあたりの子供たちがカニとりをする場所となっている。 うちの子も、 ここでカニをとるのが好き。 我が家子はだいたい、 小学校4年生くらいまではここでカニとりをする。 5年になるとカニとりを卒業し、 だいた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天竜川川原で氷

比較的暖かい冬ですが、 天竜川の川原の水たまりに、 薄い氷がはるくらいには冷えます。 川原の氷で遊んでこようよ、 と、子どもたちを誘うと、 中学生の長女以外は、 一緒についてきて遊んでくれる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもの作っていたもの

我が家にあるゲーム機Xboxのコントローラーの周りにあったのは、 次女が作っていたゲーム機などのミニチュア。 2ds タブレット スイッチ そして、 それらを入れるアマゾンの箱。 面白かったので、 記録しておきます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本一めんどくさい幼稚園  原田小夜子

この本の感想三回目。 日本の公教育は残念ながら、秀でている面を強調して伸ばしていくよりは、不得手な面を矯正して平均点にまで持っていこうとする傾向があることはすでに述べました。いわゆる、長所を伸ばすより短所を克服しようとする教育です。これも自己肯定感を押し下げている要因だと私は思います。 発達障害のある子は、秀でているとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本一めんどくさい幼稚園  原田小夜子

この本からの感想の続き。 ほかの母親からの情報を聞いて、「こうなんでしょ?」と言ってしまうのはありがちです。そのように先回りされると、子どもは話す気をなくしてしまいます。親として早く解決したいと悶々とする時間もあるとは思いますが、そこはぐっとこらえて子どもが自ら言いたくなるのを待ってあげましょう。p87 ぐっとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本一めんどくさい幼稚園 原田小夜子

タイトルは意地悪な感じがするけど、 とても真っ当なことが書かれていると思った。 大人として子供にどう接するかということと、 自分自身がどう生きるか、 ということについて、考えさせらえる本。 本書より参考になったと思うところ。 では、人間における「根っこ」とはどんなことでしょうか? それは、「はじめに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クーリエジャポン2017年10月 サイコパスの素質をもって産まれてきた子供たち

この雑誌の、 「サイコパスの素質をもって産まれてきた子供たち」 という特集から。 アメリカの話だけど、 サイコパスの子供についての記事。 この記事より、気になったところ。 研究者は、子供をサイコパスと呼ぶことを躊躇する。あまりにも多くの汚名がつきまとい、あまりにも決定的な印象がある診断名だからだ。むしろサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リカちゃん ドリームハウス エレベーターのある あこがれのおうち

次女の誕生日に頼まれて買ったものです。 家にエレベーターがあるなんて、 ほんと、あこがれのおうちです。 どーん! と、 到着。 開けます。 プレゼントを開ける時のテンションが、 たいていの場合MAXですね。 届いた箱がおっきかったので、 お父さんもけっこうテンション上がり気味でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス人は子どもにふりまわされない心穏やかに子育てするための100の秘密 パメラ・ドラッカーマン 

妻が読んでたのを借りて読んだ。 本書より、 参考になったと思うところ。 子どもを中心にした家庭生活は、誰にとっても、子ども自身にとってさえよくない p14 親として、 自分自身よりも子供の方が大切ということはない。 自分も子供も、 同じ程度に大切。 自分を大切にしない親の子供が、 自分を大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more