テーマ:もの申してみた

民主党の医療政策と看護師の将来

選挙で大勝した民主党の医療政策の方針は、 ↓ http://www.dpj.or.jp/policy/koseirodou/index2009_medic.html に、書かれている。 ポイントは、 そのはじめに書かれているように、 自公政権が「骨太の方針2006」で打ち出した社会保障費削減方針(年2200億円、5年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

選挙について

政治的なことはあまり書かないけど、 ちょっとだけ書くと、 民主党が勝ちすぎかなと思った。 前回の選挙といい、 マスメディアの影響で議席数の激変が起こっている感じがするので、 その点に不安を感じないでもない。 政界的には、 激変が起きた、 ということなんだろうけど、 その激変を起こした投票者側は、 あま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

全国で2万人の看護師が過労死レベルにある

”日本看護協会は24日、全国で2万人の看護師が過労死レベルとされる月60時間以上の時間外勤務をしているとの推計を発表した。 20代が最も長く、同協会は「看護師不足の中、若年層の職場離れが進まないか」と懸念している。” そうだ。 ↓ http://www.asahi.com/national/update/0424/TKY2009…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

死んだ金魚をトイレに流す? 土との関わりについて

死んだ金魚をトイレに流すな―「いのちの体験」の共有 (集英社新書)集英社 近藤 卓 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 上記のような本を買ってきた。 最近、集合住宅に住む人などでは、 飼っていた金魚が死んだときに、 トイレに流したりする人がいるのだそうだ。 生ゴミに出したりとか。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

野村総合研究所が行った医療に関するアンケート調査によると、42.7%の人は「(社会保険料や税金の負担が増えることになっても、医療サービスを充実してほしい」と考えており、「医療の水準が低下しても負担が増えないようにしてほしい」の16.4%を大きく上回った。40.9%の人は「どちらともいえない、わからない」と回答した。 そうだ。 ↓ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今の職場の課題だと思うこと

今の職場での課題を考えてみて、 というお達しが、先月病棟の主任さんよりなされて、 それについて考えてみたことを、 ここに書いてみる。 はじめに言うと、 私としてはほんとうのところは、 現在の職場状況はかなり良くなっていると思っている。 数年前と比べても、 ずいぶんと風通しが良くなって、 自由に意見を言う…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

厚生労働省「第4回看護の質の向上と確保に関する検討会」のまとめについて 一現場看護師の意見として

厚生労働省関係審議会議で、 看護の質の向上と確保に関する検討会、 という会議があって、 その第4回の会議のまとめが、ネット上で読めるようになっていたので、 その内容について書いてみる。 ファイルは ↓ http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/01/dl/s0121-6c.pdf まず、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

療養病床削減幅緩和について

慢性疾患の高齢者が長期入院する療養病床の削減問題で、厚生労働省は現在約36万床あるベッド数を12年度末に15万床まで減らす当初の計画を大幅に緩和し、5万床上乗せした20万床程度を存続させる方針を固めた。 そうである。 記事↓ http://www.asahi.com/life/update/0104/TKY200801040254…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

診療報酬引き上げについて

政府は11日、08年度予算編成の焦点となっていた診療報酬改定で、薬価改定分を除く治療などの「本体部分」を引き上げる方向で検討に入った。引き上げ幅は0.1%を軸に調整しており、8年ぶりの増額改定となる。 ということである。 記事↓ http://www.asahi.com/politics/update/1211/TKY200712…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

診療報酬はまた下げられる

財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は5日財政構造改革部会を開き、2008年度予算で医療機関に支払う診療報酬を引き下げることで一致した。厳しい財政事情の中、公務員給与や物価の下落に比べ、医療機関の人件費や物件費は高止まりしているとして、削減余地があると判断した。 ということ。 記事全文↓ http://www.jiji.com/j…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

診療報酬は、在宅医療に手厚く

社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)の特別部会は4日、来年度から始まる75歳以上の後期高齢者を対象とした医療保険制度の診療報酬で、評価すべき点を盛り込んだ骨子をまとめた。 ということ。 記事↓ http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/kaigo_news/20071005-OYT8T00058.h…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

農相、変わりすぎ。

農相がまた変わると。 記事↓ http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070902it15.htm?from=top 安部首相の任命責任とかとわれるみたいだけど、 この際、あれだ、 閣僚といわず、 政治家全部をあらいざらいしてみたらどうなのだろうか? そ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

安部内閣について

最近テレビも見てないし、新聞も読んでいないけど、 自民党が参議院選挙で負けて安部内閣がたいへんだという話は聞いた。 支持率も下がりたい放題みたいだし。 あまりに人気がないと、 逆に応援したくなったりもする。 情け、というか。 しかし、 総理大臣に、情け、 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本看護学会が開幕 したが、学会に精神論は必要ないと思う。

第38回日本看護学会と言うのが、沖縄で開幕したそうだ。 記事↓ http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-25237-storytopic-1.html 看護学会を沖縄で今の時期にやるなんて、 いいね。 帰りに遊んで帰れるだろうから。 このなかで特別講演した日本赤十字看護…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

加ト吉とミートホープについて

加ト吉とミーとホープの、偽装肉事件。 めちゃくちゃな話だなと思う。 しかし、何で今頃こういう話が出てくるのだろう? それはおそらく、 かなりきわどい内部事情を知っている人とかも、リストラとかで会社をクビになったりするようになったからじゃないかなと思う。 今までだったら、終身雇用で会社に雇われ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日本の医療は医師の驚異的な頑張りで成り立っている

日本の医師数が世界標準と比べてどのくらい少ないかというと、 日本医師会ニュースの記事によると、 このくらい↓ グローバルスタンダードで見れば,日本の医師数二十六万人はOECD加盟国の平均医師数と比較して十二万人不足, これは世界で六十三位である.しかも,その格差は年ごとに世界と拡大乖離しているのだ.    日本より人口当たり…
トラックバック:5
コメント:12

続きを読むread more

学校への苦情 について

学校の先生が、生徒親からの理不尽な苦情に苦しめられているのだとか。 記事↓ http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20070618ur01.htm 暴力団との関係を匂わせて脅すとか、 そういうのは問題外(苦情ではなく脅迫)だろう。 そのほかにも、おかしなことを言ってくる親はPTA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親が子供に見せたくない番組「ロンドンハーツ」が4年連続1位 について

親が子供に見せたくない番組というランキングで、 「ロンドンハーツ」が4年連続1位を獲得したそうだ。 世の親たちは、ロンドンハーツを自分では楽しみながら見ているくせに、 子供には見せたくないとか思うのだろう。 まったく都合がいいことだ。 そういう矛盾した行動は、 ロンドンハーツを見る以上に子供を傷つけるのだろうけど…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

国民投票法について

国民投票法が、5月14日に参院本会議で可決された。 この法律に関しては、いろんな意見があり、 中国とか韓国とかもいろいろと言っているようだが、 憲法を変えるための法律、 という見方だけは一致しているのだと思う。 それで、 憲法をどうするかについて多数決で決めよう、 という考え方自体は、 別に悪くは無い気はする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タウンミーティングのやらせについて

やらせは良くない。 NHKの番組とかでも、やらせやってたらたたかれるだろう。 いや、 この事件は、 やらせ、 と表現するのは甘すぎる。 市民の声を聞くというのは、たんなるお題目で、 実は巧妙なプロパガンダ(大衆の扇動を目的とした情報操作)だった。 非常に悪質だ。 やらせ、というよりも、 詐欺。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ガン難民68万人

医師の説明や治療方針に納得できず複数の医療機関をさまようガン患者のことを、 ガン難民 と呼ぶのだそうだ。 そういう人たちが、全国に68万人くらいいて、 がん難民の解消で年間約5200億円の医療費が削減出来るらしい。 記事↓ http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

道路特定財源の一般財源化について

道路特定財源を一般財源化する法案。 その内用を適当に要約すると、 ガソリンに払っている税金とか、車買うときとかにかかる税金とかが、 今までは道路を作るなどの特定の目的にしか使われていなかったが、 これからはそれを一般財源にまわして、自由に使えるようにしよう、 という法案だと思う。 しかしそれが、 道路を作ったりして後に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小学校の先生が、子供の交通事故の現場の写真とかをサイトにアップしていたという件について

小学校の先生が、子供の交通事故の現場の写真とかをサイトにアップしていたという件について、 学校の先生と言うものを始めから信用していない私は、 さもありなん、 と、思った。 子供が好きで小学校の先生になった人とか、 好き、 と言う方向を誤ってしまったら、 へんな方向に行ってしまうこともありえるのだろう。 でもま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

それなりに満足、していいのか?

岐阜県の中学二年生の生徒がいじめを苦に自殺したという事件で、 いじめに関係したと見られている4人の生徒の両親が、自殺した生徒の親のところに謝罪に行ったのだそうだ。 それで、自殺した生徒の父親はその謝罪をうけて、 「申し訳ないという誠意が伝わってきて、それなりに満足した」 と、語ったのだそうだ。 記事↓ http://www.…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いじめは日常的な風景だった

いじめを苦に自殺した、と言うようなニュースが盛んに報道されているけど、 いじめを苦に自殺する子供は増えているのだろうか? そもそも、いじめは、増えているのだろうか? 思い起こせば私が小中学生のころ(今から15年から20年くらい前)も、 いじめはよくあった。 それこそ、日常的にあった。 裸にされて、数人で手足を持たれて…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

世界史を履修して無いから卒業できない?

富山県の県立高校で必修の世界史の授業を実施していなくて、 卒業要件を満たしていない生徒が卒業できない恐れがある、 とかいうへんなニュース↓ http://www.nikkei.co.jp/news/main/20061026AT1G2503T25102006.html 高校で習った世界史なんて、 アレクサンドルとか、ピョー…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

先生と呼ばれる人たちはだいたいろくでもないのだ

福岡県筑前町の三輪中学校2年の男子生徒(13)がいじめを苦に自殺したとみられる事件で、 担任教師がそのいじめの原因をつった、 というか、 担任の教師がが率先していじめていた、 ということが明るみに出たが、 私は学校の先生というものがだいたいにおいて嫌いなので、 教師なんてそんなもんだろう、 というのが、このニュースを聞いて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

おばあちゃんが孫を出産

おばあちゃんが孫を出産というニュース。 はじめはわけがわからなかったが、記事を読むと、 子宮がんで子宮をとってしまった娘の卵子とその旦那の精子を体外受精させ、その受精卵を娘の母親の子宮にいれ母親が妊娠出産した、 ということ。 だから、母親が生んだ子供は遺伝的にはその母親の孫という事になる。 ややこしいな。 ことの良し…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

田中真紀子氏について

田中真紀子氏の安部総理に対する国会での質問の様子を、テレビでやっていたけど、 見ててとてもへんな感じがした。 いつの時代だ? というか、 言っていることがくだらなさ過ぎないか? と、思えた。 田中真紀子氏はあの質問を終えたあと、してやったり、みたいな感じでいるのだろうか? 好感度(どのくらいあるのか知らないが)を落とし…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more