看護師父さんの仕事と生活の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 自然農法で楽しむはじめての野菜づくり 土づくりについて

<<   作成日時 : 2019/01/09 22:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


この本より。

三回目。


農薬や化学肥料、除草剤を使っていたところでも、畝を立てて耕さなければだんだんと土は甦ります。p26

それまで慣行農法を行っており化学肥料が残っている土地は、自然農法に適した生物相へリセットする必要があります。吸肥力の強いソルゴーやトウモロコシ、ライムギ、エンバクなどの単子葉系緑肥を育てて残った肥料を畑の外に持ち出せば、土壌は大体3年でリセットされます。p27

自然農法の土づくりは、自然にまかせるというのが基本なのだな。

除草剤はもちろん、化学肥料も入れない。




土を裸にしなければ、小さな生物の営みによって早く土が甦ります。まったく草が生えていない場所なら、最初は他の場所から多少の草を持ってきてもよいでしょう。ただし、そのようなものも耕して埋めてはいけません。「人の手で土を作ることはできない」というのが僕の考えです。土は、おのずと豊かになっていきます。つくろうとしたら、ダメなんです。土には、何も入れません。p28

この本では、4人の自然農法家の意見が書かれていて、
それぞれ言っていることは少しづつ違う部分がある。

この引用の発言をした自然農法家は、
畑には何も入れない、というかなり厳格な人。




草が生えていないなど土壌養分が少ない痩せた土地を畑にする場合は、堆肥や米ぬか、ナタネ油かすなどを表土に散布して始めることで、わずかでも収穫が得られ、草が生えることで土壌の回復も早くなります。
大切なのは、土のなかではなく表面に散布することです。土中に肥料を入れると発酵現象により、土壌環境を悪化させ、これが病害虫を引き起こす原因になるからです。表面に落ちた枯葉が自然に土に還る自然界と同じように、表土に均等にごく微量のみ施し、その上に刈り取った草をのせ、まず草が生えるのを待ちながら、作物も栽培するぐらいの気持ちで始めることが大事です。p29


春の七草のひとつ、ハコベは土が肥沃な場所に生えてきます。見つけたらぜひ土ごと掘り出して、畝に移植してください。また、自然菜園を始める年だけ、秋または早春、通路に「緑肥mix」(イネ科とマメ科、一年草と多年草の緑肥作物のタネを4種類以上ミックスしたもの)をまきます。p29

この意見を言っている自然農法家の人は、
畑になにか加えることを少しは許している。

私はどちらかと言えば、
このような考え方でいいかなと思っている。




ハコベやオオイヌノフグリ、ホトケノザなどの春の草がこんもりと育つようになったら、どんな野菜でも育てられます。p27

作物を育てるのに適した土地かどうかを見分ける目安。



痩せ地なら、雑穀やエダマメ、サツマイモを育てれば土づくりをする必要はありません。p27

雑穀やサツマイモは、
一度育ててみたいなと思っている。




その土地で初めてつくられた野菜は、根や葉などの収穫残渣がなかなか分解されません。その作物を分解するのに適した微生物がほとんど生息していないためです。p27

そこに生えている植物は、
土壌中の微生物とも深い関係を持っているのだな。




肥沃なところが好き、痩せている土地でよく育つ、日当たりの方はどうか、水はけのよさは、・・・・・など、野菜によってその土地の向き不向きがあります。もともとその作物に合わない畑なら、たとえばサツマイモであれば、水はけのよいところを好むため高畝にするなど、野菜の性質に合わせて、より自然に育つように手助けをする必要があります。p27

完全に自然まかすのではなく、
少しは人が手を加えてもいいのだな。




農法家ごとにいろいろな意見があるようだけど、
そのなかから良さそうだなと思うものを、
自分で選んでゆるく真似していけばいいかなと思う。

農家になりたいわけではないし、
植物を育てることを楽しむのが第一で、
さらに何か収穫出来たらラッキー!
というくらいの畑なので。

しかしそのくらいの方が、
畑を楽しめるのではないかと思う。

作物をできるだけきれいに、できるだけたくさん、作りたい場合は、
自然農法ではなくて、
農薬や化学肥料を使う従来の農法が良いだろう。

そういう農業は仕事みたいなもので、
疲れそうだな。

そんなわけで、
できるだけゆるい畑を目指そうと思う。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
―――――――――――― グーグルによるこのブログ内の検索
自然農法で楽しむはじめての野菜づくり 土づくりについて 看護師父さんの仕事と生活の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる