さくまるくん 被り物の作成

画像

先日着た、さくまるくんの頭の部分の作成の様子です。


まず、大きめのビーチボールに空気をいれます。
画像


軽い紙粘土を、
画像


少し練った後に平らに伸ばして、
画像


ビーチボールに張り付けていく。
画像


ビーチボールを頭を入れるところを残して、
軽い紙粘土で覆います。
画像


紙粘土と紙粘土をくっつけるところが、
少し難しかったです。

手をわずかに水で濡らして、境目をこすると、
わりときれいにくっつきました。

丸い形の完成です。
画像


乾燥するとひび割れが出たりするので、
ひび割れ部分に粘土を付け足して直します。

スプレーの緑でペイント。
画像


アクリル絵の具で顔を描いて、
画像


顔の完成です。
画像


ビーチボールの空気を抜きます。
画像


その後、
内側のひび割れを、内側から軽い紙粘土を塗り付けてできるだけ直しました。

今回は、
ビーチボールの空気は半分ほど抜いてそのまま中に残し、
頭を入れたときの支えになるようにしています。

しかしそれだけだと、
頭を動かしたときのぐらつきがあるので、
被り物をどのように頭にフィットさせるかが、今後の課題です。

それから、
かぶったときに、粘土やスプレーがとても臭いので、
できるだけ良く乾かす必要があります。



使った粘土はこれです。

10個くらい使いまいした。

この年度は、
乾いた後の強度が思ったよりも高く、
粘土だけの強度で丸い形が維持できたので助かりました。



この記事へのコメント

ハク
2016年06月14日 05:54
正体はビーチボールとは!wなるほど運動するなら軽量化が一番だしねw。
フィット感ならヘルメットがいいと思うけど重くなるだろうしなかなか難しいね( ^∀^)

この記事へのトラックバック