看護師父さんの仕事と生活の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 古いノートパソコンにRemixOSをインストールしてみた

<<   作成日時 : 2017/03/28 22:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前にLinux mintをインストールしたパソコン(Thinkpad X60)に、
今度はRemixOSをインストールしてみました。

画像


RemixOSは、
スマホなどに使われているAndroidをパソコン用にカスタマイズした感じのものらしいです。

Remix OSのよいところは、
起動が早いこと。

Thinkpad X60は、
今から10年以上前に発売されたパソコンですが、
Remix OSはそれなりに動いてくれました。

ノートパソコンをさっと開けば、
すぐに操作ができて助かります。

残念なところは、
やや動作が不安定なことがあり、
ブログを書いていて途中で固まってしまうと、
書いた文章が消えてしまってがっかりします。

なので、
まずグーグルドキュメントに下書きをしておいて、
それをコピーするようにしています。

それから、
バッテリーの持ちがもう少し良ければ、
自由度がもっと高くなるのでしょうが、
いかんせん10年以上前のパソコンはバッテリーの消費が早く、
基本的に電源をつないで使用しています。

あと、
YouTubeなどの動画は、
しょっちゅう止まってしまって見ていられません。

そのくらいが不満ですが、
なにか文章が書きたいと思った時にすぐ書けるというのは、
とても助かります。

その用途だけでも、
インストールして正解だなと思いました。




インストールするのに参考にしたのは以下のページです。

RemixOSのダウンロードは、
http://www.jide.com/remixos-for-pc#downloadNow
このページの、
32-bitのMirror Downloadsをクリックしてダウンロードしました。


この中のファイルを、
Win32 Disk Imagerというのを使ってUSBに書き込みます。

このページを参考にしました。

Remix OS 2.0.205/402 x86のクリーンインストール方法 - Hone.のたま〜に戯言


最初にダウンロードしたファイルにも、
USBにRemixOSを書き込むソフトがついているそうですが、

Remix OSのインストールと設定 | E.i.Z
今回は知らなかったので使いませんでした。


USBは何も入っていない8GBのものを使用しました。


RemixOSの入ったUSBをインストールするパソコンにさして、
起動時にF1ボタンを押すとBIOSの設定画面になるので、
USBから起動するように設定します。

この部分は、
ここを参考にしました。

リカバリー・メディア(USBメモリ)の起動順位をBIOSで変更する/Edge E130 Guide 〜初めてのThinkPad〜


USBから起動するといろいろと英語が出てきて、
そのうちに、
「 SRC= DATA= CREATE_DATA_IMG=1」
というところを、
「INSTALL=1 DEBUG=」
に書き換えるというところにたどり着きます。

意味はよく分からないまま、
ここを参考にして

Remix OS 2.0.205/402 x86のクリーンインストール方法 - Hone.のたま〜に戯言
なんとなくやったらできました。

途中何回か再起動されるような感じになったのですが、
なんとかRemix OSをインストールすることができました。

その後RemixOSが立ち上がったら、
ここを参考にして、

Remix OSのインストールと設定 | E.i.Z
日本語化とグーグルプレイの設定やwifiの接続など。


まあ、
私もよくわからずにやっていますので、
うまくいかない可能性もあります。

そのような場合は、自己責任ということで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
―――――――――――― グーグルによるこのブログ内の検索
古いノートパソコンにRemixOSをインストールしてみた 看護師父さんの仕事と生活の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる