看護師父さんの仕事と生活の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 家族という病 下重 暁子

<<   作成日時 : 2015/08/23 23:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


家族のあり方について考えさせられることがあるのかなと思って読んでみた。

結果、
そういう部分も少しはあったけど、
自分自身の問題を、母親とか家族とかに原因を求める考え方はあまり好きではないなと思った。

「家族」という言葉の持つイメージに縛られる必要はないということについては、
たしかにそうだなと思うけど、
そのイメージに一番縛られているのは著者自身のような感じもした。

著者が家族に対して持つイメージについて、
本書の最後の方から抜粋。

なぜ私は、家族を自分から拒絶しようとしたのか。家族というよけては通れぬものの中にある哀しみに気付いてしまったからに違いありません。身を寄せ合ってお互いを保護し、甘やかな感情に浸ることでなぐさめを見出すことのごまかしを、見て見ぬふりが出来なかったからです。p176

家族は、
ごまかしあって、なぐさめ合っていると。

家族というのは、
人間関係の一つの形態の呼称に過ぎないとしたら、
ごまかしあったり、なぐさめあたりするすることがあっても、
普通のことなのだろう。

そういうことをしないのが家族だという思いが、
著者にはとても強くあるように思った。

著者の理想は、
威厳のある父親と自立した母親、
のように思えたけど、
親といっても、一人の人間であって、
親にそんなに理想的な姿を押し付けるもどうかなと。



以下、
本より抜粋しながら少し感想を書きます。


責任感が人間を成長させる。その任に耐えられるか心配になっても、その場に置かれれば人は変わる。p30

この部分で著者が言うのは、
仕事上などでの責任に限られているみたい。

自分の家族を持つという責任感が、
人間を成長させる部分もたくさんあると思う。



教育とは親が与えるものではなく、子供が自分の世界で切磋琢磨してつかみとっていくものではないか。p38

親が子供に何かを伝えようとして頑張ることも、
悪いことではないと思う。

親が伝えたいとおもうもの以外のものも、
子供は感じ取って成長していく。

子供に言えることは、
俺も親として頑張るから、お前も頑張れよ、
というくらいかな。



夫や子供に期待することも相手をしばることに他ならない。
期待通りにならないと、落胆が激しく、愚痴や不満だらけになる。
自分以外の個に期待してはならない。他の個への期待は落胆や愚痴と裏腹なのだ。
期待は自分にこそすべきものなのだ。自分にならいくら期待してもかまわない。うまくいかなくとも、自分のせいであり、自分に戻ってくる。だから次は別の方法で挑む。挫折も落胆も次へのエネルギーになる。p41


これはあくまでも自分への戒めとして。

しかし、
どこか期待してしまう自分も絶対になくならない。

期待して裏切られて腹が立ち喧嘩して反省して、
また期待する。

家族して一緒に暮らしていくということは、
その繰り返しを覚悟して、なおかつあきらめないことかなと。



孤独に耐えられなければ、家族を理解することは出来ない。p104

家族があっても、
一人一人の人が基本的に孤独なのには変わりはないと思う。

映像的に言うなら、
たった一人で灼熱の砂漠にいて、そこに一瞬涼しい風が吹いたように感じられるのが、
家族の笑顔かなと。

(あ、なんか言いすぎました。ごめんなさい。)



年をとるとあっさりした魚とか野菜とかいうパターンで考えがちだが、元気で長生きという人には肉好きが多い。p109

これは確かにそうかもしれないなと思う。

まあ、その人の好みにもよるだろうけど。



年をとると、その人の性格があらわになって、違いがあらわれてくる。老後の介護も上からl固定観念を押しつけるのではなく、その人に合ったものを引き出してあげることが大切だと思う。p109

年をとることは個性的になることといつも言っている。時間もお金も体力も減ってきて、やるべきこととしたいことに集中するから、年を重ねるごとにその人らしくなるのだと思っている。p109

お年寄りをこういう視点で見るようにするのは、
必要なことだと思う。

しかし文章中の、
「引き出してあげる」という部分はちょっとどうかなと思う。

引き出してあげなくても出てきているのだけど、
接する方がそれに気が付けないだけだろう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
―――――――――――― グーグルによるこのブログ内の検索
家族という病 下重 暁子  看護師父さんの仕事と生活の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる