看護師父さんの仕事と生活の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 田舎の小さな病院で、職場を良くする活動記録5 「夢を語る会」を開催してみた

<<   作成日時 : 2013/02/28 23:38   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

職場で、
「夢を語る会」といのを開いてみた。

発起人はわたし。

「夢を語る会」というのは、
各職員が職場で行いたいと思っていることを、みんなの前で発表してもう、
というのが具体的な内容なんだけど、
「夢」ということにしておいたほうが面白いかなと思って。

「夢」というのは、
紙に書いてみたり、
誰かに話をしてみたりすると、
より実現しやすくなるということでもあるようなので。



地域は過疎化が進みに進んで、
地域医療の崩壊などと、世の中では言われて、
そういう職場で働く我々には、夢も未来も無いのか?
っていうような思いもあって、
無いなら今から作るしかないでしょうと。

別に「夢」なんてなくても、
働いてお金がもらえれば、
それでいいよ、
というのなら、
それでも良いのかもしれないけど。

でも、
あったほうが、
たぶん面白いだろうと。



一方で、
行動することで、
変わるのは私の認識の方かもしれないとも。

何かに一生懸命になると、
そのものに愛着がわくということがある。

結局、
目指しているのはそういうところなのかもしれない。

そういう認識の変化を、
職場の職員全体に広げられたら?
とか。



「夢を語る会」の第一回を開いてみて、
わかったことは、
一人じゃないんだな、
ということ。

会をはじめるまでは、
何人の人が集まってくれるか?というところが一番心配だったけど、
病院長のお墨付きもあったためか、
10人以上の人に集まっていただけた。

そのことがわかっただけでも、
よかったなと思う。



失敗したなと思うことは、
私がしゃべりすぎちゃって、
ほかの人のしゃべる機会をうばってしまったかなという点と、
会の進行が、
優しい医師のフォローを得ながら、なんとか進んだ、
という感じだった点。



まあ、
第一回で全て上手くいってもつまらないだろう、
と言い訳をしながら、
次回につなげたい。



「夢を語る会」で出た個人の夢は、
病院の食堂に張り出してあって、
夢を実元するためのアイデアなど、
誰でもそこに追加して書き込んで良いということにしてある。
画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
いいですねぇ。
確かに夢はたくさん人に話すと
現実になるって言いますよね。

私も前の病院でそんな会を開いた事があります。
夢ではなく
「10年後の私」というタイトルでしたが。
あのとき言った通り、
私は宿のオーナーになっています。
本当を言うと、
「宿をやる」って言いたいがために、
その会を開いたんですけどね(笑)。

夢は話すと叶うんです。
和みの風
2013/03/02 04:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
―――――――――――― グーグルによるこのブログ内の検索
田舎の小さな病院で、職場を良くする活動記録5 「夢を語る会」を開催してみた 看護師父さんの仕事と生活の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる