看護師父さんの仕事と生活の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 体にいちばん快適な家づくり 講談社プラスアルファ新書 岡本康男

<<   作成日時 : 2005/07/03 14:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

家を建てたいな、と思っているので、最近家の本をいくつか読んでいるけれど、
自分の家を建て始める前にこの本を読んでおけて非常によかったと思う。
快適な家作りの基本が学べた感じがした。
夏涼しく、冬暖かく、ハウスダストやアレルギーの心配のない、快適で安心な家。
この本に在る知識を知っているか知らないかは、そんな家が建てられるかどうかの分かれ目なんじゃないかと思う。

地震などに対する安全面からについては、本書ではふれられていないが、いつ来るかわからない地震に備えるよりも、快適な今日住環境にお金をかけたほうがいいような気がする。
地震が来たら、しかも、直撃されたら、あきらめたほうがいいのではないかと思っているので。
あしたにも地震がくるかもという感覚で毎日生きているのは、かなり辛いのではないだろうか。
こんなこといってるやつにかぎって、ほんとに地震が来たときに猛烈に後悔したりするのだろうけど。
まあ私なんかは、近い将来確実に後悔させられるでしょうから、許してやってください。

でも、この本に書いてあるような家に住んでいたら、人間が弱くなってしまわないだろうかとか思う。
冬はきちんと寒さにさらされ、夏は滴る汗にじっと耐える。
そんな中から、生きるたくましさみたいなものが生まれてくるような気がする。
冷暖房なんて無かった時代を生きた人が、現在の世界一長寿なお年寄りなのだし。
ホメオスタシスを保つ機能は、劣悪な環境でこそ発達するような気がする。(限度はあると思うが)
今後、非常に快適な環境でぬくぬくと生きた人が、
明治大正から昭和初期くらいに生まれた人のような、たくましさを手にいれられるかどうか?
疑問である。
そうはいっても、私がもし自分の家を建てることになったら、この本の知識を喜んで活用するだろうけど。


体にいちばん快適な家づくり―高断熱・高気密の常識のウソ
体にいちばん快適な家づくり (講談社+α新書)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
10年先を考える、20年先は予想もしない、30年先は分らない!
あなたのこの10年のライフスタイルは?昔から10年ひと昔と言います。10年の月日で中学生の少女は、母親に成っているかも知れません。電気設備に至っては、価格は1/10,性能は10倍に成っているでしょう。ですから一生に一度の家造りとして考えると後悔する事... ...続きを見る
住宅派マンション派貴方の住いは住宅?マン...
2007/03/18 10:55
x.恐怖の噂
この頃からバブル崩壊という言葉が何所でも聞こえ始め、色々な噂を耳にするように成りました。 ...続きを見る
建築バカ日誌
2007/03/18 13:01
また大きな災害が襲う
能登半島で大きな地震が起った! ...続きを見る
建築バカ日誌
2007/03/26 23:04
【改めて”快適な家”】
東京の快適な一人暮し 快適な家37 【改めて”快適な家”】 ...続きを見る
快適生活綴り
2011/02/08 18:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像 ―――――――――――― グーグルによるこのブログ内の検索
体にいちばん快適な家づくり 講談社プラスアルファ新書 岡本康男 看護師父さんの仕事と生活の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる