テーマ:医療

いのちの砂時計―終末期医療はいま 共同通信社社会部 (著)

勉強のために読みました。 感想の二回目です。 「明確なルール」というのは「画一的なルール」と同じ。でも終末期医療というのはひとくくりにして論じることはできないんです。呼吸器外しまではいいけど、水分補給の中止は認められないとか、画一的に決められると思いますか。やっぱりそれは医療現場で患者の状態をみながら判断するしかない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いのちの砂時計―終末期医療はいま 共同通信社社会部 (著)

勉強のために読んだ。 引用部分がやや長いです。 延命治療中止の実情について、共同通信社が全国の救命救急センターを対象に2006年11月から12月にかけて実施した調査では、回答した九十五施設(回答率四十八%)のうち十四%に当たる十三施設が「呼吸器の取り外しを経験したことがある」とした。取り外した際の判断根拠は複数回答で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待ち時間革命 前田 泉 まとめその3

この本のまとめ、その3。 待ち時間の感じ方に影響する要素 発熱している患者は、代謝が高まっており、心理時計が通常よりも進むという実験結果がある。実際の時間よりも心理時計が進んでいるので、実際には20分しか待っていないのに、30分~40分も待ったと感じてしまう。p126 医療現場はとても忙しくあただしい。待合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待ち時間革命  前田 泉 まとめその2

この本のまとめ、その2。 待つことの大切さについての部分。 創造性が発揮されるには、その領域での習熟が必要である。なにかに習熟する過程は、S字型の学習曲線に従い、はじめはなにも成果がでない時間がつづく。そしてある時点から急速に成果があがる。成果がなにも出ない時間は、学習をコツコツと継続させ、じっと待たなければなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待ち時間革命  前田 泉 まとめその1

この本のまとめ。 待ち時間についての調査より。 医療機関での待ち時間の長さは病院で平均59分、診療所で平均41分となっている。一時間以上待っている患者が、病院、診療所でそれぞれ約3割、約2割も存在している。p5 がまんできる待ち時間の長さは、通常の慢性疾患で診療所を受診するときには約30分、病院にかかるときには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマホ、タブレットが変える 新IT医療革命 Team 医療3.0

ソフトバンクの孫社長と、 9人の医師、看護師による対談集。 スマートフォンやタブレットなどの新しいデバイスと、ITを駆使して、 医療現場をどのように変革していくか、、 というようなことが書かれている。 以下に、 参考になった部分を抜粋。 日本の医療の現状について。 そして次に、日本の医師数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

痛い腰・ヒザ・肩は動いて治せ 島田永和

痛い腰・ヒザ・肩は動いて治せ (朝日新書)朝日新聞出版 島田 永和 Amazonアソシエイト by スポーツ医学にたずさわる、 整形外科の医師が書いた本。 過度の安静の弊害についてや、 動かしながらケガを治していくとはどういうことか、 周囲の筋肉を鍛えることで関節の痛みを和らげ、 ケガをしにくい身体を作るコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

診療報酬の改定について

2010年度の診療報酬改定の内容が12日決まった。 ↓ http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=20771 それから、 ↓ http://www.shinmai.co.jp/news/20100213/KT100212ETI090008000022.htm ということで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

豊橋でトリインフルエンザ

豊橋の養鶏場のうずらで、 トリインフルエンザに感染していたものが見つかったという件で、 私の勤める病院でも、 「トリインフルエンザの件について、患者さんからなにか問い合わせがあった場合は、うずらの卵は食べても大丈夫ですと説明してください。」 と、 栄養科からお知らせが回ってきた。 トリインフルエンザは、 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野村総合研究所が行った医療に関するアンケート調査によると、42.7%の人は「(社会保険料や税金の負担が増えることになっても、医療サービスを充実してほしい」と考えており、「医療の水準が低下しても負担が増えないようにしてほしい」の16.4%を大きく上回った。40.9%の人は「どちらともいえない、わからない」と回答した。 そうだ。 ↓ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国でのPA(フィジシャン・アシスタント)のことが書かれた記事

記事によると、 韓国においては、 ”医者がすべきことを代行しているPAは現在、国立大病院など全国の総合病院に500人ほどいる。” そうで、 ”PAとなるケースは、大学病院で看護師を務めた後になるのがほとんど。” ”法的には医療行為を行うことができないPAだが、最近その数は急速に増加している。” ということ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナースプラクティショナー(NP)とフィジシャンアシスタント(PA)

アメリカでは、 看護師がある程度の医療行為も行っている、 という話を聞いたことがあるが、 その実情が少しわかる記事があった。 ↓ フィジシャン・アシスタントって何? 米国の医療現場ではいまや不可欠の存在 (読むのには会員登録が必要だと思います。) まず記事の中で取り上げられている、 physician assi…
トラックバック:1
コメント:13

続きを読むread more

「病院の言葉をわかりやすくする提案」について  医療者患者間のコミュニケーションについて勉強になる

病院で使われている言葉を分かりやすく言い換えたり説明したりする 具体的な工夫についての提案が、 独立行政法人国立国語研究所よりなされている。 ↓ http://www.kokken.go.jp/byoin/ そこで行われた、 病院で使われる言葉の、 一般的な認知度と理解度に対する調査の結果。 ↓ http://w…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

欧州で看護師が担う医療業務 について

医師不足の背景に、医師に業務が集中して激務になっていることが挙げられる。欧州では、看護師が地域医療などで幅広い権限を認められ、医師と役割分担して診療を助けている。 ということ。 ↓ http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/renai/20081119-OYT8T00193.htm フランス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高血圧のガイドラインが改定されるそうだ

高血圧の治療方針のガイドラインというものがある。 高血圧は、 脳血管疾患の引き金になるので、 脳神経外科病棟に勤める私としては、 これは気になるニュースである。 改定の趣旨としては、 治療の対象とするかどうかで議論があった「血圧がやや高めの人」でも、肥満などの危険因子を持っていれば治療を開始したほうがよいことが、…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

iPhoneで遠隔医療

病院に入院していない心臓病の患者をiPhoneを使い医師が遠隔でチェックできるシステムが開発された。 そうだ。 ↓ http://www.portfolio.nl/article/show/2319 そういう時代になってきましたね。 心臓の動きと言うのは、不整脈がいつ発生するのかわからないから、 ずーっと観察…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

看護師の行動を記録する装置

国際電気通信基礎技術研究所(ATR、本社:京都府精華町)という会社が、 病院での看護師の位置や動作を計測して1日の業務履歴を自動記録する技術を開発したと発表した。 そうだ。 ↓ http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20081028/107923/ これは、 看護師は、位置を知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京で妊婦の死亡について

また、 こんどは東京で、 出産時に脳出血を起こした妊婦が、受け入れてもらえる病院がなくて、 死亡するという事件が起きた。 ↓ http://www.asahi.com/national/update/1022/TKY200810220044.html これは、 医療崩壊の現状を表す、 具体例の一つだろうと思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジアでの脳梗塞の増加と、私の職場における私の実感について

オーストリアのウィーン(Vienna)で24日に開幕した脳梗塞(こうそく)の予防と治療に関する国際会議で、「アジアでは生活様式の変化によって脳梗塞の発症が増加している」と警鐘が鳴らされた。 そうである。 ↓ http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2521119/33726…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外国人看護師について

ちょっと前に、 インドネシアから外国人看護師の第一弾がやってきました。 この制度については、 いろんな考え方や問題があるようですが、 ↓ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080818-00000000-jct-soci http://headlines.yahoo.co.jp/…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

「目で見る院内暴力対策」と、私の患者さんから受けた暴力の経験について

東京都病院協会はこのほど、冊子マニュアル『目で見る 院内暴力対策』を発行した。現在急激に問題化している患者の暴力や暴言にどう対処するか、現時点で考え得る対策を病院職員向けにわかりやすく解説したものだ。 ということ。↓ http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/hotnews/int/2008…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

福島・大野病院事件の判決について

福島地裁は8月20日、福島県立大野病院で帝王切開手術を受けた女性を失血死させたとして、業務上過失致死罪や医師法21条違反に問われていた産科医・加藤克彦被告に対し、無罪判決を言い渡した。 ということ。 記事↓ http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/report/t020/200808/5…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

医療現場における完全ペーパーレス化は可能か?

NPO法人・日本医療情報ネットワーク協会が主催する「JAMINA大阪セミナー」が8月8日、大阪大学中之島センターの佐治敬三ホールで開催された。同セミナーは、「医療現場における完全ペーパーレス化は可能か?」とのテーマで、鳥取大学 医学部附属病院医療情報部副部長の桑田成規氏、大阪市立大学 医学部附属病院 医療情報部の朴 勤植氏、津山中央病院…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

微量採血器具の全国調査の結果について

糖尿病患者の血糖を計るときに少量の採血をする道具を、使いまわしていた、 という事件で、 全国で使い回しがどのくらい行われていたか? という調査の結果を、 厚生労働省が発表した。 ↓ http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/08/h0807-2.html 結果は、都道府県別でになってい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ニューロタン、ブロプレス、オルメテック、ミカルディス、ディオバン、が認知症を予防する?

アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)と呼ばれる降圧薬の使用が、アルツハイマー病の発症率低下と進行遅延に関連しているとの研究結果が、米シカゴで開催された国際アルツハイマー病学会(ICAD)で報告された。 ということ。 記事↓ http://www.e-expo.net/world/2008/08/ii.html アンジオ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

看護・介護系大学で定員割れ 看護介護職は割に合わない、ということが認識され始めた?

私立大学、短期大学の定員割れが問題になって久しい。中でも、入学者の減少が目立つのは看護、福祉系統だ。日本私立学校振興・共済事業団の平成19年度入学定員充足率のデータによると、充足率の低下幅が平成18年度と比べ最も大きかったのが看護、福祉系統だ。 ということ。 記事↓ http://diamond.jp/series/brandne…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

点滴の作り置きについて

三重県伊賀市の診療所「谷本整形」で点滴を受けた患者が相次いで体調を崩して1人が死亡した問題で、同診療所が毎朝、午前中に使う点滴を10パック単位で作り置きしていたことが11日、同県の調べでわかった。 ということ。 記事↓ http://www.asahi.com/health/news/NGY200806110013.html …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

採血器具の使いまわし ほかに考えられる原因は「コスト」と「アルコール消毒信仰」?

採血器具の使いまわしに関するニュース。 全国各地で、続々と使いまわしが明らかになっている。 その記事をいくつか見ていたら、 考えさせられるものがあったので、 ちょっと考えておく。 一つ目。 記事↓ http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/wakayama/news/20080606…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

後期高齢者医療制度について

後期高齢者医療制度について、 賛否両論飛び交っていますが、 看護協会はおおむね支持するような声明を出していて、 ↓ http://www.nurse.or.jp/home/opinion/newsrelease/2008pdf/20080414.pdf なので、看護師の私としても、 支持ということで、 いいのでしょうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more