テーマ:健康

Tarzan 緊急ウイルス対策講義 免疫強化

この雑誌の特集記事より。 免疫力は小学生高学年でピークを迎えて、それが20代くらいまで維持されます。その後、40代後半から免疫力は落ち始め、免疫細胞を作っている骨髄の造血幹細胞の分裂能力は、50歳を超えると半減しますp10 年齢はどうしようもないので、 知っていても対処のしようがないかな。 私はまだ40代前半…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルス  年齢別致命率

この記事から参照。 ↓ COVID-19、年代別の致命率は~4万例超を分析|医師向け医療ニュースはケアネット 年齢層別の死亡数(致命率、死亡率[per 10 PD])は、9歳以下はなし、10~19歳が1例(0.2%、0.002)、20~29歳が7例(0.2%、0.001)、30~39歳が18例(0.2%、0.002)、40~4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MONOQLO(モノクロ) 2019年 03月号 育毛のウソ・ホント50の真実

”MONOQLO(モノクロ) 2019年 03月号 育毛のウソ・ホント50の真実”より よくまとまっている特集だなと思ったので、 自分のための覚書。 前半は、AGA(男性型脱毛症)と、その治療薬について。 後半は、髪を守るための一般的な知識。 ・薄毛には、AGA(男性型脱毛症)・加齢・病気の三つのタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯はみがいてはいけない 森 昭 感想三回目

この本より。 三回目。 本書後半は、 歯や口と健康についての話が主です。 舌の動きと健康 歯科臨床の場で感じていることなのですが、元気な高齢者は舌がしっかり動きます。寝たきり高齢者は舌がほとんど動きません。寝たきり高齢者に口腔ケアを行い、舌の筋肉をほぐすと、舌がよく動くようになって自分で食事をとる意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯はみがいてはいけない 森 昭 感想二回目

この本より。 二回目。 「はじめに」で、もっとも大切な、正しい歯の磨き方について書かれていて、 本編では、 歯周病がどのように全身に影響を与え、それを防ぐにはどうしたらよいかが、 さらに詳しく書かれている。 以下。 口の中には約100億もの細菌がいるといいます。肛門にいる菌の数より多く、清掃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯はみがいてはいけない 森 昭

食事の後にすぐ歯を磨かないほうが良いということは聞いたことがありました。 この本を読んで、歯磨き粉は使わずに、寝る前と起きたときに歯を磨くことにしました。 本書の要点と、食後に歯をみがいてはいけない理由は、 「はじめに」の中にほとんど書かれています。 以下。 「日本式の一日3回歯みがき」が、歯や歯ぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サラダ油をやめれば認知症にならない 山嶋 哲盛 (著)

摂取してよい油とそうでない油について書かれた本。 参考になる部分もあるけど、 本当だろうかと思える部分もあった。 著者は、 サラダ油の怖さを強調して啓蒙したいのだろうけど、 イメージに訴えかけて恐怖をあおる感じの記述は、 あまり好きではない。 本書を参考にして実際に実行に移せることは、 できるだけ質の良い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一万歩はやめなさい! 青柳幸利

一万歩は多すぎるので8000歩にしなさい、 ということが本書の要点。 そのかわり、 8000歩のうち20分間を、中強度の運動にしなさい、 ということ。 本書より参考になった部分。 私が提案する健康法は「一日平均8000歩・20分」が軸になります。p5 この「8000歩・20分」の「20分」は、800…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自律神経を整える 「あきらめる」健康法 小林弘幸

「あきらめる」、 という部分は本書の一部分。 他には、 自律神経のバランス大切さ、 副交感神経を刺激する方法について書かれている。 本書より参考になったところ。 自律神経の大切さについて。 体格によって多少の差はありますが、成人の血管はすべてつなぐと、その長さは何と約10万キロメートルに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腸に悪い14の習慣  松生 恒夫

腸は大切だなと思って。 本書の内容から。 腸に悪い10の食べ方として挙げられているのは、 以下の10。 1、一日一食 2、朝食を抜いたりドリンクだけで簡単にすませること 3、糖質オフダイエット 4、赤身の肉をよく食べること 5、マクロビオティクス 6、水分をあまり飲まない 7、味噌汁、漬物をたまに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tarzan「腸と代謝にまつわる7つの真実」

この雑誌からの続き。 p36~p39 「腸と代謝にまつわる7つの真実」より デブと痩せでは腸内細菌の種類が違う 腸内フローラを構成する主な菌 ・ファーミキューテス ・バクテロイデス ・アクチノバクテリア ・プロテオバクテリア 太っている人の腸内にはファーミキューテス、痩せている人の腸内にはバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1食20gから始める タンパク質マニュアル Tarzan (ターザン) 2017年 9月28日号

Tarzan (ターザン) 2017年 9月28日号 「1食20gから始める タンパク質マニュアル」より。 タンパク質に関する知識のまとめ 身体活動レベルが「ふつう」の人は、一日60g、一食あたり20gタンパク質を摂取する必要がある。 運動やスポーツをする場合は、体重1kgあたり1.2g~2gのタンパク質…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人は血管から老化する 池谷 敏郎 その3

この本の感想3回目。 ・血管の老化を防ぐには「EPA÷アラキドン酸=1」が理想的 ・オメガ3系脂肪酸は体内でEPAに変わり、オメガ6系脂肪酸はアラキドン酸に変わる ・オメガ6系脂肪酸はいたるところに使われているため、ふつうに生活しているだけで、「EPA÷アラキドン酸」比は低くなりがち ・だから、アマニ油など、オメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人は血管から老化する 池谷 敏郎 その2

この本の感想二回目。 参考になったと思うところ。 血管のアンチエイジングは、始めればすぐに効果が表れます。血管に悪い生活習慣を改めれば、すぐに若返っていくのです。p83 今からでも遅くはない、 ということだろう。 年齢はいくつでもいいといわれると、 やる気は出やすいかな。 若いころから甘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人は血管から老化する 池谷 敏郎

この本より。 血管の老化を防ぐには、 規則多々しい生活とか、 野菜や魚を多くとるとか、 運動をするとか、 特別なことが書かれているわけではないです。 本書より参考になったと思うところ。 「これさえ食べておけば、体に悪い生活習慣もすべて帳消しにしてくれる」なんていう魔法の食べ物は、残念ながら地球には存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベアフット系のランニングシューズを試してみた

買ったのはこれです。 なんかの偽物? って思えるような安物ですが。 試して失敗しても、まあ許せる値段かなと。 安物外の銭失いとも言いますが。 まあ、ベアフットのシューズというのは、 ソールのクッション性をなくして靴による足のサポートを減らし、自分自身の筋肉やバネを使って走る、 ということを目指したシューズだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒザ・腰・肩の痛みは自分で消せる! 体がラクになる簡単エクササイズ 中野 ジェームズ 修一

腰の次は、肩や首の周り。 余談ですが、 正月に箱根駅伝を見ていて、 二連覇した青学を指導した監督やコーチってすごいなぁ、と思って少し調べてみたら、 この本の著者の中野ジェームス修一という人は、 青学のフィジカルトレーナーをやっている人だということがわかりました。 この人の本を読んで、 しっかり勉強したほうがよさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒザ・腰・肩の痛みは自分で消せる! 体がラクになる簡単エクササイズ 「腰」 中野 ジェームズ 修一

ヒザの次は、腰。 看護師は腰痛の人が多いなと思う。 幸い私は、ひどい腰痛に悩まされたことはまだない。 気をつけたいなと思う。 以下、参考になったと思うところの抜粋。 腰痛に悩んでいる方は多いのですが、腰痛のほとんどは原因がはっきりしないといわれています。福島県立医科大学の研究では、腰痛をうったえ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

ヒザ・腰・肩の痛みは自分で消せる!体がラクになる簡単エクササイズ 「ヒザ」 中野 ジェームズ 修一

この著者の本は、 わかりやすくてすぐに参考にできるエクササイズが載っていると思う。 ヒザの痛みに関する部分より。 筋肉はトレーニングをすると強く太くすることができますが、いくらトレーニングをしても関節そのものを強化することはできません。仮に体重60kgの人が太って90kgになっても、ヒザ関節のサイズも強度も以前と変…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

腰・肩・ひざは「ねじって」治す - 魔法のリセット・トレーニング 山内英雄 (著) 島 泰三 (著

節々の動きが悪くなってくる年代なので読んでみた。 基本的に、体の動きが悪くなるのは、 動かさないせいなのだと思う。 本書に書かれていたリセットトレーニングというのは、 簡単な体操みたいなものだったので、 普段からやれそうだなと思った。 簡単なのでやってみようと思ったリセットトレーニングをいくつか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

100歳の金言  日野原 重明

100歳をすぎても現役というのがすごい。 そんな日野原先生も低炭水化物食であることが、 本書を読んでわかった。 いわく、 食事の内容は、朝は、オリーブオイルを大さじ一杯(15cc)入れた果物ジュースと、牛乳に大豆レシチンを茶さじ3杯入れたものを飲みます。昼は、牛乳(180cc)とクッキー2枚。夜は、カロリーが少な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超健康に長生きできる「足もみ」力 田辺智美

内容を全面的に信じているわけではないですけど。 まず自分の体で試してみて、 調子が良ければ続けたらいいと思います。 基本的には、このような図 ↓ http://utunomiy.exblog.jp/iv/detail/index.asp?s=17219928&i=201301/27/84/a0221584_1455…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症にさせられる! 浜六郎

Kindleで読みました。 ガスターもせん妄に注意が必要な薬だということをはじめてしりました。 以下、参考になったと思うところ。 認知症とせん妄の違い。 症状をみる限り、認知症とせん妄の違いはほとんどないのは前述のとおりです。認知症が、多少の変動は(日内の変動も含めて)あるものの、年単位で、きわめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運動前のストレッチはやめなさい 体を痛めず硬さをほぐす効果倍増メソッド 中野 ジェームズ 修一

運動前にストレッチはしていないけど、 普段どのようにストレッチをしたらいいのかなと思って、 読んでみた。 看護師は体が資本の仕事だし、 体のメンテナンスにも十分注意しないといけない年齢なので。 Kindleで読んだので、 引用箇所はlocatiionとう数字で表されています。 適度な緊張を感じつつも…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

なまけ者でも無理なく続く77の健康習慣 米井嘉一

こういう本は、 中に一つか二つくらい参考になるアイデアがあるとしたら、 そのくらいでもいいのかなと思う。 私が参考にしようかなと思ったところ。 なるべく体が温まるようなシャワーの浴び方にしてしてください。ポイントは、首の後ろに3分以上お湯をかけて、重点的に温めることです。p83 首の後ろを温めると、不思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老けたくないなら「AGE」を減らしなさい カラダが糖化しない賢い生活術 牧田 善二

「AGE」を多く含んだ食品を避ける、 ということよりも、 糖質を摂りすぎないようにしよう、 ということが書かれている本だと思う。 糖質を摂り過ぎないように! と大々的に書くことは、 日本の主食である「米」の消費が減ってしまう可能性があるので、 いろいろな団体に気を使って避けたのではないかな。 以下に、 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

背筋は伸ばすな 山下 久明

今までの常識は間違っていた! というような感じの本は好きだ。 常識が覆される感覚には、 ロックが感じられるから。 ところで私は看護師なのだが、 看護師になる前からとても猫背で、 姿勢は決して良いほうではない。 そして最近、 腰が痛くなり始めた。 そんなわけで、 姿勢の改善と、腰痛の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リンク 健康

医者の不養生と言うが、 看護師の私もお菓子と寝不足(仕事で体をすごく使うのでたぶん運動不足はない)でかなりの不養生をしていると思う。 なので健康にまつわるサイトを集めてみた。 でも、すぐには見ないだろうな。 健康の大切さは、失ったときにはじめてわかるものなのだ 健康ネットヘルスウォッチング21 質問に答えてゆくと、自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more