テーマ:健康になりたい

薬剤師は薬を飲まない 宇多川 久美子

わたしは看護師ですが、 薬はあまり飲みたくないです。 この本に書かれていることを短くまとめると、 血圧を下げる薬には、血圧を下げるという効果はあるけど、 それによって血圧を上げる原因となっているものが取り除かれたわけではない。 問題の原因についてもっとよく考えずに、 薬で血圧だけを下げているのは、 体にとっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病気になる人、ならない人 その見逃せない法則  土橋重隆 ソフトバンク新書

本書のポイントになると思う文章をひとつ書き出すと、 「病気にならない予防方があるとしたら、考え方を変えることです。自分のルールだけが正しいのだと思わず、他人のルールも認める「余裕」をもち、物事にあまりこだわらないようにしたほうがいいでしょう。」 と。 健康を気にしすぎたりすると、病気になるようだ。 投げやりな「いい加減」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食品の裏側 安部司 東洋経済

食品添加物の元トップセールスマンが、食品製造の裏舞台を暴露する、 という形で書かれた本。 自分の子供が、自分が商品開発にかかわった添加物満載の食品を喜んで食べていたことを知った次の日に、勤めていた食品添加物の会社を辞めたという著者。 しかし、 添加物の危険性が恐ろしげに語れている、 という内容でははなくて、 食品製造…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

スポーツ医師が教えるヒザ寿命の延ばし方 小山郁 アスキー新書

ウォーキングもいいけれど、 ひざを痛めないようにしましょう、 ということがかかれた本。 ヒザの軟骨は磨り減ったらほとんど再生しないので、 ヒザには誰しも耐用年数があるのだということ。 その耐用年数を延ばすには、 正しい歩き方とか、O脚や肥満にならないことだとか、ヒザの周囲の筋肉を鍛えておくことなどが大切だということ。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

若返りウォーキング 脳と体が10歳若くなる歩き方があった 小林寛道 宝島新書

ウォーキングはお手軽なスポーツとして人気のようだが、 「歩く」ということはほんとに大切なことだと思う。 私は看護師なのだが、看護師として働いていると、麻痺や筋力の低下で歩けなくなった人と接することが多々あって、 そういう人が少しでも歩けるようになると、そっからの回復が早いなぁ、としばしば感じる。 やや意識の悪い人でも、少…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あなたの知らない糖尿病の話 真山 亨  PHP新書

本書とは直接関係ないけど、 「あなたの知らない世界」 って、まだ夏のお昼どきにテレビでやってるのだろうか? それで、 「あなたの知らない糖尿病の話」と「あなたの知らない世界」の共通点は、 恐ろしい、 ということだと思う。 私は一応看護師で、父も糖尿病だったので、糖尿病についてある程度の知識はもっていて、 糖尿病は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

便秘と大腸がんは関係ない、そうだ

便秘と大腸がんは、関係ないことが、厚生労働省の調査でわかったのだそうだ。 新聞記事↓ http://www.nikkei.co.jp/news/main/20061220AT1G2000R20122006.html 大規模な疫学的調査の調査結果が、最近いろいろと公表されて、 従来は常識のように言われたことが覆されたりしている…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

がんになる人ならない人 ブルーバックス 津金昌一郎

がんになる人 ならない人 私が癌の本をよく読むのは、自分も癌になるような気がするからだ。 まあ、癌という病気は、 不慮の事故などで突然死ぬよりは良い死に方だと思う。 私の父が胃癌で死んだときも、悲しいことは悲しかったが、最期の言葉をいろいろと聞くことが出来て、 それらは私の中にとても大切なものとして残っていて、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大豆で内臓脂肪が減る

京都大学の教授らが、大豆のたんぱく質に生活習慣病を悪化させる内臓脂肪を減らす効果があることを突き止めた。 と、新聞に出ていた。 ページ↓ http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060909AT2G0300809092006.html 大豆はいいことばかりだなぁと思う。 で…
トラックバック:6
コメント:2

続きを読むread more

やっぱりピロリ菌はやばいよね ピロリ菌感染で胃がんの危険性5倍だそうだ。

胃炎や胃かいようを起こす細菌「ヘリコバクター・ピロリ菌」に感染していると、胃がんになる危険性が5倍以上に高まるという調査結果を、厚生労働省の研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)が4日まとめた。 ということ。 やっぱりピロリ菌はやばいと思う。 私の父も胃がんで死んだが、胃がんを発症した人の94パーセン…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

風から癌までつらい病気のやさしい話 文春新書 山田春木

本書の前書きには、 「どの話も病気の本質にかかわる内容で、その切り口は50年先になっても色あせることはないでしょう。前書とともに、いつまでも手元に置いてください。」 それから、 「本書はどこから読み始めても楽しんでいただけると思います。」 と、書かれていた。 ずいぶん自信家の著者だなと、読む前に思った。 本書にちりばめら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭の皮脂はほんとに悪者なのか?

今日の日経新聞の日曜版に、頭皮の健康についての記事が載っていた。 頭皮にや髪の毛のことについては、最近やや気になるのだが、 なんか間違った情報というか、企業に操られた情報がたくさん出ているような気がしてならない。 頭は皮脂腺の数が体の中でも一番多い部分であって、よく洗わなければならない、 というようなことが言われている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市販の薬について調べられるサイト

薬局とかで売っている市販薬について調べられるサイト。 上手なセルフメディケーション 症状から薬局で売っている薬が調べられるので、 ちょっと具合が悪くなったけど医者にかかるほどではない、 もしくは、医者にかかっているような暇が無い、というときに便利だと思う。 効能や用法も各薬について詳しいし。 でもまあ、薬局には必ず薬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食べ物とがん予防 健康情報をど読むか 文春新書 坪野吉孝

面白かった。 健康情報の読み方についてもそうだが、科学的なものの見方についての勉強になる本だと思った。 後半部分は、著者が厳選した健康に関連した論文が紹介されており、それらも面白かった。 お茶には、実は胃がんの予防効果が無い、とか、 食物繊維が大腸がんの予防にならない、とか、 ベータ・カロチンにはガンの予防効果が無…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

食の情報収集に役立つサイトを見てみた

週刊ダイヤモンドという経済のことが書いてあるちょっと固めの雑誌が、今週は食に関するテーマでまとめられていたので、いつもは買わないのだけどめずらしく買って読んだ。 雑誌の記事の内容のほうは、しごくまっとうな話が書かれていて、信頼できる話だとは思ったが、それほど面白みは無かった。 日本人の食への関心の方向性はゆがんでいる、と、言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無料で健康相談が出来るサイト

医者がボランティアで健康相談をしてくれるサイトというものが、結構あるようである。 そのひとつが、インターネット医科大学。 すでに病院にいっているならばかかっている医師に直接相談したら良いのだろうが、 病院にはいっていないが気になっていることがあれば、このようなサイトを利用するのも良いのかもしれない。 診療科ごとの専門…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠隔検診で健康診断

今は、病院にいかなくてもいろんな病気の検査が出来る時代で、 例えば日本メディカル総研の遠隔検診ならば、 癌とか生活習慣病とかがお手軽に検査できるそうだ。 私はこのようなシステムを使ったことは無いけれど、 病院嫌いの父にもう少し早くこのようなものを試していたら、ガンが手遅れになる前に発見できたかな、とか、思ったりする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未病

「未病」というのは、病気のような病気で無いような中途半端な状態のこと。 検査データでは異常が指摘されるが自覚症状がない、 もしくはその逆で、 自覚症状はあるが検査データは異常が無い状態。 もう少し詳しくは下記。 日本未病システム学会 最近話題のメタボリックシンドロームと言うやつも、未病と言えば言えるのかもしれない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リピトールの副作用で4人死亡だそうだ

私は看護師だけど、このタイトルにあるリピトールという薬を飲んでいる人には結構あう。 リピトールは高脂血症の治療薬なのだが、国内の年間用者は210万人なのだそうだ。 それで、3年間で4人が死亡。 つまり、単純に計算すると、副作用で死亡する率は、4÷6300000、である。 これは、多いのか?少ないのか? 死ぬんだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DHCのアセロラドリンクに発ガン物質

DHCから出ているアセロラベラというドリンクから、WHOが定める基準の7倍の量にあたる発ガン性物質のベンゼンを検出した、と、厚生労働省が7月28日に発表したそうだ。 健康飲料に発ガン物質が入っていると言うのもひどい話だと思う。 これは故意に入れたわけではなくて、 飲料にもともと入っていた、安息香酸とアスコルビン酸が反応して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境省熱中症予防サイトをみた 名古屋地区暑さ指数9時現在29.1

熱中症予防サイトというのが7月25日の新聞で紹介されていたので見てみた。 ↓ 環境省熱中症予防情報サイト そこでは、暑さ指数という熱中症の危険度の指標みたいなものがわかるようになっていて、 東京とか名古屋のような大都市の暑さ指数の速報も表示されるようになっている。 そのほかには、熱中症の患者数などもわかる。 ちなみに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

喘息をすごろく形式で学べるサイト

日経新聞の火曜日の健康・医療のコーナーは勉強になる。 毎週いろいろな疾患や症状についてわかりやすく説明されている。 そのページでは、健康情報に関するサイトも毎週ひとつ取り上げられていて、今週は喘息のサイトが紹介されていた。↓ 喘息歳時記 大塚製薬のサイトで、喘息のにわかりやすくまとめられていて、 すごろくゲーム形式で楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランス脂肪酸取りすぎに注意!だそうだ

揚げ物に使われる調理油やマーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸というものが、 心臓病のリスクを高める食材として問題になっているそうだ。 ということは、私の大好きなポテトチップスもダメ、ということになる。 さらに詳しい情報は、 日本生協連 トランス脂肪酸に関するQ&A トランス脂肪酸に関する政府の見解 食品安全…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

生活習慣病クリニックⅡ 中公新書ラクレ 帝京大学医学部付属病院編

働き盛りの人に起こりやすい症状について的を絞った、新書版の家庭の医学のような本。 内容的には、常識的な医学知識をわかりやすく説明した、当たり障りの無い本だと思う。 取り上げられている病気は、不整脈、うつ病、C型肝炎、花粉症、インフルエンザ、椎間板ヘルニア、など。 これらの病気を生活習慣病という分類でくくるのが正しいのかどう…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

腰痛スッキリ! 角川ONEテーマ21 みのもんた 福井康之

腰部脊柱管狭窄症で今年の正月くらいに手術をしたみのもんた氏のプチ闘病記と、 腰痛の起こる原因疾患や予防法についてみの氏の主治医が答える構成の本。 全体としては、よくまとまっていて読みやすいと思う。 一日4時間くらいしか寝ないで仕事をして、なおかつこんな本まで出してくるみのもんた氏には、改めて驚かせされる。 私は今のと…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

女性が気になる症状についてまとめられたサイト ユベラネット

新聞で出てたので見てみたサイト。 ユベラネット 「ユベラ」って確か、エーザイが出している薬であったな、と思ったら、ユベラネットを作っているのもやっぱりエーザイだった。 それで、ユベラ、とは単に薬の名前というわけではなくて、 Juvela(ユベラ)とは、ラテン語で“juvenis(若い)”をもとにした言葉、ということもサイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生体リズム健康法 文春新書 田村康二

「思いっきりテレビ」にたまに出るらしい人の本。 タイトルは生体リズム健康法、なのだが、 本の内容はほとんど、朝食を食べなさいとかの、一般的な健康法について。 それほど画期的な内容ではない。 自分のリズムを知ることは大切だと思うけど。 思いっきりテレビに代表されるような健康番組の情報は、 そういうこともある、 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

病気は自分で見つけて自分で治す! KKベストセラーズ 石原結實

この本の著者は私の中では、 体を冷やすな! っていうことを、いつも言っているお医者さん、ということになっている。 この本にも、体を冷やしちゃいけない、っていうことが何度も書かれている。 著者説明することには、 そんなめちゃくちゃな!? と、思えるような部分もあるが、 体を冷やしちゃいけない、ということは私も信じている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康長寿情報サイト 

厚生労働省の外郭団体「長寿科学振興財団」が、高齢者の健康、医療、介護、に役立つ情報を掲載したサイト、 健康長寿ネット が公開されたと新聞に載っていたので見てみた。 サイトは、長寿、医療、介護、と三つのテーマに分けてあって、それぞにれにいろんな項目が挙げられて説明がなされている。 たとえば、長寿、と言う項目をたどっていって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

口の細胞でシワ除去 名大の技術でベンチャー

名古屋大学の教授が、 患者の口の中から取り出した細胞を培養して増やして、それを患者の皮膚のシワのあるところに戻してシワをなくす、 という技術を開発して、商売としてそれを全国展開してゆくことにしたのだそうだ。 6月23日の日経新聞の15面に載っていた。 バイオテクノロジーを駆使した抗加技術が、実験段階を過ぎて、どんどんと現実の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more