テーマ:洋楽

お父さんとロックについて レディオ・ヘッド「ザ・キング・オブ・リムス」ストロークス 「アングルズ」 

近所のお父さん友達が、 貸してくれた。 ザ・キング・オブ・リムスホステス 2011-04-06 レディオヘッド Amazonアソシエイト by アングルズSMJ 2011-04-06 ザ・ストロークス Amazonアソシエイト by これでも聴いて、 日ごろのお父さん疲れを癒せと。 この「近所…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ベック  モダン・ギルト

今年になって初めて買ったCDです。 ベックのモダン・ギルト Modern GuiltIliad / Hostess 2008-07-08 Beck ユーザレビュー:予想外にグッドアート ...引き算ではない。圧縮 ...驚き!凄い!いい!ベ ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 邦版は、 輸入版の倍く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

価格はあなたしだい レディオ・ヘッドの新作IN RAINBOWS

レディオ・ヘッドの新作が出ていたのを知らなかった。 ダウンロード販売だそうだ。 下記サイトから買える。 ↓ http://www.inrainbows.com/ それでそのアルバムの値段は、 買う人が決められるのだそうだ。 なんとアルバムの値段を0円に設定すると、 クレジットカードの手数料だけで購入できる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ホワイト・ストライプス the white stripes

ホワイト・ストライプスの新作が出るようですので、 過去の曲などをYOUTUBEでお楽しみを。 新作から一曲。 Icky Thump ギター!! 以下過去の作品より。 seven nation army The Hardest Button To Button Fell In Love With A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マルーン5 maroon 5

マルーン5の新作が出たね。 ファーストアルバムは、全世界で1000万枚、 日本でも、60万枚も売れたそうな。 セカンドは、ちょっと聞いただけだけど、 ファーストよりも軽薄? というか、よりファンキーさを取り入れた感じだと思った。 とりあえず、 ほとんどが映像は写真のみだけど、 アルバム全曲。 I N…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイジ復活ライブにおけるザック・デラ・ロチャのスピーチと、ザック映像集

レイジの復活ライブにおけるザックのスピーチなる映像があったので、 もう一つ記事を書いておく。 その映像↓ Zack de la Rocha's speech at Coachella 07 レイジ解散後ザックは何をやっていたのか? 復活にあたりザックは何を考えているのか? そのへんが大変気になるところだが、 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン復活 コーチュラライブ映像 

レイジが再結成されて、 ライブを行なったって。 その模様が、画質は悪いながらもYouTubeで観れてしまうのは、ほんとにありがたい。 Rage Against The Machine Coachella 2007  で検索したら結構出てくる。 それは、多くの人が、レイジの復活を待ち望んでいた証拠だと思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マムラ mumm-ra

UKの新人バンド。 デビューまえなのに、昨年のフジ・ロックにもでていたそう。 Out Of The Question What Would Steve Do? She's Got You High さわやかな感じであるが、 それだけではないのだろう。 線が細そうだけど、 それもまたイギリスっぽ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビョーク BJORK

女性ロックボーカルの世界水準。 いや、 ロックという範疇なんて軽く超えているだろう。 楽曲を始めとして、映像、服装、メイク、 どれも、 飛びぬけた個性。 彼女の前では、並みの表現欲求はあっさり萎縮してしまうだろうね。 存在そのものが非常にロック的だと思う。 新作ヴォルタより。 Earth…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リンキン・パーク Linkin Park

リンキン・パーク。 あまり人気のあるバンドは、 私的にはちょっと手を引く。 しかしまあ、曲はいいのだな。 そりゃ、 あれだけ売れるのだから、 当然か。 新譜より。 What I've Done Given Up Leave Out All The Rest 過去の作品…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンディ・トム Sandi Thom

売れているようなのでピックアップした。 いい声だ。 ジェームス・ブラントから始まる男性シンガーソングライターブームみたいなものがあった気がするけど、 次は女性かな。 I Wish I Was A Punk Rocker Lonely Girl What If I'm Right Crazy カバー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダフト・パンク Daft Punk

ダフト・パンク、結構好き。 聞くと、気持ちが楽になるね。 映像表現も多彩に行なわれているため、動画が豊富。 へんてこなセンス。 Around the world Technologic この辺からのは、松本 零士氏とのコラボレーションの作品。 One more time Digital l…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナイン・インチ・ネイルズ NINE INCH NAILS

ナイン・インチ・ネイルズの新作が出た。 タイトルはYear Zero。 そのアルバムからのファーストシングル。 Survivalism ナイン・インチ・ネイルズは大学のころよく聞いた。 March Of The Pigs とか。 Hurt とか。 Closer とか。 でも、いまはあまり聞かない。 聞く…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ザ・トリューズ The Trews

カナダのバンドだそう。 ザ・トリューズ。 カナダのバンドには、 アメリカに近いんだけど、アメリカじゃない、 とい感じが、あるように思う。 リンクしたYouTube映像の一曲目の始まりの部分、 特にカッコいいです。 Hollis and Morris You're So Sober Poor Old…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アール・グレイハウンド earl greyhound

こりゃ、 カッコいい。 レッド・ツェッペリンを想起。 S.O.SSoft Targets It's Over ドラマーの腹と、ベースの頭に注目です。 Yeah I Love You ベースの人が歌ってます。 日本版4月11日 Soft TargetsSoft Targets (Dig)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノイゼッツ NOISETTES

黒人女性ボーカルのバンド。 女性ボーカルの曲はあまり好きではないのだが、 このバンド全体の発しているテンションは結構凄いと思った。 Don't Give Up Sister Rosetta IWE 4月11日発売 What's the Time Mr. WolfWhat's the Time …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴォイスト VOICST

オランダのバンドだそう。 このPVがなかなか面白かった↓ Dazzled Kids Whatever You Want From Life Detail 2003 音はそこまで凄くはないかな。 ポップではある。 5月2日予定 ホワットエヴァー・ユー・ウォント・フロム・ライフ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バトルズ Battles

バトルズ。 最近まで知らなくてすみません。 ロックに新しさという刺激をもとめるならば、 聞かないといけないと思います。 4月25日発売予定のアルバムの先行シングル。 Atlas を、まず聞いてみてください。 なんか、異常にかっこいいことになっているようです。 後は、2004年に発売されたEPより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユア・コードネイム・イズ:マイロ YOURCODENAMEIS:MILO

ユア・コードネイム・イズ:マイロ。 セカンドアルバムは4月18日発売。 イギリスのバンドだけど、 思いのほかかっこよかったので、映像をたくさんのせてみた。 以下、どうぞ。 all roads to fault Understand 17 17(PVヴァージョン) Wait A Minu…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・カラー The Colour

USの新人バンド。 しかし新人らしからぬ音。 なんか、 ロックがもっともロックらしかったころの事を彷彿とさせると思う。 そのころ私はまだ生まれていなかったけど。 Devil's Got a Holda Me Our Children Were the Stars Kill The Light…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アークティック・モンキーズ Arctic monkeys

アークティック・モンキーズの新譜も4月11日発売。 この先行シングル曲を聴いたら、期待度はさらに上がると思う。 Brianstorm あとは、新譜の曲をライブ映像から集めてみた。 音は悪いですが、曲調はなんとかわかると思います。 Teddy Picker D is for Dangerous …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マキシモ・パーク Maximo Park

マキシモ・パークのセカンドは4月11日発売予定。 ポスト・パンク・リバイバルの流れの次は、どんなものになるのか? 興味がわく。 新譜より三曲。 Our Velocity Girls Who Play Guitars Books from Boxes Our Earthly PleasuresO…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

カイザー・チーフス KAISER CHIEFS

カイザー・チーフス。 すごいツボ、 というわけではないが、 イギリスっぽいバンドだなと思う。 うるさくなりすぎないギターの響きと、みんなで歌えるポップな曲。 あと、容姿にも、 イギリスを感じる。 Ruby I Predict A Riot Shockwaves アングリー・モブ~怒れる群集ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョン・バトラー・トリオ John Butler Trio

ジャック・ジョンソンとか、サーフ系と呼ばれる音も時々聞く。 ギターは轟音を鳴らすだけの楽器じゃないのだな。 ジョン・バトラー・トリオの曲は、 ジャック・ジョンソンよりももっとロックな感じがする。 ジャック・ジョンソンよりも泥臭い感じがする、 という意味で。 Ocean zebra Funky To…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ブラック・キーズ Black Keys

ガレージロックというものの汚れた感じがなんですきなのかというと、 人間、そんなに綺麗なもんじゃないよ、 と、 語りかけてくれる気がするからだと思う。 不完全でも、いいよ、 と。 むしろそれが、真実だよ、 と。 きれいごと、に対する、 違和感。 偽善的なものに対する、 反逆。 そんな感じかな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディアハンター deerhunter

ヤー・ヤー・ヤー・ヤー・ズやライアーズのライブの前座とかをやっているそうなので、 ちょっと注目しておきたい。 ディアハンター。 歪んでいる。 こういうギター音が雑音に聞こえる人と心地よく感じられる人の脳のつくりの差は、 どのようになっているのか? 私は後者だが、 私の赤ちゃんはどちらになるのだろうか? あまん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・ハイツ the heights

ザ・ハイツ。 もっとも聞いてほしいのは、ボーカルの声! ロック! 演奏については、こういうのを、 ソリッド、 というのだろうな。 多分。 ソリッド、 という言葉の意味はよくわからないが。 このバンド、 いいですよ。 Jamaica Beer Eyes Long Way Home Fo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラリキン・ラブ Larrikin love

ラリキン・ラブ。 ミステリー・ジェッツにちょっと似ている。 雑多な感じの曲で、なおかつポップ。 いろんな要素がとび出してきて、面白い。 ボーカルがへんな髪型。 Happy As Annie Six Queens Edwould Downing Street Kindling …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パオロ・ヌティーニ Paolo Nutini

男性シンガー・ソング・ライター。 パオロ・ヌティーニ。 スコットランド出身19歳。 ヨーロッパではアルバム売り上げが100万枚を超えているそう。 あんまりロックは感じないけど、 ちょっと汚れた感じのロックばかり聞いていると、ちょっと綺麗なものにも触れたくなる。 YouTubeで聞くだけだけど。 Rewind…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more