スマホを変えました

スマホと変えようと考えて、
Xiaomi Redmi Note9Sと、


モトローラ Moto G8と、


OPPO A5 2020で、


検討していましたが、
結局、
Moto G8 Powerにしました。


バッテリー容量が多いのと、
楽天のポイントがたくさんたまっていたのでそれを使って、
Moto G8よりももう少しいいやつにしてみました。

Motoにしたのは、
XiaomiとOPPOは、OSが独自のものが入っているので、
あまり余計なものはないほうがいいかなと考えたせいです。

CPUの性能なら、
Xiaomi Redmi 9sのほうがよいのでしょうけど。



Moto G8 からMoto G8 Powerにしたもう一つの理由としては、
最近お出かけの機会がへって車に全然乗らないので、
普通車から中古の軽自動車に変えようということも計画していまして、
遠出もほとんどしないだろうから、
車にカーナビとかの装備もつけないつもりなので、
その分も頑張ってくれそうなスマホにしたのです。

で、届いて箱を開けたところ。
_20200801_124754.JPG

取り出して、
_20200801_124822.JPG

箱を開け、
_20200801_124851.JPG

画面のカバーをはがし、
_20200801_124909.JPG

中身を取り出して。
_20200801_124944.JPG

新しい電子機器を買ってまず最初にワクワクするところ。

「開封の儀」ですね。


これに、SIMを入れるのですけど、
これまではBiglobeのSIMを使っていましたが、
それがmicroSIMだったので、nanoSIMへの変更が必要になりまして、
少し手間がかかります。

ネットでnanoSIMへの変更手続きをして、
送られてきたnanoSIM。
_20200801_124729.JPG

中身を取り出し、
_20200801_125714.JPG

_20200801_125740.JPG

このピンで
_20200801_125828.JPG

SIMを入れるところを開けて、
_20200801_125856.JPG

SIMを入れ末端を起動して、
各種設定とAPN設定をします。

ここまででなんかつながった感じはするのですが、
さらにもうひと手間が必要でした。

BiglobeのSIMをmicroからnanoに変える場合、
Biglobeのサイトで切り替えの手続きが必要です。

それを行うと、
古いほうのスマホの電波表示のアンテナが電波をつかんでいない状態になって、

完了!

と思ったのですが、
そのあとも新しいスマホで電話とSMSができなくて、
SMSができないとLINEも引き継げないので、
ちょっと困りました。

で、
説明書をよく見たら、

「再起動してください。」

まあ、
そうですよね。

そしてこの再起動、
私のケースでは、
古いスマホも新しいスマホも両方再起動したら、
新しいほうにSMSが来るようになりました。

ただの偶然かもしれませんが。

同じような現象にお困りの方がいましたら、
試してみてください。


Moto G8 Powerを再起動をしているところ。
_20200801_125933.JPG
なんかちょっとレトロ?


新しいスマホが無事使えるようになって、
ちょっとうれしいです。

使用した感じは、
またそのうちに書きたいと思います。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント