看護師父さんの仕事と生活の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 自然農法で楽しむはじめての野菜づくり 種のまき方

<<   作成日時 : 2019/01/14 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


この本より。

5回目。



自然農のタネのまき

ばらまき
向いている野菜:コマツナ、ダイコン、カブ、サニーレタス
1.草を高さ10pくらい残してざっと刈る
2.タネを高い位置から均一になるようにばらまく
3.草を根元から刈って、その場に倒す。カマの刃先を土にもぐらせて、成長点を断ち切る。草が生えていないところも、全体にカマをもぐらせ、表面を動かす。
4.できるだけ均一に草が全体を覆うようにして、完成


草を刈ってその場にた倒す、
というところがポイントだと思う。

草を抜くと、
どこかに捨てたくなるけど、
その場に倒せばいいのだな。




筋まき
向いている野菜:ダイコン、ゴボウ、カブなど
1.クワ幅(10p〜15p)の草をざっと刈り、クワで土の表面を削ってまきすじをつくる
2.クワの刃先でとんとんとたたいて、土をほぐす
3.平らにならして、クワで鎮圧
4.指をひねりながら、タネを降ろす。2〜3往復して、均一に降ろすように
5.覆土はクワを草の下に差し込んで、草のタネが混ざっていない土を取り出し、手でほぐしながらタネが見えないぐらいにかける
6.クワで鎮圧
7.周囲の草の先端のやわらかいところを刈って、細かく切ってかけ、その上からクワで再び鎮圧する


クワで鎮圧、
糖作業が加わっている。

ばらまきよりも、
もう少し土をしっかりかけてもよいということだと思う。




点まき
向いている野菜:ナス、ピーマン、トマト、インゲン、トウモロコシ、ハクサイ
1.草をかき分けて土を出す。宿根草の太い根はカマで断ち切って取り出し、平にならす。
2.西洋カボチャのタネ。直径30pに5〜7粒のタネを置き、指で押して埋める。
3.細かく切った草をかける。
4.手で鎮圧


こちらは、
手で鎮圧。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
―――――――――――― グーグルによるこのブログ内の検索
自然農法で楽しむはじめての野菜づくり 種のまき方 看護師父さんの仕事と生活の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる