看護師父さんの仕事と生活の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 週刊現代 2018年 11/17 号 わが子が勉強できないのは母親のせい、父親は関係ない

<<   作成日時 : 2018/11/16 23:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

週刊現代 2018年 11/17 号 わが子が勉強できないのは母親のせい、父親は関係ないより

今年3月に文科省が公表したレポート「保護者に対する調査の結果と学力等との関係の専門的な分析に関する調査研究」(家庭内のどのような要因が、子どもの学力に影響を与えるのかを分析することを目的とした研究)によると、父親の学歴よりも母親の学歴のほうが子どもの学力に影響を与えているという結果となった。

知性の遺伝率は50%以上といわれています。p138

神経質さ、外向性、勤勉性といった一部の性格については、遺伝率は30%程度だと考えられている。p138

1984年に行われたケンブリッジ大学によるラットを用いた研究によれば、本能や情緒面、自律神経活動は父親から遺伝するという。いっぽうで、記憶や思考、そして知性を司る大脳皮質の遺伝子は、そのほとんどがメス由来であることが明らかにされている。p139

心理学者ジェニファー・デルガド氏による2015年の発表では、遺伝子の一部は、母から子どもに受け継がれたときにのみ機能する。知性を司っている大脳皮質の遺伝子は、まさにこれに当たる。p139

知性を司る遺伝子は、X染色体上にあります。女の子は両親からX染色体を受け継ぎますが、男の子の場合、X染色体は母親からしか受け継ぎません。そのため、男の子のほうが女の子と比較して、母親の知性の遺伝子の影響が大きくなるのです。p139


知性の遺伝率は50%ということなので、
知性のほとんどが母親由来だったとしても、
母親の責任は50%ということになるのでしょう。

そして親として言えることは、
親は親なりに頑張るので、子どもは子どもで、自分なりにせいいっぱい頑張れよ、
ということくらいです。

親から引き継いだ遺伝子の限界というのものは確かにあるのでしょうけど、
親への文句は、その限界まで努力した後に言ってくれ、
と、思います。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
―――――――――――― グーグルによるこのブログ内の検索
週刊現代 2018年 11/17 号 わが子が勉強できないのは母親のせい、父親は関係ない 看護師父さんの仕事と生活の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる