看護師父さんの仕事と生活の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 子どもが市の陸上大会に出た

<<   作成日時 : 2018/10/21 00:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

長女が市の陸上大会の800m走に出たので、
四ツ池公園陸上競技場まで見に行ってきました。

特に写真はないのですけど、
ちょっと考えたことを書いておきます。

私も中学高校大学と陸上部だったので、
苦しいスポーツをする楽しさとは何か?
ということと、
子どもにスポーツをやらせる目的について。



スポーツをする楽しさとしたらまず、

誰かと競争して勝ってうれしい!

という楽しさがまず思いつきます。

そのことを長女に尋ねたところ、

「私は”勝つ”とかどうでもいいから」

という返答でした。

そんなこと言いながら、
走り終わったあと、

「私より後ろに何人いた?」

と、しきりに聞くので、
誰かに勝ちたいという気持ちは無くはないのだなと思いましたが。
(ちなみに長女の後ろには5、6人くらいいたと思います)

勝敗は目的ではない、
と、言ってみても、
誰かに勝つのはやはりうれしくて、
負けるのは悔しい。

しかし陸上競技なんて、
一位にならない限り負けているわけで、
勝つのはたった一人です。

そのたった一人になれる確率なんてとても低いので、
勝負にこだわると、
すぐにつまらなくなってしまいます。



次に考えらえる楽しさは、

努力して自分の力が向上していくのが楽しい、

というのがあります。

順位が上がったり、
タイムが伸びたりしていくのが楽しい。

これは確かに楽しいと思います。

特に、はじめたばかりのころは、
走るたびにタイムが向上したりして、
楽しいです。

でも、
タイムもそのうち頭打ちになって、
そう簡単には自己ベストが更新できなくなってきます。

努力しても現状維持が精いっぱい、
という状況が続くと、
次第につまらなくなってきます。

これ以降、
競技を続けるためには、
とても頭を使うようになります。

自分の壁を超えるために、
知恵を絞って練習方法を工夫し、
なにより、
限界に挑戦し続けるモチベーションを維持するために、
何度も自問自答を繰り返すからです。

何でこんなにつらいことを続けているのだろう?
という自問自答。

その問いは、
練習が厳しくなるほど難問になってきて、
その答えが見つからなくなったところで、
競技人生が終わります。

このような段階にたどりつき、
なおかつ、
たぐいまれな才能を伴っている場合、
一流選手になれます。

(圧倒的な才能に恵まれた人は、
”勝つ楽しさ”だけで結構なところまでいけるでしょうけど)

そして、この問いにぶつかっていくことは、
生きていく力を培うことでもあると思います。

何でこんなつらいことを続けているのだろう?
という問いに答えを見つけようとすることは、
なんで生きているのだろう?
という問いに答えるのに近いです。

生きていくにはつらいこともけっこうありますので、
そんななかでも自分なりに工夫して、
自分なりの楽しさを見つけていくことの訓練となるわけです。

なので、このような経験を、
子どものころに積むことは良いことだなと思います。



最後に、もう一つ考えられるスポーツの楽しさは、

自分の体を自分で思うように動かす楽しさ、

と、

全力を出す気持ちよさ、

です。

そしてこれが、
スポーツの楽しさの本質なのかなと思っています。

ほかに表現するなら、
車を気持ちよく運転する楽しさみたいな楽しさ。

アクセルを踏んで加速していくときの気持ちよさ。

ダンスをする人が、ダンスをしているときに感じているだろう楽しさ。

ダンスというダンスではなくても、リズムに乗って体を動かす楽しさ。

体を動かすことは楽しい!
といことを、
実感すること。

これが、
子どもにスポーツをさせる一番の目的ではないかと思います。

そして、この楽しさは、
学校の体育ではあまり教えてくれない。
(むしろ逆のことを教えている?)

なので、この楽しさを、
親として子供に伝えたいなと思っているのですが、
その方法は、
まだまだ試行錯誤の段階です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
―――――――――――― グーグルによるこのブログ内の検索
子どもが市の陸上大会に出た 看護師父さんの仕事と生活の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる