鮎釣地区の小学生が山香小学校に通った道

鮎釣地区の小学生が山香小学校に通った道を、
歩いてみました。

佐久間駅伝の疲れがまだ残っている感じなので、
ゆるくジョグで。

鮎釣地区までは、
国道152号線の竜頭山の登り口をさらに水窪側に進みます。
画像


グングン進みます。
画像


鮎釣地区到着。
画像


鮎釣地区までは、
我が家から10キロくらいあって、
すでにへとへとです。

しかし、
小学生が通った道なら、
なんとかいけるんじゃないかと・・・。

それに、
この場所から山香地区に抜けられるとしたら、
かなり近道ですので。



鮎釣地区から山香小学校までは、
鮎釣橋を渡って、
画像


あの山の向こう側。
画像


昔の小学生、
一山越えて小学校へ通っていたわけです。

すごいです。



さっそく吊り橋を渡ります。
画像


いきなり分かれ道があらわれました。
画像

階段を登るか、
左へ進むか。

なんの案内もありませんが、
ここは左を選択。

苔むした急な坂道が続きます。
画像


くねくねと曲がりながら登ります。
画像


そしてまた分かれ道。
画像

ここも左を選択しました。

しかし、
先に進むと、
なんか怪しくなってきました。
画像


ついに道がなくなりました。
画像


さすがにここを小学生が通ることはないでしょう。

前の分岐点まで引き返しました。
画像


この分岐点を右にも行ってみましたが、
画像

どうやら違うようでまた引き返し。

困ってあたりを見回すと、
なんとなく道のようなところがありました。
画像


ちょっと不安でしたが、
行ってみると、ここが正解のようで、
先に道がつながっていました。
画像


ただ、その道は、
荒れ果てています。
画像


倒木が道をさえぎる。
画像


さえぎる。
画像


ついに倒木で道が寸断。
画像


迂回して進みます。
画像


このあとも、
薄暗い杉の木立の中の細い坂道を、
しばらく登ります。

帰りが暗くなった時とか、
小学生には怖かったでしょうね。

道の終わりに近づいた頃、
衝撃の木がありました。
画像

ほとんど中に浮いている感じ。

崩れないのかこれ?

大丈夫?

この木の下は、
早足で通り過ぎました。

ほんと、
険しすぎる通学路です。

昔の小学生、
すごいです。



やっと少し明るくなってきて、
道が終わりそうな感じになりました。
画像


しかし、
ここが最後の難関でした。
画像

なんと、
道路に接続する道がありません。

しょうがなく、
崖のようなところをよじ登りました。

そして、
到着したのはここ。
画像


ここは!
前に行ったことがある、浅間山の登り口の近くでした。

ここから、
車道を下ります。
画像


景色はとても雄大。
画像


ちょっとした山上りを終えた感覚です。
(ちょっとした山登りを実際にしていますが)

そしてついに、
山香小学校到着。
画像

ですが、
山香小学校は2006年に廃校となり、
校舎もすでに撤去されてありません。



それにしても、
昔の小学生すごいです。

足と度胸が、
鍛えられたことだろうなと思います。

昔といっても、
10年ほど前の話ですけどね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック