いえやすくんの仮装の作り方

画像

こんにちは。

このいえやすくんの仮装の作り方をまとめます。

作りたい人がいるかどうかはわかりませんが。

まず、かるい紙粘土をたくさん用意します。
画像


私はこのかみねんどの10個パックを買いました。

そのうちだいたい9個使っています。

かるいかみねんどを薄くのばして、
画像

(アマゾンの段ボールの上でのばしていますが、
これだとかみんどが段ボールに張り付いてしまうので、
ほんとうはつるつるとしたものの上でのばしたほうがうまくいきます)

ふくらめたビーチボールに張り付けていきます。
画像


画像


画像

薄くのばしたかみねんど同士をくっつけるのが少し苦労します。

ビーチボールは61センチのサイズを使いました。


しっかり乾かしたら、
(かわくのには、一週間くらいかかるかもしれません。
乾く前だと柔らかくて形が崩れます。)

ビーチボールをしぼませて取り出します。
画像


それから、
外側や内側のひびわれやつなぎめを補修。
画像


頭が入るところは、
こんな感じのテープを練りこんで補強しました。


画像


続いて色塗り。
画像


アクリル絵の具を使いました。


完成。
画像


上から。
画像


後ろから。
画像


衣装は、フェルトで妻に縫ってもらいました。
画像

100均のフェルトを青2枚、緑2枚使っています。

そのほかの衣装は、
ピアノ柄の手ぬぐい、


赤いタイツ、


履物、


頭のうなぎ、


胸のオレンジのマークは、
こういう用紙を使って、

パソコンでシールを作り張り付けています。

以上です。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック