アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「本」のブログ記事

みんなの「本」ブログ

タイトル 日 時
1食20gから始める タンパク質マニュアル Tarzan (ターザン) 2017年 9月28日号
1食20gから始める タンパク質マニュアル Tarzan (ターザン) 2017年 9月28日号 Tarzan (ターザン) 2017年 9月28日号 「1食20gから始める タンパク質マニュアル」より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/19 22:43
人は血管から老化する 池谷 敏郎 その3
人は血管から老化する 池谷 敏郎 その3 この本の感想3回目。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/09 06:13
人は血管から老化する 池谷 敏郎 その2
人は血管から老化する 池谷 敏郎 その2 この本の感想二回目。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/08 21:53
人は血管から老化する 池谷 敏郎
人は血管から老化する 池谷 敏郎 この本より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/08 09:31
鋼のメンタル 百田尚樹
鋼のメンタル 百田尚樹 もう少しメンタルが強くなればなと思って読んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/30 23:03
話す力: 自分の言葉を引き出す方法  D・カーネギー
話す力: 自分の言葉を引き出す方法  D・カーネギー 自分の話し方について考えてみようと思って読んだら、 講演などで大勢の人の前で話すことについて書かれた本だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/29 09:53
「自分らしさ」はいらない 松浦 弥太郎
「自分らしさ」はいらない 松浦 弥太郎 妻に借りて読んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/27 08:14
終末期患者からの3つのメッセージ 大津 秀一 感想その3
終末期患者からの3つのメッセージ 大津 秀一 感想その3 勉強のために読んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/26 23:39
終末期患者からの3つのメッセージ 大津秀一  感想その2
終末期患者からの3つのメッセージ 大津秀一  感想その2 勉強のために読んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/23 21:21
終末期患者からの3つのメッセージ 大津秀一
終末期患者からの3つのメッセージ  大津秀一 勉強のために読んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/20 21:35
「いい人生だった」と言える10の習慣 大津秀一
「いい人生だった」と言える10の習慣 大津秀一 40歳になってから読んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/18 22:18
日経ビジネスアソシエ 2017年8月号 「応援される技術」より
日経ビジネスアソシエ 2017年8月号 「応援される技術」より 日経ビジネスアソシエ 2017年8月号 「応援される技術」より p30 人が人に与えることができる最大の贈り物は、「相手を認めること」。 「あなたは一人ではない。私はあなたの心情を深く理解してます」という気持ちが伝われば、相手は「自分は認められた」と感じいてあなたに好感を抱くだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/17 22:00
クーリエジャポン2017年 9月号「 クーリエ・ジャポン式最強の子育て」より
クーリエジャポン2017年 9月号「 クーリエ・ジャポン式最強の子育て」より この雑誌の、 「クーリエ・ジャポン式最強の子育て」という記事の、 オランダにおける子育ての様子が書かれた記事より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/16 08:43
COURRiER Japon (クーリエジャポン)9月号 最強の子育て
COURRiER Japon (クーリエジャポン)9月号 最強の子育て この雑誌の記事より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/09 23:30
海野和男の昆虫撮影テクニック 感想その2
海野和男の昆虫撮影テクニック 感想その2 虫や花や木や、石ころいだって、 種類や名前があって、 それらの名前を少しづつでも覚えていくと、 田舎にもいろんなものがあるのだなと思えてくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/08 08:33
海野和男の昆虫撮影テクニック
海野和男の昆虫撮影テクニック 身の周りには虫がたくさんいるので、 もう少し虫の写真を上手に取れたらいいかなと思って読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/08 08:19
いのちの砂時計―終末期医療はいま 共同通信社社会部 (著)
いのちの砂時計―終末期医療はいま 共同通信社社会部 (著) 勉強のために読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/20 08:00
いのちの砂時計―終末期医療はいま 共同通信社社会部 (著)
勉強のために読んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/19 07:57
わかりやすく説明・説得する技術 小野一之
わかりやすく説明・説得する技術 小野一之 前に読んだ本をもう一度復習。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/04 23:28
素直な心になるために 松下幸之助
素直な心になるために 松下幸之助 もっと素直になったほうが良い、 と、言われたことがあって、 素直とはどういうことか考えてみるために読んでみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/05 19:52
終末期患者からの3つのメッセージ
終末期患者からの3つのメッセージ 終末期にある患者さんの気持ちを、 少しでも理解できるようになれたらと読んでみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/06 23:59
今日が人生最後の日だと思って生きなさい 小澤竹俊 (著)
今日が人生最後の日だと思って生きなさい 小澤竹俊 (著) 個人的に、もうすぐ40歳になるので、 こんな感じのタイトルの本をよく読んでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/05 22:56
感情を整えるアドラーの教え   岩井 俊憲
感情を整えるアドラーの教え   岩井 俊憲 この本より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/15 23:03
やさしい山の歩き方、山歩きの基本がわかる本 
やさしい山の歩き方、山歩きの基本がわかる本  山歩きの本、 続けて二冊。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/30 23:27
転倒・滑落しない歩行技術  野村 仁 (著)
転倒・滑落しない歩行技術  野村 仁 (著) 我が家の近所の佐久間の山は、 それほど難しい山ではないと思いますが、 安全に登るための知識として読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/28 08:41
一流の人がやる気を高める10の方法 中野 ジェームズ 修一
このような本を読んでやる気を高めないといけないというのは、 一流ではない証拠ですが、 それはまあしょうがない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/08 23:11
リーダーのためのレジリエンス11の鉄則 昆正和  医療安全管理者研修へ出る道中で読んでた本
静岡まで研修に行く途中の電車の中で読んだ本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/06 06:37
すべての疲労は脳が原因 梶本 修身
すべての疲労は脳が原因 梶本 修身 体が疲れているように感じるのは、脳がそのような信号を発しているからで、 脳の疲れを癒すには、 ぐっすり眠ることと、鶏肉を食べること、ビタミンCを摂取すること、緑青の香をかぐこと、リラックスして副交感神経を優位にすること。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/28 22:12
恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚  牛窪 恵
恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚  牛窪 恵 この本の感想の二回目。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/15 23:01
恋愛しない若者たち 牛窪恵
恋愛しない若者たち 牛窪恵 普段あまり読まない感じのタイトルですが、 めずらしく読んでみたので感想を書きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/13 21:56
痛くならない! 速く走れる! ランニング3軸理論 鈴木清和
痛くならない! 速く走れる! ランニング3軸理論 鈴木清和 自分の体に軸を意識するということは、 悪いことではないと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/07 09:34
イタリア人と日本人、どっちがバカ?  ファブリツィオ グラッセッリ
イタリア人と日本人、どっちがバカ?  ファブリツィオ グラッセッリ 著者は、 「イタリアで最も古い伝統と権威をもつ文化団体の東京支部会長」ということで、 古きよき時代のことを美化しすぎているような気も少しましたが、 イタリアの歴史が少しわかった気がして、 面白かったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/06 09:49
1週間で効果実感! 声を出さずに歌が上達する ボイストレーニング34  山田 容子
1週間で効果実感! 声を出さずに歌が上達する ボイストレーニング34  山田 容子 実は、子どもと一緒に合唱団に所属しているので、 参考になることがあればなと思って読んでみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/06 23:43
いつも心にイタリアを アレッサンドロ ジェレヴィーニ
いつも心にイタリアを アレッサンドロ ジェレヴィーニ 珍しくエッセイを読んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/05 22:32
待ち時間革命 前田 泉 まとめその3
待ち時間革命  前田 泉 まとめその3 この本のまとめ、その3。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/30 08:19
待ち時間革命  前田 泉 まとめその2
待ち時間革命  前田 泉 まとめその2 この本のまとめ、その2。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/28 21:18
待ち時間革命  前田 泉 まとめその1
待ち時間革命  前田 泉 まとめその1 この本のまとめ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/24 08:34
近所で見られる苔
近所で見られる苔 雨が降った後、もしくは雨が降っている最中も、 苔がきれいだなと思っていると、 雨もまた楽しめます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/03/06 20:45
苔ボトル
苔ボトル この本を買って、 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/05 07:59
女子の人間関係 水島広子
女子の人間関係 水島広子 妻が読んでいた本。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/23 22:45
100歳のことば100選 日野原 重明 (著, 編集)
100歳のことば100選  日野原 重明 (著, 編集) 著者の日野原重明さんは、 現在104歳の現役の医師。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/17 23:30
遊ぶヴィゴツキー ロイス ホルツマン (著) 茂呂 雄二 (翻訳) その3
遊ぶヴィゴツキー ロイス ホルツマン (著) 茂呂 雄二 (翻訳) その3 この本の感想、その3。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/02/12 22:53
遊ぶヴィゴツキー ロイス ホルツマン (著) 茂呂 雄二 (翻訳) その2
遊ぶヴィゴツキー ロイス ホルツマン (著) 茂呂 雄二 (翻訳) その2 この本の感想のその2。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2016/02/11 23:14
遊ぶヴィゴツキー ロイス ホルツマン (著) 茂呂 雄二 (翻訳) その1
遊ぶヴィゴツキー ロイス ホルツマン (著) 茂呂 雄二 (翻訳) その1 以前受けた研修の中で紹介されていた本の感想、その1。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2016/02/10 23:45
毎日長い距離を走らなくてもマラソンは速くなる! 吉岡利貢
毎日長い距離を走らなくてもマラソンは速くなる! 吉岡利貢 マラソンのトレーニングに自転車を取り入れることのすすめ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/15 22:41
マラソンは最小限の練習で速くなる! 忙しい人の自己ベスト更新術 中野ジェームス修一
マラソンは最小限の練習で速くなる! 忙しい人の自己ベスト更新術 中野ジェームス修一 中、上級者レベルの、マラソンのための練習法が書かれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/01/10 22:48
ランニングの作法  ゼロからフルマラソン完走を目指す75の知恵 中野 ジェームズ 修一
ランニングの作法  ゼロからフルマラソン完走を目指す75の知恵 中野 ジェームズ 修一 著者の「中野ジェームス修一」という人が、 箱根を二連覇した青山学院大学のフィジカルトレーナーだと知ってから、 著者の本を何冊か買って読んでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/09 23:00
ヒザ・腰・肩の痛みは自分で消せる! 体がラクになる簡単エクササイズ 中野 ジェームズ 修一
ヒザ・腰・肩の痛みは自分で消せる! 体がラクになる簡単エクササイズ 中野 ジェームズ 修一 腰の次は、肩や首の周り。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/04 23:16
ヒザ・腰・肩の痛みは自分で消せる! 体がラクになる簡単エクササイズ 「腰」 中野 ジェームズ 修一
ヒザ・腰・肩の痛みは自分で消せる! 体がラクになる簡単エクササイズ 「腰」 中野 ジェームズ 修一 ヒザの次は、腰。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 1

2015/12/29 22:39
ヒザ・腰・肩の痛みは自分で消せる!体がラクになる簡単エクササイズ 「ヒザ」 中野 ジェームズ 修一
ヒザ・腰・肩の痛みは自分で消せる!体がラクになる簡単エクササイズ 「ヒザ」 中野 ジェームズ 修一 この著者の本は、 わかりやすくてすぐに参考にできるエクササイズが載っていると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/12/29 07:57
腰・肩・ひざは「ねじって」治す - 魔法のリセット・トレーニング 山内英雄 (著) 島 泰三 (著
節々の動きが悪くなってくる年代なので読んでみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/17 07:14
100歳の金言  日野原 重明
100歳をすぎても現役というのがすごい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/09 09:47
超健康に長生きできる「足もみ」力 田辺智美
内容を全面的に信じているわけではないですけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/18 15:27
認知症にさせられる! 浜六郎
Kindleで読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/17 22:34
アドラー心理学入門 岸見一郎
Kindleで読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/15 17:01
運動前のストレッチはやめなさい 体を痛めず硬さをほぐす効果倍増メソッド 中野 ジェームズ 修一
運動前にストレッチはしていないけど、 普段どのようにストレッチをしたらいいのかなと思って、 読んでみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/11/05 21:36
遠州みさくぼのことば 久保是幸
アマゾンでは売っていないようです。 ↓ 遠州みさくぼのことば ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/19 22:14
女性を動かすのがうまい人へたな人 伊東明
かなり前に読んだ本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/19 17:35
なまけ者でも無理なく続く77の健康習慣 米井嘉一
こういう本は、 中に一つか二つくらい参考になるアイデアがあるとしたら、 そのくらいでもいいのかなと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/17 06:58
老けたくないなら「AGE」を減らしなさい カラダが糖化しない賢い生活術 牧田 善二
「AGE」を多く含んだ食品を避ける、 ということよりも、 糖質を摂りすぎないようにしよう、 ということが書かれている本だと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/10/12 06:09
父親が子どもの未来を輝かせる 百枝 義雄
買って一年以上積んで置かれた本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/25 16:09
なぜローカル経済から日本は甦るのか 冨山 和彦
産業を、グローバルな大企業〈G)と、ローカルなサービス業などの〈L)に分けて、 その両方について、今後どうなるか、どのようにしたらよいのかが書かれている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/18 23:30
教養としてのプログラミング講座  清水 亮
少し前に出た本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/11 07:51
家族という病 下重 暁子
家族のあり方について考えさせられることがあるのかなと思って読んでみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/23 23:29
納得の老後 日欧在宅ケア探訪 村上紀美子
日本以外の国では、在宅介護や看取りの現場はどのようになっているのだろうと思って読んでみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/19 11:03
臨床とことば 河合 隼雄 鷲田 清一
臨床心理学者と哲学者の対談。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/02 23:23
他人の心がカンタンにわかる! 植木理恵の行動心理学入門 植木理恵
他人の心がカンタンに分からなくてもいいけど、 「行動心理学」という言葉が少し気になったので読んでみた本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/08 22:26
デジカメ撮影の知恵 荻窪圭 デジカメ撮影のコツ 近藤純夫
この本(以下「コツ」と略します)と、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/04 09:21
運を支配する 幻冬舎新書 桜井 章一 藤田 晋
キンドルを持ったまま眠ってしまって、 うっかり触って購入してしまっていた本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/12 23:41
ギークマム 21世紀のママと家族のための実験、工作、冒険アイデア 
Geekdadというお父さん向けのサイトがあって、 そのママ版のGeekmomというサイトに関わっている人たちが書いた本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/16 23:19
最強のPRイノベーターが教える 新しい広報の教科書 栗田朋一著
著者の講演が水窪で行われて、 それを聞きに行ってきたので読みました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/18 06:26
ママもカメラマン!子供編 こどもをいきいき撮れるテクニック教えます 
パパですが、子どもの写真を上手に撮る方法を知ろうと思って読んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/04 23:25
投資家が「お金」よりも大切にしていること 藤野英人
お金や投資のことから、仕事や世の中のことを考えさせてくれる本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/01 19:00
仕事は楽しいかね? デイル・ドーテン
物語風になっていて読みやすく、 仕事について考えさせてくれる本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/01 17:21
未来予測を嗤え! 神永正博 小飼弾
神永正博氏と小飼弾氏の対談。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/01 16:37
あたらしい自分を生きるために アサーティブなコミュニケーションがあなたを変える 森田汐生著
「アサーティブ」ということについて知るために読んでみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/26 17:42
お金のことをちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ 糸井重里 邱永漢
お金や仕事や人生のことについての、 糸井さんと邱さんの対談。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/10 06:17
その神経(バランス)じゃ調子わるくもなりますよ 小林弘幸
妻の本棚にあった本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/09/07 23:02
子どもの創造力スイッチ! 遊びと学びのひみつ基地CANVASの実践 石戸奈々子
CANVAS | 遊びと学びのヒミツ基地という団体のこれまでの活動をまとめた本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/13 21:48
ひきこもれ 吉本隆明
ちょっと前の本だけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/05 00:16
知らないと恥をかく世界の大問題3 池上彰
シリーズ3冊目は、 東北震災後の出版。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/18 21:09
日本人のための「集団的自衛権」入門 石破 茂
もう少し勉強しておいたほうがいいなと思って読んでみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/17 10:37
薬剤師は薬を飲まない 宇多川 久美子
わたしは看護師ですが、 薬はあまり飲みたくないです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/14 00:00
ユマニチュードの勉強 第一章ユマニチュードとはなにか その2
この本の第一章、 「ユマニチュードとはなにか」より ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/09 20:36
ユマニチュードの勉強 第一章ユマニチュードとはなにか
この本の第一章より。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/07 22:07
ユマニチュード入門 本田美和子 イヴ・ジネスト ロゼット・マレスコッティ
看護介護界で最近話題?の本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/07 06:11
知らないと恥をかく世界の大問題2  池上彰
この本より、 とくに勉強になったと思うところ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/06/24 22:40
学力は家庭で伸びる―今すぐ親ができること41  陰山 英男
本書より参照すると、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/05 10:04
学び続ける力 池上彰
教養のすすめ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/03 15:27
知らないと恥をかく世界の大問題 池上彰
世界中でいろいろキナ臭い出来事が起きて、 日に日に、不穏な雰囲気が増していっているような気がするので、 世界のことをもうすこし勉強したほうがいいなと思って、 読んでみた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/05/30 00:06
マキコミの技術 コグレマサト いしたにまさき
ブログやSNSで情報を発信するということについて、 勉強するために読んでみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/02 23:26
ワクワクすることが人生にお金をつれてくる!  本田健
タブレットでアマゾンのアプリを使っていて、 「1-Click」という機能をONにしていたら、 いつの間にか購入していた本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/04/29 23:17
アイデアのつくり方 ジェームス W.ヤング
「60分で読めるけれど一生あなたを離さない本」 だそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/13 22:53
自宅で楽しむ発電 中村 昌広著
発電にはちょっと興味があって、 やってみたいなと思ってはいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/07 22:04
未来を変えるためにほんとうに必要なこと――最善の道を見出す技術 アダム・カヘン
タイトルがすごいけど、 本の内容は、職場や家庭でも参考になるなと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/03 00:05
1日3分 いくつになっても「歩けるヒザ」をつくる本!
まだヒザが痛くなったわけではないけど、 ヒザが痛くなったら困るなと思って、 それから、 私の母がヒザが痛いようなので、 なにか参考になるところはないかと思って、 読んでみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/27 22:37
体幹力を上げるコアトレーニング
看護師という仕事がら、 腰痛を防ぐ必要があるのと、 趣味のジョギングの走力向上のために読んだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/24 02:10
「ほしい未来」は自分の手で作る  鈴木 菜央 (著)
グリーンズの中心人物の、 これまでの活動の記録。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/21 17:33
赤ちゃんはなぜ父親に似るのか―育児のサイエンス 竹内 薫
著者の体験にもどづいて、 妊娠から育児に関する知識がまとめられた本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2013/11/06 01:35
里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く
自分の住んでいる地域でも、 本書に書かれてるようなことが行われるようになったらいいなと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/01 17:19
「うちの子ってどうしてこうなの?」の悩みが消える! かがみ知加子
子供を、 勇、愛、智、親、の4タイプに分けて、 そのタイプ別の子育てアドバイスが書かれている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/24 03:06
メメント・モリ 藤原 新也
写真集+詩集。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/15 17:35
日本をソーシャルデザインする グリーンズ編 
世の中には、 かっこいいことしている人がたくさんいるんだな、 ということがわかる本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/04 16:16
ねじ子の ぐっとくる体のみかた  腹の見方
この本の個人的まとめ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/10/03 22:33
ねじ子の ぐっとくる体のみかた 胸の見方
この本より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/09/27 23:30
ねじ子の ぐっとくる体のみかた 首の見方
フィジカルアセスメントについて、 たくさんのイラストいりでわかりやすくまとめられている本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/09/26 10:32
ねじ子の ぐっとくる体のみかた 体の見方のキホン 顔、口の見方
イラスト(漫画?)の豊富な、 フィジカルアセスメントの本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/09/25 20:53
その先の看護を変える気づき: 学びつづけるナースたち  感想4
この本の感想。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/23 22:46
その先の看護を変える気づき: 学びつづけるナースたち 感想3
この本の感想の3回目 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/21 08:33
その先の看護を変える気づき: 学びつづけるナースたち 感想2
という本の感想の二回目。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/18 23:42
その先の看護を変える気づき: 学びつづけるナースたち 柳田 邦男 佐藤 紀子 陣田 泰子
看護系の本もたまには読んでみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/13 23:27
「自分がイヤだ!」と思ったら読む本  心屋 仁之助
最近、 妻がよく読んでいる著者の本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/10 22:05
私とは何か――「個人」から「分人」へ  平野 啓一郎
三番目の子どもが生まれてから、 仕事以外の時間はほとんど家にいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/07 14:34
自分でなおせる! 腰痛改善マニュアル ロビン・マッケンジー 
看護師で腰痛の人は多いと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/09/05 16:33
パーソナルプラットフォーム戦略 平野敦士カール
「ほかの人と協力する」 ということを、 もう少し自分にも取り入れられたらな、 と思って、読んでみた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/04 21:20
メディカルフットケアの技術 宮川晴妃
足の爪が原因で、歩きにくくなったり、 転倒しやすくなったりすることがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/01 01:07
伝わる・揺さぶる!文章を書く 山田ズーニー
少し前の本だけど、 ちょっと読み直してみて、 やっぱりいい本だなと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/08 22:52
医療にたかるな 村上 智彦
まずはあとがきより。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/07/07 06:04
ワールド・カフェをやろう! 香取一昭 大川恒
職場で、 「ワールド・カフェ」をやってみようか、 という話がすこしあって、 「ワールド・カフェ」というものについて知らなかったので、 読んでみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/21 21:49
人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか 森 博嗣
抽象的な考え方のすすめ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/10 21:15
神(サムシング・グレート)と見えない世界 矢作 直樹  村上 和雄
救急医療にたずさわる医師が、 自分の不思議な体験を語っている本かと思ったけど、 そういう部分はほとんどなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/30 08:20
STEAL LIKE AN ARTIST オースティン クレオン
クリエイティブに生きるためのヒント集。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/20 19:24
リーダーシップ3.0 カリスマから支援者へ 小杉 俊哉
年齢的に、 職場でリーダーシップが求められる立場にはなってきているのだけど、 リーダーシップを発揮するのが好きというわけでもない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/04/12 09:12
子どもの才能は3歳、7歳、10歳で決まる!―脳を鍛える10の方法  林 成之
脳科学的な観点から、 子育てについてのアドバイスが書かれた本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/06 16:24
目標管理はポートフォリオで成功する 鈴木敏恵
ポートフォリオについて、 職場で勉強をしようということになったので、 読んでみた本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/02 08:52
地域医療再生はこの病院・地域に学べ! 平井愛山
2009年の本なので、 内容が最新というわけではない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/01 06:34
仕事はどれも同じ 「今やっている仕事」を「やりたい仕事」にする方法 
この本を読んだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/23 20:45
35歳の幸福論 藤原 和博
35歳の教科書―今から始める戦略的人生計画  藤原 和博と合わせて読んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/09 16:45
35歳の教科書―今から始める戦略的人生計画  藤原 和博
現在35歳なので。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/12/18 07:04
ナイチンゲール 心に効く言葉1
私は看護師をしているけれど、 それほど看護に熱いというわけでもない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/15 12:02
スマホ、タブレットが変える 新IT医療革命 Team 医療3.0
ソフトバンクの孫社長と、 9人の医師、看護師による対談集。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/12 23:57
日本のリアル 養老孟司
養老孟司氏と、 日本の農業、漁業、林業などを支える生産者との対談集。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/10/22 09:14
わが子を「メシが食える大人」に育てる 高濱 正伸
我が屋の上の子は来年小学生なので、 子育て関連の本も、 すこし年齢の高い子ども向けのものを読んでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/20 15:31
脳と気持ちの整理術 意欲・行動・解決力を高める 築山節
以前読んだ本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/04 06:57
背筋は伸ばすな 山下 久明
今までの常識は間違っていた! というような感じの本は好きだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/02 22:52
運動会で一番になる方法 深代千之
あさっては子どもの運動会だけど、 そのために読んだというわけでもない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/09/27 20:32
子どもの足が速くなる!魔法のポン・ピュン・ラン 川本和久
子どもの運動会も近いので。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/23 06:39
在宅死のすすめ 生と死について考える14章 網野 晧之
タイトルどおり、 在宅死を薦めている本。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/14 22:09
やってはいけないランニング 鈴木 清和
ランニングをやってはいけない、 ということではなくて、 気持ちよく走るコツが書かれた本。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/09 06:45
政治家の裏事情 城内実
自分の住んでいる選挙区の代表者だし、 毎年地元のお祭りにやってきていただいて、握手している方なので、 著作を読んでみた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/09/04 06:57
フリーエージェント社会の到来 ダニエル・ピンク
アメリカには3300万人のフリーエージェントがいる、 と、書かれたこの本が、 日本で出版されたのが2002年。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/30 21:36
「一生食べていける力」がつく 大前家の子育て 大前研一
スーパーお父さんによる子育て論。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/07/16 06:33
日本人の死に時 久坂部羊
日本人の死に時―そんなに長生きしたいですか (幻冬舎新書)幻冬舎 久坂部 羊 Amazonアソシエイト by ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/06/29 13:59
脳を活かす子育て術  茂木健一郎 須藤珠水
脳科学者が書いた子育て論。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/30 16:32
美しく怒れ 岡本太郎
美しく怒れ (角川oneテーマ21)角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-09-10 岡本 太郎 Amazonアソシエイト by ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/04 06:29
生きて死ぬ私 茂木 健一郎
生きて死ぬ私 (ちくま文庫)筑摩書房 茂木 健一郎 Amazonアソシエイト by ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/01 06:54
大往生したけりゃ医療とかかわるな 中村仁一
大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)幻冬舎 中村 仁一 Amazonアソシエイト by ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 7

2012/03/26 08:28
痛い腰・ヒザ・肩は動いて治せ 島田永和
痛い腰・ヒザ・肩は動いて治せ (朝日新書)朝日新聞出版 島田 永和 Amazonアソシエイト by ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/15 11:26
ビジネスマンのための「行動観察」入門  松波晴人
久しぶりに読んだ本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/20 05:36
創るセンス 工作の思考 森博嗣
創るセンス 工作の思考 (集英社新書 531C)集英社 森 博嗣 Amazonアソシエイト by ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/01 06:52
子どもの脳によくないこと  小西行郎
子どもの脳によくないこと (PHPサイエンス・ワールド新書)PHP研究所 小西 行郎 Amazonアソシエイト by ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/13 06:12
30代にしておきたい17のこと  本田健  だいわ文庫
30代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)大和書房 本田 健 Amazonアソシエイト by ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/01 07:37
心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」 名越康文 
心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」 角川SSC新書角川SSコミュニケーションズ 名越 康文 Amazonアソシエイト by ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/25 05:44
非常識マラソンメソッド 岩本能史 ソフトバンク新書
昨年度も出場しました佐久間駅伝が、 また近づいてきましたので、 ちょっとジョギングの量を増やしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2010/11/23 06:53
怒らないこと 役立つ初期仏教法話1 アルボムッレ・スマナサーラ
怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)サンガ アルボムッレ スマナサーラ ユーザレビュー:非常に分かりやすいで ...心やすらかに人生を過 ...怒ったことがある人全 ...Amazonアソシエイト by ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/15 06:17
完璧志向が子どもをつぶす ちくま新書  原田正文
完璧志向が子どもをつぶす (ちくま新書)筑摩書房 原田 正文 ユーザレビュー:統計でくっきりと事実 ...「よい子」の育て方小 ...育児に完璧はない3人 ...Amazonアソシエイト by ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/15 16:43
父として考える 生活人新書 東浩紀 宮台真司
父として考える (生活人新書)日本放送出版協会 東 浩紀 ユーザレビュー:両氏の本の愛読者でな ...一章は和やかな親子雑 ...Amazonアソシエイト by ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/25 13:00
パパのネタ帖 おおたとしまさ 赤ちゃんとママ社
パパのネタ帖赤ちゃんとママ社 おおたとしまさ ユーザレビュー:パパになるのが待ち遠 ...懐かしい匂いがしまし ...励まされたり、ワクワ ...Amazonアソシエイト by ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/19 18:35
体幹ランニング 金哲彦 講談社
「体幹」ランニング (MouRa)講談社 金 哲彦 ユーザレビュー:ライバルに差をつけた ...「体幹」・・面白い! ...故障の多い方へおすす ...Amazonアソシエイト by ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

2010/02/03 07:49
赤ちゃんにオムツはいらない  三砂 ちづる
赤ちゃんにおむつはいらない勁草書房 三砂 ちづる ユーザレビュー:育児技法を問い直しつ ...おむつなし育児楽しい ...Amazonアソシエイト by ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/09 07:07
傷はぜったい消毒するな  夏井睦  光文社新書
傷はぜったい消毒するな 生態系としての皮膚の科学 (光文社新書)光文社 夏井睦 ユーザレビュー:傷治療のパラダイム‐ ...私は湿潤療法をおこな ...英訳してほしい英訳し ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/10/03 11:18
面白いほど成功するツキの大原則  西田文郎  三笠書房
ツキの大原則―面白いほど成功する 努力が「すぐ報われる人」のマル秘ノウハウ (知的生きかた文庫)三笠書房 西田 文郎 ユーザレビュー:ツキを呼び込むには原 ...最も力強く感じた本私 ...「お金持ちはお金持ち ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

2009/10/02 08:01
うちの3姉妹 特別編 ハワイでおっぺけぺ  松本ぷりっつ  主婦の友社
うちの3姉妹 特別編 ハワイでおっぺけぺ主婦の友社 松本 ぷりっつ ユーザレビュー:う?ん2008年夏の ...いやもう立派なガイド ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/24 07:12
一瞬で自分を変える法 著 アンソニー・ロビンズ 訳 本田健 三笠書房
一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える三笠書房 アンソニー ロビンズ ユーザレビュー:システム的でとても説 ...「自分に制限を作らな ...期待しすぎました。先 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/02/15 12:21
急に売れ始めるにはワケがある マルコム・グラッドウェル ソフトバンククリエイティブ
急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則 (SB文庫 ク 2-1) (SB文庫)ソフトバンククリエイティブ マルコム・グラッドウェル ユーザレビュー:繰り返しが粘りになる ...「バイラルマーケティ ...予想に反して科学的タ ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/11 07:29
うちの三姉妹7巻には、しおりとポストカードがおまけで付いていたのか?
うちの三姉妹とは、 松本プリッツという人が書いている人気子育てブログで、 そこに書かれている漫画が単行本化されてて、 現在は第7巻まででている。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/08 11:16
忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス
子育てハッピーアドバイスシリーズのお父さん向けバージョン。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2008/01/08 22:59
儲かるドロップシッピング副業術 木下裕司 毎日コミュニケーションズ
アフィリエイトより儲かるんじゃないかと思って、ドロップシッピングの本も読んでみた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 20 / コメント 0

2007/09/29 18:44
ブログの達人がこっそり教えるおカネの儲け方 佐々木祐二 中経出版
ブログで儲ける。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 0

2007/09/29 18:27
ヤバい情報収集術 情報が集まる人のWeb2,0仕事術 小川浩 中経出版
「悪い」とか、「悪の」とか、「ヤバい」、とか、ちょっとモラルに反してそうな本のタイトルが流行っているような気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/29 17:59
Web2,0のビジネスルール 小川浩・後藤康成 マイコミ新書
リンク格差社会、に続いて読んだマイコミ新書二冊目のこの本も、 私にはちょっと専門的過ぎて面白くは読めなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/29 17:45
「人たらし」のブラック心理術 内藤誼人 大和書房
著者もあとがきで書いているけど、 別にブラックでもなんでもない気がした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/29 15:50
病気になる人、ならない人 その見逃せない法則  土橋重隆 ソフトバンク新書
本書のポイントになると思う文章をひとつ書き出すと、 「病気にならない予防方があるとしたら、考え方を変えることです。自分のルールだけが正しいのだと思わず、他人のルールも認める「余裕」をもち、物事にあまりこだわらないようにしたほうがいいでしょう。」 と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/29 15:32
食品の裏側 安部司 東洋経済
食品添加物の元トップセールスマンが、食品製造の裏舞台を暴露する、 という形で書かれた本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/29 15:10
結局「仕組み」を作った人が勝っている 荒濱一 高橋学  光文社
「仕組み」とは、儲かる仕組みのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/09/05 11:53
財務3表一体理解法 國貞克則  朝日新書
職業柄、財務諸表は一切関係ない(看護師です。)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/03 20:48
離島発生き残るための10の戦略  山内道雄  生活人新書
財政破綻しそうな離島の町(海士町)が、現状の打開に立ち上がり着実な成果を挙げている、 ということが書かれた本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/25 14:26
超・美術館革命 金沢21世紀美術館の挑戦  蓑豊  角川ONEテーマ21
金沢で流行っている美術館(金沢21世紀美術館)の流行っている状況と、その理由が書かれた本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/25 13:53
もう、国には頼らない。 渡邊美樹  日経BP
ワタミフーズの渡邊美樹社長以上にかっこいい人を、 私は知らない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/08/24 00:15
ハイコンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代 ダニエル・ピンク著 大前研一訳 三笠書房
大前研一氏の約した本なので読んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/23 23:46
2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? ひろゆき 扶桑社新書
何かとニュースで取り上げられることがある2ちゃんねる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/23 23:20
即戦力の磨き方 大前研一 PHPビジネス新書
もうすぐ、と言うか、すでに下克上の世の中だから、 能力のあるもしか生き残れなくなると。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/03 14:44
ビジネス力の磨き方 大前研一 PHP新書
十数年前のことだったか、父が、 「平成維新の会というのがすごいぞ。」 といっていたのを覚えている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2007/06/29 17:58
子育てハッピーアドバイス 朋橋大二 万年堂出版
子育て上のアドバイスが書いてある本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/28 23:03
食い逃げされえもバイトは雇うな 山田真哉 光文社新書
さおだけ屋の著者の新作。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/15 00:33
日本人の死に時 久坂羊 冬幻社新書
老化や死について現実的に考えるには、非常にいい本だと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/11 23:10
コピー用紙の裏は使うな!コスト削減の真実 村井哲之 朝日新書
コスト削減を考えたときに、失敗したコピー用紙の裏を使いましょう、というようなことを何でやってはいけないか? それが書かれている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/09 09:55
うける技術 水野 敬也 小林 昌平 山本 周嗣  
この本、 文庫化もされましたね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/08 02:57
日本人の足を速くする 為末大 新潮新書
面白かった。 読んでてなんども笑えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/06/02 18:19
伝説のホテルマン「おもてなし」の極意 加藤健二 アスキー新書
私は看護師だが、 サービス業に関係したような本を読むときは、 看護師としての自分に何か得るものはないだろうかという思いで読んでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/02 17:54
フューチャリスト宣言 梅田望夫 茂木健一郎 ちくま新書
「ウエブ進化論」の人と、「クオリア」の人の対談。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/31 21:30
聖路加病院訪問看護科 上原善広 新潮新書
訪問看護というものを知らない人には、その現場を知るためのよい本だと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/05/28 21:30
組織行動の「まずい!!」学 樋口晴彦 祥伝社
JR西日本脱線事故、 中華航空機の墜落事故、 雪印の事件、 チェルノブイリや日本の原発における事故、 スペースシャトルの事故、 などなど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/28 21:06
患者漂流−もうあなたは病気になれない 中野次郎 祥伝社新書
Q.田舎に住んでいたら、貧乏だったら、老人だったら、  満足に医療を受けられないのか? という問いに対して、        ↓ A.そうです。その通りです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/21 23:17
ウェブ新時代の「口コミ」戦術ーナンバー1になるためのビジネススタイル 小池晋一 PHP新書
話題の単語を並べて、 そんなに新しくもないこと新しい事のように見せかけて、 そんなに難しくない事をややこしく書いた本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/21 22:42
恵みの森癒しの木 森の名所50選を歩く 矢部三雄 講談社+アルファ新書
紹介されているのは、森の名所50選のうちの一部。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/20 10:38
あなたの知らない糖尿病の話 真山 亨  PHP新書
本書とは直接関係ないけど、 「あなたの知らない世界」 って、まだ夏のお昼どきにテレビでやってるのだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/13 20:20
よのなかの歩き方B 味方を増やす 藤原和博 ちくま文庫
藤原和博さんのよのなかの歩き方シリーズその3。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/05/13 20:02
よのなかの歩き方@ お金じゃ買えない。 藤原和博 ちくま文庫
藤原和博さんのよのなかの歩き方シリーズその1。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/13 19:37
アタマにくる一言へのとっさの対応術 バルバラ・ベルクハン SB文庫
姉妹書、グサリと来る一言をはね返す心の護身術も読んだが、 どちらもなかなか面白かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/02 14:53
グサリとくる一言をはね返す心の護身術 バルバラ・ベルクハン SB文庫
私は看護師だが、 ぐさりとくる一言を言われることは、ときどきある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/30 23:13
偽装国家 勝谷誠彦 扶桑社新書
小泉安部政権の、改革偽装。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/04/29 12:21
シニアに優しい旅のコツ 海外旅行の実践講座 田中嘉文 角川ONEテーマ21
私はシニアじゃないけど、 旅行は好き。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 36 / コメント 0

2007/04/26 10:39
人生の教科書「人間関係」 藤原和博 ちくま文庫
藤原さんの書いた本は、できるだけ読もうと思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 24 / コメント 0

2007/04/26 10:20
親より稼ぐネオニート 今一生 扶桑社新書
親も子供も、読んでおいたほうがいい本だと思う、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/04/19 20:31
次世代ウェブ グーグルの次のモデル 佐々木俊尚 光文社新書
本の帯には、 Web3.0を制するのは、一体どんなビジネスモデルなのか? と、書いてあったけど、 現在がWeb2.0で、その次にくるのは何かという意味でWeb3.0なのだと思うが、 現在のところWeb2,0もいろいろに変化を繰り返して、Web2,1とか、Web2,1,1とかになっている、 ということが書かれた本だと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/15 10:32
情報のさばき方 外岡 秀俊  朝日新書
私の死んだ父は、朝日新聞なんか読んじゃダメだ、とつねづね言っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/08 21:02
ナースのための医療制度早引きガイドブック 医学芸術社 荒木洋監修
医療制度のことも知っておいた方がいいかなと思って、 この本を読んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/07 20:37
娘は男親のどこを見ているか 講談社+アルファ新書 岩月謙司
準強制わいせつ罪で実刑判決を受けたらしい著者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/06 14:56
愚直に実行せよ!人と組織を動かすリーダー論 PHP新書 中谷巌
リーダーとはかくあるべき、 ということが書かれた本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/02 21:15
グーグル最新検索術 アスキー・ドットPC編集部編 アスキー新書
いよいよ、アスキーまでもが新書を出す時代かと、 本屋で思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

2007/03/28 22:38
夢に日付を! 夢実現の手帳術  渡邊美樹  あさ出版
私の奥さんが渡邊美樹社長のファンなので、渡邊社長の著書を読んでいて、 この本は、奥さんに借りて読んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/03/28 20:52
人を動かすリーダーの言葉 片山修編著 PHP新書
この本は、会社経営者などの発言集である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/26 21:24
あなたが年収1000万円稼げない理由 田中和彦 幻冬舎新書 
私が年収1000万円稼げない第一の理由は、 看護師だから、だと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

2007/02/26 20:53
なんどもなんども行きたくなるディズニーランドの不思議 芳中 晃  中経の文庫
ディズニーランドはなんども行きたくなるらしい。 それで、実際なんどもなんども行っている人もいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

2007/02/25 14:30
ウェブが創る新しい郷土 丸田 一 講談社現代新書
郷土というのは、 実は実在するものではなくて、 人と人とが地理的に近いという理由などから結びついて出来上がった、 共同幻想の一種であるということ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/25 14:01
個人的な愛国心 日垣 隆 角川ONEテーマ21
引越しなどをしながら少し前に読んだ本なので、 内容についての細かな部分はあらかた忘れてしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/02/25 13:35
巨大人脈SNSのチカラ 原田和英 朝日新書
この本、内容以上に、 著者自身が面白いなと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/02/21 23:42
なぜかモテる親父の技術 北村肇 ベスト新書
モテるオヤジになりたくないことはないが、 職場においては女性から、 ある程度評価され、尊重される必要が確実にある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 2

2007/02/21 23:26
女はなぜ突然怒り出すのか? 姫野友美 角川ONEテーマ21
女はなぜ突然怒り出すのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/21 23:06
赤ちゃんの名前を考えている
男の子女の子はじめての名づけ―よい名前が見つかる全5万9786例! 今度生まれてくる私の赤ちゃんの名前を考えないといけないので、 上記の本を買ってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/01/18 00:03
大人にもできる脳細胞の増やし方 久恒辰博 角川ONEテーマ21
脳細胞は増やすことができる! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/17 23:52
脳卒中バイブル 安井信之 ちくま新書
脳神経外科病棟で働く看護師として、 この本はお奨めです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/01/17 23:39
高次脳機能障害 橋本圭司 PHP新書
高次脳機能障害というものについて書かれた本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/07 11:04
ヒューマン2.0 渡辺千賀 朝日新書
この本の第一の見所は、裏表紙の著者の顔写真だと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2006/12/30 23:50
大学病院の裏は墓場 久坂部羊 幻冬舎新書 
今の世の中、裏が墓場になっているのは大学病院の裏だけでは無い。 本書を読んだらそう思うと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/30 22:41
ウェブ人間論 新潮新書 梅田望夫 平野啓一郎
「ウェブ進化論」の梅田望夫さんと、小説家の平野啓一郎さんの、ウェブをテーマにした対談。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/12/26 21:57
YouTube革命 ソフトバンク新書 神田敏晶
YouTubeは楽しい。 慣れてしまえば簡単に操作できるし、いろんな映像が見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/12/21 22:33
すぐに稼げる文章術 幻冬社新書 日垣隆
日垣さんの著作、最近良く出版されると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

2006/12/19 11:56
サラリーマンは二度破産する 朝日新聞新書 藤川太
売れている本である。 でも、本の内容にはタイトルほどのインパクトは無いと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 54 / コメント 0

2006/11/26 00:24
「書ける人」になるブログ文章教室 ソフトバンク新書 山川健一
この本は、 ブログでの文章の書き方を説明する部分と、 ブログというものを、過去から続く文学の流れの中でどのように捉えるか、 と言うことが書かれた本だと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/21 23:22
病院で死なないと言う選択 中山あゆみ 集英社新書
在宅やホスピスでガンでなくなった人の話が10話まとめられている本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/11/19 22:14
患者を感動させるコミュニケーション術 ぱる出版 
患者との上手なコミュニケーションをはかる方法について書かれた本、 かと思いきや、 コミュニケーションに関するとても一般的が書かれた本だった。 文章には、患者とか、医療者と言う言葉がたくさん出てくるのだが、 内容が医療現場を想定して掘り下げられているわけではない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2006/11/19 21:37
脳と神経内科 岩波新書 小長谷正明
私が看護師として働いている病棟は脳神経外科なので、 神経内科とは、関係あるような無いような、なのだが、 神経内科領域の病気というのはよくわからない病気が多いなあ、 という感じはしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/13 11:25
高齢者医療と福祉 岩波新書 岡本祐三
高齢者医療・介護・福祉の歴史と、それらの少し前の現状がわかる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

2006/11/12 21:04
ケタ違いに儲かるアフィリエイト術 英知出版 
携帯でアフィリエイトを行なう方法と、そのアフィリエイトで収入を増やすコツについて書かれた本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2006/11/04 22:28
金融広告を読め 光文社新書 吉本佳生
面白かった。 新書の割りには長い新書。 501ページ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 14 / コメント 0

2006/11/02 22:49
医者は働きすぎている
週刊東洋経済という雑誌、 ほとんど読んだことがないのだけれど、 今週は医療の特集だったので、買ってきて読んでいる。 (雑誌のほうはまだアフィリエイと出来ないので、書店等でお買い求めください。) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/23 23:07
脳を鍛える筋トレ PNFとはなにか 光文社新書 市川繁之ほか
本書には、タイトルにある、「脳を鍛える」とか「筋トレ」とかの話よりも、 野球の話のほうが多く書かれている。 なのでPNFというものについては、ほんとに初歩的なことしかわからない。 それでも、PNFというものについてまったく知らなかった私には、面白かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/10/22 18:39
グーグル完全活用本 知的生き方文庫 創藝舎
「ヤフー完全活用本」と続けて読んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/19 22:34
ヤフー・ジャパン完全活用本 知的生き方文書 創藝舎 
「グーグル完全活用本」も同時に読んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/19 22:23
トヨタの現場管理 日本能率協会編 門田安弘
本書はトヨタの生産現場のことについて書かれた本としては、そんなに売れている方ではないけようだけど、 1978年に初版が発売され、2002年に新版の第二十二刷が発売されている本書は、名著なのだろうと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/10/14 21:21
刺さる言葉 角川ONEテーマ21 日垣 隆
日垣氏の本をなるべく読むようにしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/06 12:00
ロッキング・オン11月号
ロッキング・オン11月号の表紙は、マドンナ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/30 21:30
入門医療経済学 中公新書 真野俊樹
日経新聞だったかの書評でよさそうなことが書いてあったので読んだが、 なんか、簡単なことを難しく書いてあるだけの本のように、私には思えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/28 23:39
父親のすすめ 文春新書 日垣隆
来年あたりには私も父親になるようなので、 どのような父親になろうかということについてすこしは考えようかと思って、この本を読んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/09/28 23:15
きらめく映像ビジネス! 集英社新書 純丘曜彰
テレビや映画の製作現場のこととか、映像作品が出来上がるまでの過程とか、について書かれている。 番組制作費のこととか、映画会社の変遷とかも書かれている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/21 22:00
経済学的思考のセンス 中公新書 大竹文雄
経済学的思考のセンス―お金がない人を助けるには ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/09/12 22:41
がんになる人ならない人 ブルーバックス 津金昌一郎
がんになる人 ならない人 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/12 22:18
風から癌までつらい病気のやさしい話 文春新書 山田春木
本書の前書きには、 「どの話も病気の本質にかかわる内容で、その切り口は50年先になっても色あせることはないでしょう。前書とともに、いつまでも手元に置いてください。」 それから、 「本書はどこから読み始めても楽しんでいただけると思います。」 と、書かれていた。 ずいぶん自信家の著者だなと、読む前に思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/04 23:09
ロッキング・オン10月号
ロッキング・オン10月号には、8曲入りのCDが付いている。 話題の新人バンドなどのコンピレーション。 それだけで買いだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/01 18:02
脱ファスト風土宣言 商店街を救え! 洋泉社Y新書 三浦展(編著)
下流社会、という本が売れた著者の著書。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/30 11:43
知っておきたい日本経済70の勘どころ 生活人新書 住友信託銀行調査部
経済学というものをきちんと学んだことは一度も無いが、 この本をよんだら、 なんかいろんなことがわかったような気がした。 多分、 「気がした」 だけだろうけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/22 23:36
森の力 日本列島は森林の博物館だ! 講談社+α新書 矢部三雄
こういう内容の本、高校くらいのころよく読んだ。 「森林の100の不思議」とか、 「続・森林の100の不思議」とか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/22 23:25
SNS的仕事術 ソフトバンク新書 鶴野充茂
SNS的仕事術とは何か? はじめはよくわからなかったが、本書を読んでも余りよくわからなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/17 23:14
食べ物とがん予防 健康情報をど読むか 文春新書 坪野吉孝
面白かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2006/08/11 21:01
看護 ベッドサイドの光景 岩波新書 増田れい子
看護師の(この本が出た当時は看護婦)インタービューからなりたつルポタージュ。 ずばりな名前の本だと思う。 でも内容は、ちょっと文学的な表現とかもあって、程よくきれいに仕上げられている感じ。 なので、私が日々経験する看護の現場の様子からはちょっとずれるな、と、読みながら思った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/08/06 16:29
仕事に使えるACCESSの基本操作がマスターできる本 インプレスジャパン
この前、病棟で入退院患者のデータベースを作れないものかと話していたら、一人の若い医師がACCESSですぐに作ってくれた。 やっぱり医者は頭いいなぁ、と思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/01 15:14
500円でわかるLAN Gakken
LANの入門書。 500円でわかるそうだが、500円分のことしかわからないともいえるのかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/28 22:58
生老病死を支える 岩波新書 方波見康雄
北海道空知郡奈井江町で、地域医療に尽力してきた医師が書いた本。 しかし内容は、著者自身が老境に達した現在の日々思うことを書いた、と言う感じ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/24 23:17
体験ルポ日本の高齢者福祉 岩波新書 山井和則・斉藤弥生
山井氏の高齢者福祉体験ルポの日本版。 体験ルポ世界の高齢者福祉も面白かったが、この本も良かったと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/20 21:53
やる気を科学する KAWADE夢新書 JTBモチベーションズ研究開発チーム
この本には、JTBモチベーションズというところが開発した、MSQ法というのをつかって、「やる気」を分析する方法が書かれている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/07/17 22:30
生活習慣病クリニックU 中公新書ラクレ 帝京大学医学部付属病院編
働き盛りの人に起こりやすい症状について的を絞った、新書版の家庭の医学のような本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2006/07/16 13:36
腰痛スッキリ! 角川ONEテーマ21 みのもんた 福井康之
腰部脊柱管狭窄症で今年の正月くらいに手術をしたみのもんた氏のプチ闘病記と、 腰痛の起こる原因疾患や予防法についてみの氏の主治医が答える構成の本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 0

2006/07/15 19:48
朝鮮総連 新潮新書 金賛汀
北朝鮮がミサイルを撃った次の次の日くらいに、テレビで、 朝鮮総連という組織の建物の近くで右翼の方たちのような人が抗議行動をしていたのを見て、 あれはいったいどういうことだろう? とおもったので、この本を読んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/12 22:04
できる 100ワザ ネットショップ できるシリーズ編集部 インプレスジャパン
「できる100ワザ」シリーズには、パソコンで何かをしようと思うときにはよくお世話になっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/11 10:37
恫喝と脅迫の心理戦術 日本文芸社パンドラ新書 向谷匡史
こんな本を読んでいるからといって、私が、恫喝や脅迫をする人というわけではない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2006/07/11 10:20
痴呆を生きるということ 岩波新書 小澤勲
すばらしい本だと思った。 発行から二年で既に13刷されているのは伊達じゃない。 アマゾンのレビューでも、全員が五つ星をつけていた! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/07/10 11:41
ロッキングオン8月号は、今年10年目をむかえる富士ロックフェスティバルを振り返る内容。
ロッキングオン8月号の特集は、富士ロックフェスティバルの10年の歴史を振り返るもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/10 11:19
生体リズム健康法 文春新書 田村康二
「思いっきりテレビ」にたまに出るらしい人の本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/07/05 22:51
Web2.0でビジネスが変わる ソフトバンク新書 神田敏晶
面白かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/03 11:36
病気は自分で見つけて自分で治す! KKベストセラーズ 石原結實
この本の著者は私の中では、 体を冷やすな! っていうことを、いつも言っているお医者さん、ということになっている。 この本にも、体を冷やしちゃいけない、っていうことが何度も書かれている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/30 22:09
イベント創造の時代 丸善ライブラリー 野田邦弘
横浜で市の職員として、 生涯学習講座、演劇公演、コンサート、舞台芸術、フェスティバル、などの文化事業の企画運営に携わった著者の、経験談と、 これからの文化行政への提言。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/29 11:17
実践 患者満足度アップ 日本評論社 前田泉
著者は、医療マーケティング会社スナッジ・ラボ株式会社の代表取締役。 それで、患者満足度調査を全国の病院や診療所などで行っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/27 10:20
新版 年収300万円時代を生き抜く経済学 知恵の森文庫 森永卓郎
モリタク氏の本を始めて読んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/25 20:06
医療事故 知っておきたい実情と問題点 押田茂実
医療事故の事例、 医療訴訟とその顛末、 医療事故に巻き込まれた時の対応、 医療事故を防ぐための病院側のとるべき方策、 などが、ぎゅぅーっとまとめられた本である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/23 21:07
機長が語るヒューマン・エラーの真実 ソフトバンク新書 杉江弘
看護師として、医療事故を防ぐための知識をなにか獲られるのではないかと思ってこの本を読んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/06/19 12:30
社会起業家 「よい社会」をつくる人たち PHP新書 町田洋次
社会起業家とはどんな人たちか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/17 21:52
「死の宣言」からの生還 実録ガンサバイバー 講談社プラスアルファ新書 岡本裕
ガンについての本を最近よく読んでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2006/06/15 22:19
間違いだらけの抗癌剤治療 KKベストセラーズ 梅澤充
抗癌剤治療の現状への批判と、著者が行う治療の実際が書かれている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 1

2006/06/12 20:40
安楽死のできる国 新潮社 三井美奈
安楽死のできる国。 オランダ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/06/11 20:37
脳は本当に歳をとるのか 青春出版社 米山公啓
脳は本当に歳をとるのか? という本書のタイトルに一言で答えるならば、 歳をとる、 としか言いようがないと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/06/08 21:13
起業の着眼点 PHP新書 邱永漢
お金の神様、邱さんの起業指南。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/06 22:17
前立腺 男なら覚悟したい病気 祥伝社新書 平岡保紀
別に私は、 前立腺が肥大していると言うわけでも、 夜間頻尿だったり、 残尿感があったり、 おしっこの切れが悪かったり、 出し切るのに時間がかかったり、 するわけでもない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/06/05 22:24
抗癌剤 知らずに亡くなる人年間30万人 祥伝社新書 平岩正樹
厚生労働省が6月1日に発表した人口動態統計では、 2005年度の癌死者は過去最多の32万人だったということだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/04 10:54
人体常在菌のはなし−美人は菌でつくられる 集英社新書 青木皐
人間の体の細胞は、60兆個くらいだけれど、人間の体には100兆個くらい細菌がいるということ。 人間は、数だけでいうなら細菌のほうがメインなんだな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/28 20:20
新潮新書 5月の新刊
今月も読まずに書く、新書の感想。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/05/28 09:14
潰れないのはさおだけ屋だけじゃなかった 宝島新書 リテール経済研究会・三銃士編著
さおだけ屋はなぜ潰れないのか、という本の二匹目のどじょうを狙ったような本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/26 23:14
医学気象予報 角川ONEテーマ21 吉田正敏 福岡義隆
気候が健康に与える影響について書かれた本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/25 22:29
「健康」と言う病 集英社新書 米山公啓
この本、2000年に第一刷がでて、2005年で第八刷。 よく読まれているようである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/05/24 10:50
自転車で痩せた人 生活人新書 高千穂遙
自転車で痩せた人=この本の著者が、 自転車に乗ることを薦めている本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/22 21:30
「へんな会社」のつくり方 翔泳社 近藤淳也
株式会社はてなの社長の本。 「はてな」という変わった社名の会社がどのような仕組みで運営され、どのような目的を持っているのか、と言うことがわかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/22 21:03
知って安心!介護の知恵袋 PHPエル新書 播本高志
介護のコツの本ではなくて、 介護保険やホームヘルパーの利用方法とか、 その他社会資源の利用方法、 老人ホームなどの施設の利用に当たってのポイント、 遺言の書き方とか、 お年寄りが巻き込まれやすいお金のトラブルについてとか、 が、書かれている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/18 11:52
代替医療 角川ONEテーマ21 上野圭一
お灸とか、漢方とか、自己治癒力とか、シャーマニズムとか、 はじめの方は胡散臭い本かなと感じたが、 読み終わったら納得した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/17 09:56
パソコン力を高める ブルーバックス 読売新聞マルチメディア取材班編
この本はパソコンの入門書。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/14 20:49
大人の自転車ライフ 知恵の森文庫 疋田智
ロックを感じる本だった。 特に第4章「自転車と街と未来と」。 自動車に偏る日本の交通行政に痛烈な批判を加えている。 205ページの6から7行目にあるように、 「馬鹿者。お前のほうがクルマから降りろ。」 なのである。 ママチャリにのって高感度アップだけをねらう政治家には、もう投票しないことにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/05/13 12:58
自分メディアのつくり方 明日香出版社 森英信 小早川幸一郎
自分メディアとは、個人が情報を発信することが出来るメディアのこと。 ブログとか、メールマガジンとかそういうもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/05/13 08:49
<旭日山動物園>革命 角川ONEテーマ21 小菅正夫
北海道の動物園なのに東京の上野動物園よりも来園者が多くて、 日本一の動物園、 とマスコミなどでも取り上げられた、旭山動物園の園長の書いた本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/11 10:11
平凡新書 4月の新刊
田舎で暮らす! 著者 田中淳夫 読んだ。いつか田舎に帰ろうと思っているわたしには面白かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/08 17:26
田舎で暮らす! 平凡社新書 田中淳夫
田舎で暮す、というようなことは流行っているみたいだけど、 いいことばかりでもない。 不便もあるし、近所づきあいもあるし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/08 17:04
「コレステロール常識」ウソ・ホント ブルーバックス 田中秀一
コレステロールが健康に与える影響について、 常識のようにされているものが、実は科学的根拠がなかったりする、 というような話や、 基準値や治療方針が医者の都合で決められている場合がある、ということが書かれている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 14 / コメント 0

2006/05/07 11:14
家庭の医学 朝日新聞社 レベッカ・ブラウン著 柴田元幸訳
題名から想像したのと内容は少し違っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/06 12:38
記憶力を強くする ブルーバックス 池谷裕二
記憶のメカニズムから、どうすれば記憶力を高められるかということが説明された本。 わかりやすいし、読んでいると脳科学という学問分野は面白そうだな、と、思えてくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/05 12:47
グーグルGoogle 文春新書 佐々木俊尚
グーグルという会社がすごいということは聞いていたけど、 こんなにすごいとは知らなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/04 21:56
ひらめき脳 新潮新書 茂木健一郎
テレビ番組「世界一受けたい授業」とかにでていた著者の著書。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/04 21:21
無敵のバリアフリー旅行術 岩波アクティブ新書 おそどまさこ
よい本だと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/02 11:08
考えるコンテンツ「スマーティブ」 丸善ライブラリー 本位田真一ほか
ネットの新しい技術の本だと思って読んだけど、 内容はよくわからないことだらけだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/01 22:16
地域リハビリテーション 岩波アクティブ新書 長谷川幹
本書の三分の二くらいは、教科書的な内容で、引用も多くて、水増し?のような感じがする。 もう少し、 著者の実体験に基づいた地域リハビリテーションへの取り組みや、 このような実践が行われていますという実例などを、詳しく書いてほしかったと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/01 11:18
医療の値段 岩波新書 結城康博
医療の値段はどこで決められているのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/27 21:07
基本から勉強しなおすとする
病棟に新人が着たので私が指導係としていろいろ教えているのだけれど、 そうすると自分の中でも、勉強したけどわすれてしまっていることとか、 あいまいなことが出てくる。 ということで、 脳神経外科看護のポイント220 この本を買ってきて勉強中。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/26 21:58
ブログ進化論 講談社プラスアルファ新書 岡部敬史
「このブログがすごい!」と言う本のことは、ブログを開設している人ならたいてい知っていると思う。 その本の編集者である著者が書いた、ブログについての話の本。 ブログ進化論。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/04/24 11:54
新潮新書4月の新刊
新潮新書の4月の新刊にはさだまさし氏の著作も登場。 多才な人だなと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/22 21:45
現代日本の問題集 講談社現代新書 日垣隆
この人の本には、しばしばロックを感じる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/22 19:00
角川ONEテーマ21 4月の新刊
旅のハプニングから思考力をつける! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/19 21:41
文春新書4月の新刊
新書新刊の紹介。 全部読んでいるというわけでもなけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/19 21:26
元気がでる介護術 岩波アクティブ新書 三好春樹
面白かった。 介護について書かれた本なのに、なぜか内容にロックを感じた。 すごい本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/19 11:18
生活習慣病の落し穴 NHK出版 田上幹樹
この本は、生活習慣病クリニックで診察をしている医師と患者のやり取りが書かれている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/04/15 13:55
医療・保険・福祉改革のヒント 中公新書 水野肇
1997年発行の少し古い本で、出ている数字的なものも古いけれど、本書の内容や取り上げられている問題はぜんぜん古くないと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/04/11 09:23
病院なんか嫌いだ 集英社新書 鎌田實
私も、病院なんか嫌いだ。 しかし私の場合は、職場として。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/04/10 12:25
ブレインナーシング3月号
ブレインナーシング (第22巻3号) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/06 22:34
ファシリテーション革命 岩波アクティブ新書 中野民夫
ファシリテーションとは、促進するというような意味を持つファシリテートという英語の名詞形。 それでファシリテーターとは、 新しいタイプの会議というか、ワークショップというか、話し合いの場で、 その進行を促進する人のこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/04/05 23:02
決断力 角川プラスONEテーマ21 羽生善治
将棋の羽生氏の本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/04/03 23:16
迷わず買いましょう。ロッキング・オン5月号。
ロッキング・オン5月号は、11曲入りの最近の若手バンドのコンピレーションCDがついて630円。 信じられないくらいお得です。 1500円くらいまでなら、毎回CDつきでも毎回買うと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/02 18:50
<ハッキリ脳>の習慣術 角川プラスONEテーマ21 高田明和
脳のことがもっと書かれた本かと思ったら、そうではなかった。 脳のことよりも、仏教とかの話のほうが多いように思う。 あとは、太陽の光に当たろうとか、笑うことの大切さとか、過去のいやな出来事は思い出さないようにしよう、とか、そういう話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/31 09:02
命に値段がつく日 中公新書ラクレ 色平哲郎+山岡淳一郎
面白かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/28 22:08
脳と音読 講談社現代新書 川島隆太 安達忠夫
教育に携わる文学者と、脳科学者の共著による、 音読が脳にどのような影響を与えるか、 ということについて書かれた本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/25 11:23
起業家の条件 平凡社新書 黒崎誠
23の起業物語がかれている本。 その企業名をひとつずつあげてみると、 ポラスグループ、 丸和運輸グループ、 ヨコモ、 光陽ホールディンググループ、 プラッツ、 ワイエイシイ、 アイディーユー、 国際基盤材料研究所、 イー・アクセス、 ぐるなび、 トッキ、 GDH、 東京山喜、 パラマ・テック、 タカショー、 エポック・ジャパン、 レキオ・ファーマ、 桜ゴルフ、 ギャレリアコレクション、 クオレ・コーポレーション、 サキコーポレーション、 やさしい手、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/24 21:43
インターネット完全活用編大学生のためのレポート・論文術 講談現代新書 小笠原喜康
インターネットを使った、情報検索の方法、論文の書き方について書かれた本。 情報検索の方法については、初歩的なことから具体的に書かれていて、 未知のテーマを調べるときどのようにネット検索をすると頭の中の整理がすすむかもしくはネットの海でおぼれてしまって混乱するだけで終わらないか、 ということがわかると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/03/21 11:47
不老不死のサイエンス 新潮新書 三井洋司
不老不死。 小さいころは、すばらしいことだなと思っていたけど、 最近はそれほどでもない。 不老不死まではいかなくても、200年くらい生きられればいいかなと思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/21 11:09
入門 ビジネスRSS―ビジネスで差が付くRSSのしくみと応用 ケイズプロダクション著 
RSSとは何か? ということでこの本を読んだ。 それで、RSSは便利そうだということがわかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/03/13 12:36
ピロリ菌 祥伝社新書 伊藤愼芳
私の父は胃癌で死んだ。 胃癌とピロリ菌の関係は以前から聞いたことがあったが、 胃癌の患者の90パーセント以上(98パーセントとする研究もあるとこのこと)がピロリ菌に感染しているということがこの本でわかった。 そして、ピロリ菌の除菌が広く行われるようになれば、日本における胃癌の発生が劇的にへらせるかもしれないということも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 0

2006/03/12 15:17
社会人から大学教授になる方法 PHP新書 鷲田小彌太
突然ですが、グーグルのアドシーンに登録した。 ガンガン金を稼ぎたい、 けど、多分無理だろう。 ちょっとでも売り上げがあったら、とくなが君のスポンサーになろうと思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/09 19:24
効果10倍の<教える>技術 PHP新書 吉田新一郎
私の仕事のことだけど、 私は来年度から新人指導に当たらなければならないということになっている。 それで、このようなタイトルの本を読んだりしているのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/07 22:05
99.9%は仮説 思い込みで判断しないための考え方 光文社新書 竹内薫
本書では非常にわかりやすく科学のことが語られていたが、内容には物足りなさを感じた。 飛行機が飛ぶ理由が実はよくわかっていない、 という取っ掛かりのうまさにまんまと乗せられた気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/05 14:47
ウェブ進化論 ちくま新書 梅田望夫
面白かった。 久々にこの言葉でブログを書き始めたと思う。 ほんとに面白かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/03/03 12:32
医者に遠慮する患者は長生きできない KAWADE夢新書 中原英臣
この本は、病院のかかり方、特に医者に診てもらう時のコツについて、一般的なことが書かれた本だと思う。 インパクトのあるタイトルのわりに、 中身は普通なきがする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/28 21:47
免疫と腸内細菌 平凡社新書 上野川修一
今年も花粉症の季節となりつつある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2006/02/27 08:19
蕎麦屋になりたい 実践!手打ち修行の一週間 祥伝社新書 金久保茂樹
料理の作家であり料理評論家である著者が、蕎麦屋で一週間修行した、という話が書かれた本、 というだけではない。 この本を読めば、蕎麦屋になるための実践的なノウハウがわかると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/24 17:09
父の文章教室 集英社新書 花村萬月
花村萬月という人の著作は、実はこの本が初めてだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/02/22 11:03
自分で調べる技術 市民のための調査入門 岩波アクティブ新書 宮内泰介
何かを調べたいときに、その調べ方とまとめ方の参考になる本。 大学生が論文を書くとき、社会人がプレゼンテーションするとき、などにも役に立つと思う。 説明も非常にわかりやすかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/17 22:11
脂肪を燃やすトレーニング 体験的マフェトン理論 宝島社新書 藤原裕司 
マフェトン理論。 この理論の名前自体は聞いたこと無いけど、たぶん有名なんだろうと思う。 大学のころは陸上部の長距離ブロックだったけれども、この本にあるようなトレーニングをどこか別のところで読んで実行していたから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/16 22:50
人間は遺伝か環境か?遺伝的プログラム論 文春新書 日高敏隆
人間は遺伝か環境か? その答えは、 両方。 この本によると、大枠は遺伝で、その具体化のされ方が環境によって変わるのだということ。 当たり前といえば当たり前の答えだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/15 22:28
水で血液サラサラ 宝島社新書 別冊宝島編集部編 
水を飲もうということが書かれた本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/15 22:01
治療薬マニュアル2005 医学書院
これは薬の辞書。 よくお世話になっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/12 10:16
国家の品格 新潮社新書 藤原正彦
誰かに言われるまでもなく、 日本と言う国も好きだし、自分の生まれた場所も好きなので、 それを改めて強調するために書かれただろう本には初めはあまり興味なかった。 でも、売れているようなので読んでみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/02/11 22:11
院内感染予防対策Q&A200―現場の生の声に答える  高橋成輔監修
あさって、病棟でMRSAの感染対策についてまとめて発表しなくてはいけないので最近そのようなテーマの本をよく読んでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/08 22:43
脳の栄養失調 脳とダイエットの危険な関係 ブルーバックス 高田明和
面白かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4

2006/02/07 13:46
フリーズする脳 生活人新書 築山節
面白かった。 少し前に読んだ「ゲーム脳の恐怖」と言う本とは比べ物にならない説得力。 結局「ゲーム脳」というのも、ゲームばかりをすることによって脳の機能の一部だけしか使用しなくなるために起こる弊害なんだろう。 つまり、 ゲームをする、のが悪いのではなくて、 ゲームばかりしている、のが悪いのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/07 12:56
工藤公康「42歳で146キロ」の真実 食卓発肉体改造 講談社プラスアルファ新書 黒井克行
42歳で146キロのスピードボールを投げた現巨人軍の工藤投手。 その理由を、工藤投手の食生活から解明しようという主旨の本書。 面白かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/07 12:25
仕事のパソコン再入門 光文社新書 舘神龍彦
前にもどこかで書いたけど、 来年度から看護師として働き始めるような人にアドバイスしたい。 パソコンを覚えておきましょう、と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/05 19:04
ゲーム脳の恐怖 生活人新書 森 昭雄
ちょっと前に出た本。 脳について書かれた本をなるべく読んでいってみようと思っているので、読んでみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/02/04 21:54
養生の実技 角川ONEテーマ21 五木寛之
五木寛之氏の体験に基づいた健康法の説明書。 健康法とはいっても、ここに書かれいることは生き方のヒントみたいなことだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/02/03 08:42
「幸せ脳」は自分でつくる 脳は死ぬまで成長する 講談社プラスアルファ新書 久恒辰博
本書を読んで、増殖しないと教わったような気がする脳細胞が死ぬまで増え続けているらしいということはわかった。 でも、 幸せ脳、というのがよくわからなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/31 22:35
クルマを捨てて歩く! 講談社プラスアルファ新書 杉田聡
この本、絶賛する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/30 15:35
「暮らす!」技術 宝島新書 辰巳渚
少し前に売れた、「捨てる!」技術、という本の続編的な本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/28 09:34
理系のためのインターネット検索術 講談社ブルーバックス 時実象一
インターネットによる情報の検索術についてかかれた書籍はたくさんあると思うけど、 「理系のための」と限ったものになると少し少ないかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/01/26 22:04
糖尿病は薬なしで治せる 角川ONEテーマ21 渡邊昌
私はまだ糖尿病じゃない。 でも、そのうちなるだろうなと思う。 看護師というストレスフルで不規則な生活を続けていたら間違いなくなるだろう。 病棟の婦長さんも糖尿病らしく、経口血糖降下薬を飲んでいるそうだし、 主任さんも高血圧らしいし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 18 / コメント 0

2006/01/25 22:49
マニュアル不要のパソコン術 ブルーバックス 朝日新聞be編集部
パソコンの入門書のようなブルーバックス。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/23 09:54
お助け感染対策Q&A メディカ出版 浦野美恵子
またしても、感染予防・管理コンサルタントである浦野さんの本の紹介。 この人の研修に参加してから、ちょっとした浦野ブームなのかもしれない。 というか、 ただこの人がたくさん感染の本を書いているからなのだろうが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/20 22:53
まる儲け!商売成功のための極意 角川ONEテーマ21 大田勝
ヴァーナルという化粧品会社の社長の本。 3分の1くらいは化粧品の宣伝のような気もする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/20 22:29
実践 MRSA対策 メディカ出版
院内感染の代表であるMRSAの対策について書かれた本。 病棟の学習会で、来月までにMRSAの感染対策についてまとめて発表しなくてはならないのでこの本を読んだ。 対策については処置別や科別でまとめられていてかなり網羅的なので、一冊読んだらそうとう詳しくなれると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/01/19 21:58
超バカの壁 新潮新書 養老孟司
ベストセラーになるだろうと思ったのであらかじめ読んだ。 この本、20日が初版ということになっているけれど、本屋には17日ころからおいてあったような気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/01/19 12:22
美しい日本の掲示板 洋泉社新書 鈴木淳史
ネット上の掲示板について述べられた本。 おもに毎回何かとお騒がせな巨大掲示板「Aチャンネル」について書かれている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/17 10:19
仕事で「一皮むける」 光文社新書 金井壽宏
44人分の仕事で一皮むけた体験が書かれた本。 それら各人の体験から抽出されるものを、 どうやったら自分のキャリアにおいて生かせるだろうか、ということが考えられると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/14 10:56
ナースのためのすぐわかるインターネット文献検索 金芳堂 
ナースにとっても、パソコンを使いこなせるようになるということは必須のことになっているようだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/13 16:37
嚥下障害食の作り方(改訂版) 日本医療企画 
訪問看護師である私の奥さん訪問先に、 嚥下障害のある利用者(訪問看護では看護する相手のことを患者、ではなく利用者と呼ぶらしい。)さんがいる、ということで奥さんが買ってきて読んでいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/13 16:18
入院児のための遊びとおもちゃ 中央法規 病児の遊びと生活を考える会編
ここ何冊か、奥さんの書棚の本ばかり紹介している。 (そこまでしてアフィリエイトで儲けたいのか? という感じもするが、 実際には月々数百円程度しかアフィリエイトからの報酬はなく、 書籍の購入やネット接続にはあわせてつきに数万円はかかってますから、 全然割に儲かってはおりません。 アフィリエイトは儲かります、というような本がたくさんでていると思うが、 あんなのは嘘っぱちだ。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/13 15:56
ALS不動の身体と息する機械 医学書院 立岩真也
これも、私の奥さんの書棚にあった本で、私は読んでいない。 難しそうな本である。 タイトルからして、哲学的。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/13 15:36
難しい患者さんとのコミュニケーション・スキル―心を通わせる27の方法 金芳堂 ジョイ・ダクスベリー著
私の奥さんの書棚にはこのような本がいくつかある。 患者さんとのコミュニケーションに悩んだときとかに、一冊づつくらい増えているような気がする。 頭が下がる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/13 15:19
心療内科医久松由華のなくそう!コミュニケーションバリア 中山書店 久松由華
私の奥さんの書棚にあった本。 私の奥さんも看護師なので、看護系の本をいろいろと読んでいます。 おそらく私よりもたくさん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/13 15:05
怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか 新潮新書 黒川伊保子
怪獣の名前にはなぜガギグゲゴがつくのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/01/13 14:40
進学・資格・海外留学・ボランティア―ナースのためのステージアップナビ  メディカ出版
ナースのためのキャリアアップの方向を紹介した本。 専門看護師のこととか、大学や大学院への進学、海外留学、ボランティア、などの進路が紹介されている。 さまざまな進路をたどった経験者のコメントも読める。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2006/01/11 22:36
新人ナース・プリセプティ即戦力すくすく育成プラン!―看護の質と患者満足を高める看護手順 メディカ出版
来年は私もプリセプターです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/09 16:42
そんなパソコンファイルでは仕事ができない! 青春出版社 鐸木能光
この本の著者が指摘するような、ダメなパソコンファイルで仕事をしている私。 仕事、というか、趣味、だけだけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/01/09 13:57
大人のための3日間楽器演奏入門 講談社プラスアルファ新書 きりばやしひろき
楽器挫折者救済合宿、 というのを開催しているミュージシャンでもある著者の書いた、楽器演奏の入門書。 とても面白く読んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/07 22:10
私も入りたい「老人ホーム」 NHK出版 甘利てる代
老人ホームについて書かれた本。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/01/02 12:14
裏技パソコン術 青春出版社 コスモピアパソコンスクール編
本書にはパソコンの裏技が書かれているということだが、 それほど裏ではないと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2005/12/30 21:39
必笑小咄のテクニック 集英社新書 米原万里
本書は、世にある小咄の笑いの要素を分析しそのテクニックを身につけようという主旨で書かれている。 例となる小話の解説のあとに、落ちを考えなさい、という応用問題が載せられていて、 それに解答してゆくことであなたの笑いのセンスもアップ、 するらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/26 09:06
人にいえない仕事はなぜ儲かるのか? 角川ONEテーマ 門倉貴史
日本経済新聞の12月22日夕刊の書評では三ツ星だった。(最高は5ツ星) 私の評価もそのくらい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 17 / コメント 0

2005/12/23 20:13
ぼけの予防 岩波新書 須貝佑一
ストレートなタイトルの本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/23 09:39
超実践!ブログ革命 共感が広がるコミュニティ作り 角川ONEテーマ21 増田真樹
超簡単!ブログ入門の続編。 内容の役立ち度からいうと、「超簡単!」のほうには遠く及ばないと思う。 それに、この手の内容の本ならすでにほかにたくさん出ているとも思う。 出すのちょっと遅かったんじゃないだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/12/20 22:31
駅伝がマラソンをダメにした 光文社新書 生島淳
タイトルをより正確に説明すると、 駅伝をテレビなどでを大々的に取り上げるマスメディアが、マラソンをだめにした、 ということになるのだと思う。 それでそのことをもう少し追求すると、 マスメディアも駅伝番組が視聴率を稼げるということで駅伝を大々的に取り上げるようになったということなのだかlら、 駅伝のスポーツとしての魅力がマラソンをだめにした、 ということにもなるのだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2005/12/17 13:31
根拠がわかるナース・薬剤師のための医薬品Q&A 南江堂 
薬の知識の本。 Q&A方式でまとめられている本書のQの項目は、少し薬に対する意識の高い患者さんに聞かれたりする内容のものがあったりする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/12/16 12:34
副作用その薬が危ない 祥伝社 大和田潔
不安をあおるタイトルだと思ったが、 読んでみたら、体の仕組みの基本的なところから説明されていて、信頼できる内容ではあると思った。 しかし、著者の語り口や紹介されている事例もほとんど当たり障りのないもので、タイトルほどにはあまり引っ掛かりの無い内容だとも思った。 可もなく不可もなく、といった感じ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/16 11:01
脳外科の話 ちくま新書 神保実
脳外科医の書いた、脳外科の領域で扱われる疾患の話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/15 21:59
医学は科学ではない ちくま新書 米山公啓
タイトルの、医学は科学ではない、ということについて反論は無い。 ただ、基礎医学は一応は科学だろうと思う。 だから、臨床医学は科学ではない、といったほうがより正確だろう。 しかしそれではタイトルとしてはあまり面白くない。 最近の新書によくあるように、タイトルばかりがセンセーショナルでなかみはそれほどのことは無い、というパターンは、残念ながらこの新書にも当てはまると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/12/13 17:40
「ゆる」身体・脳革命 講談社+アルファ新書 高岡英夫
身体をゆるめること(著者の言う「ゆる」)は、スポーツ科学における革命か? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/12 10:06
いまどきの「常識」 岩波新書 香山リカ
この人の本は始めて読んだけど、全体としてはあまり面白くなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/11 18:34
心電図を学ぶ1
心電図が読める看護師はすごいと思う。 そういう私は、心電図が読めない。 何度か読めるようになろうとチャンレンジして、ある手度はわかるかなと思うようになっても、そのうち忘れてしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/12/08 21:01
オニババ化する女たち 光文社新書 三砂ちづる 
アマゾンの書評をみたら、この本に関しては今日(12月8日)現在280ものレビューがかかれいていた。 当然賛否慮論あるのだけど、多くの人が何らかのレスポンスを返したくなるような本なのだと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/12/08 20:21
水族館の通になる 祥伝社新書 中村元
この祥伝社というあまり聞いたことの無い出版者からでている新書は、内容にちょっとオタクのにおいのするものが多い気がする。 この本の内容も、新書にするほどの知識だろうか?と思ったりもする。 でも、結構楽しく読んだけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/12/06 16:48
できる 100ワザ ブログ  アフィリエイトも楽しめるアクセスアップの実践テクニック
この本は、できる100ワザ アフィリエイト―ホームページでがっちり稼ぐ実践ノウハウという本よりも先に読むべきだったと思う。 この二冊を読んでおけば、ブログでアフィリエイトして稼ぐ方法の基本は身につくと思う。 それで、ブログについての一番初めの導入としては超簡単!ブログ入門 角川oneテーマ21を読んでおくとよいと思う。 私はこの本でブログを知り、今まで継続できている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 21 / コメント 0

2005/12/05 10:44
国富消失 新潮新書 葉山元
面白かった。 こういう話には疎いので、本書を読んで得られたものは大きかったと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/04 21:55
医者がすすめるウオーキング 集英社新書 泉嗣彦
新書の中でこの集英社の新書は、値段が600円台のものが多くて比較的安いと思うのだけど、 その分ちょっと内容も少なめで、 すぐに読めてしまうものが多いような気がする。 本書も、今日の通勤の行きと帰りの一回分でで読めてしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 22 / コメント 0

2005/12/02 22:35
自宅入院ダイエット 集英社新書 大野誠
私は今晩、カツカレーとポテトチップス一袋と豚マンを食べてビール350ml一缶を飲んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 24 / コメント 0

2005/12/01 22:39
転倒・骨折を防ぐ簡単!運動レシピ―60歳からでも間に合う、寝たきりにならないからだづくり 主婦の友社
高齢者は転んではいけない。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/11/30 22:37
できる100ワザ アフィリエイト―ホームページでがっちり稼ぐ実践ノウハウ 小林智子ほか
この本を読んだ理由は、 私のブログで行われているアフィリエイト(アマゾンなので性格にはアソシエイト)による売り上げがちっとも伸びない(性格には微増しているが)からだ。 来年度より私の職場でも人件費削減で給料がちょっと下がるらしく、そんな寂しい話を聞いていると、どうにかしなければと思うようになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 18 / コメント 0

2005/11/30 22:22
人は見た目が9割 新潮新書 竹内一郎
この本、売れているらしいが、それほど面白いとは思わなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/11/30 11:04
老いはこうしてつくられる 中公新書 正高信男
最近読んだ本の中ではぴかいちに面白かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/29 15:14
痴呆性高齢者ケア 中公新書 小宮英美
面白かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 32 / コメント 0

2005/11/28 12:04
健康食品ノート 岩波新書 瀬川至朗
面白かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2005/11/25 18:21
脳から見たリハビリ治療 講談社ブルーバックス 久保田競 宮井一郎 
最新の脳科学により導き出される、効果的ななリハビリテーションの方法論とは? そんな内容の本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/11/21 18:48
「散歩学」のすすめ 中公新書ラクレ 古川愛哲
面白かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/20 12:58
下流社会 光文社新書 三浦展
ベストセラーになっているので読んだ。 期待したほど面白くはなかった。 階級意識などに関するアンケート調査の結果を考察してゆくところでは、私なんかには数字を追うのがかなり面倒に感じられた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/16 22:45
個人美術館への旅 文春新書 大竹昭子
著者が尋ねた個人美術館が紹介されている本。 個人美術館とは、一人の芸術家の作品を集めた美術館のこと。 紹介の仕方がとても上手なので、実際に行ってみたくなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/11/15 18:49
YOSAKOIソーラン祭り 岩波アクティブ新書 坪井善明 長谷川岳
北海道のYOSAKOIソーラン祭りという祭りを作った人の話。 祭りの作られたきっかけから、初めて祭りを運営するまでのいきさつ、2002年あたりまでの祭りを運営する組織と、祭りそのものの変遷、NPOという組織の組織論、などがかかれている。 一人の大学生が祭りをやろうと思いつくところから、それが巨大なイベントに成長するまでの流れが、読むと疑似体験できると思う。 読んだからといってまねできるということは無いけど、 祭りを作った、長谷川岳という人の行動力とリーダーシップは凄いなと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/11 18:22
エビデンスに基づく転倒・転落予防 中山書店 泉キヨ子
泉キヨ子さんの公演を聞いて、買った本。 公演がいまいち良くわからなかったので、逆に本を買いたくなったということもあるな。 公演の途中ちょっと寝てしまったけど、この本は結構勉強になった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/09 22:40
わかる!できる!急変時ケア 学研 編集中村美鈴
この本の一つ古いバージョンを新規のころに買った。 というか、半分くらい買わされた。 それは、この本を読んで研修に参加せよ、というようになっていたから。 そのせいで、名古屋市内の看護系の本が置かれている本屋から一時的にこの本が消えたらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/08 12:24
最新褥瘡ケア・マニュアル―最新の予防・治療法から褥瘡対策チームによるケアまで
私はこの本の2004年の第二版を買って褥瘡の勉強をした。 このとき、病棟の褥瘡対策班だったから。 それで、病棟の他の看護師に知識を伝えることを行ったりした。 入門的に読むにはちょっと細かすぎる本かもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/11/07 22:22
エビデンスに基づく感染予防対策―病院感染予防の最新知識と、看護処置別感染管理の具体策
この本の監修者である浦野美恵子というひとの公演を聴いたら、わかりやすくかったのでその著書も買ってみた。 そしたらこれもなかなか勉強になったと思ったので紹介しておく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/07 21:56
ブレインナーシング
脳神経外科病棟に勤務する看護師向けの雑誌。 脳神経外科に勤めている看護師なら、言われなくても知っていると思う。 そのくらい有名かつ有用だと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/07 21:43
ナースのための電子カルテ導入・活用ガイド
いつも、仕事とはあまり関係の無い本の紹介ばかりしているので、こいつはあまり熱心に働いていないんじゃないかと思う人もいるかもしれないので、 仕事に関係した本で呼んだものを紹介していこうかと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/11/07 21:26
体験ルポ世界の高齢者福祉 岩波新書 山井和則
面白かった。 1991年発行の本だけど、2004年7月までに31刷が出ている。 名著だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/11/07 11:17
デジカメだからできるビジネス写真入門 岩波アクティブ新書 田中長徳
この本、2002年に出たものであるので、進歩の早いデジカメについての本としてはすでに古い部分もある。 でも、デジカメを使うときの心構えみたいなものとしてはまちがったことは言っていないと思う。 タイトルではビジネス写真と限定されているが、特に限定する必要の無い心がまえだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/11/05 10:02
命をみとる看護 講談社プラスアルファ新書 大坪洋子
看護師が書いた本。 著書は、私が生まれたころから看護師(当時はもちろん看護婦)として働いていた人だから、私なんかとは語りのレベルが違う。 でも、この本にあるような結構感動的でさえある看取りの場面て、あんまり無いような気もするのだけど。 それは私が未熟なせいなのかもしれないけれど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/04 22:34
図書館を使い倒す! 新潮新書 千野信浩
このインターネット全盛の時代に図書館の利用方法の新書とは!? でも、だからこそ図書館が有効なのだということが、読めばわかるはず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/03 12:23
地球と生きる「緑の化学」 中公新書ラクレ 読売新聞科学部
地球環境にやさしい科学技術について書かれた本。 読んでいて、少し未来に希望が持てた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/11/01 11:15
間違いだらけのアトピー治療 新潮新書 竹原和彦
面白かった。 私は特に、アトピーに悩まされてはいないが、悩まされている人はこの本は必読だと思うし、皮膚科の医師等の医療関係者も読んでおいたほうがいいと思った。 科学的論理的に物事を考えていんちき療法にだまされない知恵も、この本を読むと少し身につくのではないかと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 0

2005/11/01 10:39
地方からの変革 角川ONEテーマ21 平松守彦
大分県の県知事だった人が書いた本。 この人、一村一品運動などのユニークな手法で地域振興を図ったとかで、そのような分野では第一人者らしい。 その人の手前味噌的な提言書。 自画自賛?な感じのところも多々あり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/28 08:34
まちづくりの実践 岩波新書 田村明 
1999年に初版が発行されたこの本、2005年には第五版まで出ている。 そんなに売れそうなテーマの本では無いけれど、これだけ版数を伸ばしているてるということは、名著なんだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/25 23:18
拝啓、患者サマザマ 中公新書ラクレ 入野忠芳
人情味あふれる医師のエッセイ。 それだけの説明で充分なきもする。 著者は関西の人ということで、落ちも考えられていて面白く読める。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/22 16:19
自宅で死にたい 祥伝社新書 川人明
うちの父は胃がんだったが、自宅では死ねなかった。 本書を読みながら、父の最後のことなどを思い出して、少し涙が出た。 この本の、感情的でない、淡々とした語り口が、逆にこの著者の在宅医療にかける情熱を伝ていると思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 14 / コメント 1

2005/10/21 18:31
森の力 講談社プラスアルファ新書 矢部三雄
森や木にまつわる雑学から、森を通して環境のことを考えるための大切な知識が書かれた本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/10/19 21:40
手術を受ける前に読む本 ブルーバックス 佐久間哲志
医者が書いた、外科手術を受ける人が知っておくべき基礎知識。 私は脳神経外科病棟の看護師だが、この本の内容を手術を受ける患者さんがきちんと知っていたら非常にありがたいと思う。 本書の内容は腹部の手術について中心なので、脳外科における手術とは少し違う部分も歩けど、基本的なことはやっぱり変わらない。 この本を読めば、きっと手術へ向けての心構えもできてくるだろうし、読まないでいるよりも納得のいく手術が受けられるようになると思う。 手術前に必ず行われる、医師のインフォームドコンセントも理解しやすく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/17 20:52
日常ながら運動のすすめ 講談社プラスアルファ新書 長野茂
この本の著者、日本で初めてフィットネスクラブを事業を展開した人らしい。 そんな著者がなんで、フィットネスクラブ無用論とサブタイトルがつけられた本を書いたのだろう? それはもしかして、多くの人がすしでも健康的な生活が送れるようにという願いからなのかもしれない。 ただ儲けたいだけなら、こんな本は書かずにフィットネスクラブ等の事業にだけ精を出していることだろう。 本の印税なんて、事業の成功に比べたらたいした額じゃないはずだ。 なのに、自分の事業にデメリットになるかもしれない内容の本を書くなん... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/10/15 11:59
週末起業チュートリアル ちくま新書 藤井孝一
私も週末起業を考えている。 それで、このブログのアフィリエイトもその一環だと考えているのだけれど、このブログ自体の収入は月に100円に満たない。 それでも、週末起業を考えている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

2005/10/12 21:31
「エコノミック・アニマル」は褒め言葉だった 新潮新書 多賀敏行
エコノミック・アニマルという言葉は、お金のことばかり考えいてる日本人のことを卑下したよび方だと一般に思われているが、 この言葉をはじめて使った人は、この言葉に否定的な意味はなんにも込めていなかったのだそうだ。 それをはじめに誤解し誤訳したあほな新聞記者や、 その後もこの言葉を否定的な意味で使い続けた自虐思考のマスメディアが、 この言葉を日本人の蔑称として作り上げたのだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/11 14:10
訪ねてみたい日本・かおり風景100選 NHK出版
環境省が選えらんだ、香りにまつわる観光名所100箇所の案内がまとめられた本。 この本に記された100箇所全部をがんばって列挙してみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2005/10/09 09:33
男は女のどこを見るべきか ちくま新書 岩月謙司
男は女のどこを見るべきか? という問いに対するこの著者の答えを要約すれば、 愛されて成長してきた女性かどうかということを見ろ、 ということだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/10/05 13:30
消費者はなぜだまさえるのか 平凡社新書 村千鶴子
期待したほどではなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/03 11:51
路面電車ルネッサンス 新潮新書 宇都宮浄人
面白かった。 路面電車は世界的には、都市交通のひとつとしてその有効性の再認識が進んでいるのだそうだ。 一方日本は? この近くでは今年だったか岐阜の路面電車も廃止になった。 (岐阜では、パルコも閉店するらしいし高島屋も結構な赤字らしいし。高松競馬もなくなりそうだ。岐阜は元気の無い都市だな。) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2005/09/30 21:22
ロッキング・オン10月号には、9曲入りのCDがついている
洋楽の雑誌の話をしようと思う。 洋楽の雑誌には、二種類あって、大別するとそれはミュージックマガジン派とロッキング・オン派なんだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/09/29 12:06
高血圧は薬で下げるな! 角川ONEテーマ21 浜六郎
こんなタイトルの本出したら、患者さんが薬飲まなくなってしまって困るだろう、 と、看護師の私なんかは思った。 しかし、本書を読んでみて、やっぱり飲まないほうがいいのかもな、と思うようになった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 8 / コメント 0

2005/09/25 20:40
血圧革命 講談社プラスアルファ新書 高沢謙二
どこがどのように革命なのかよくわからない。 上の血圧が160だけど下の血圧が70だから安心だ、なんて思っているひとは世の中にどのくらいいるのだろうか? 少なくとも、看護師にはいないだろう。 なので、私にとってはこの本はぜんぜん革命では無い。 凄いこと書いてありそうだと思ったので損した気がちょっとした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/09/22 21:25
心を商品化する社会 洋泉社新書 小沢牧子 中島浩籌
面白さはまあまあかな。 内容的に間違ったこといってはいないと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/18 20:16
スポーツ名勝負物語 講談社現代新書 二宮清純 
また、二宮さんの本。 面白い買ったので立て続けに買ってきて読んだのだった。 そしたら、少し前にも読んだような気がする内容の部分を読む羽目になったが、やっぱり面白かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/09/18 19:48
スポーツを「視る」技術 講談社現代新書 二宮清純
二宮さんのスポーツノンフィクション。 いつものことながら面白い。 しかし、その面白さはやっぱりスポーツ自身の面白さに追うところが大きいのだと思う。 でも、私のような凡庸な人間には誰かに解説してもらわねばスポーツの一瞬の出来事の意味が理解できないことがあるのも確かなこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/09/18 18:05
日本映画はアメリカでどう観られてきたか 平凡社新書 北野圭介
タイトルからわかるとおり映画について書かれた本。 出てくる映画は、 「羅生門」 七人の侍 黒澤明 「雨月物語」 溝口健二 「愛のコリーダ」 大島渚 「東京物語」 小津安二郎 「タンポポ」 伊丹十三 「家族ゲーム」 森田芳光 「逆噴射家族」 石井聰互 「アキラ」 大友克洋 「もものけ姫」 宮崎駿 ほか。(ちょっとだけ触れられているものを入れたらもうすこしたくさん映画名が登場する) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/16 13:17
映画から見えてくるアジア 洋泉社新書 佐藤忠男
面白い本だった。 アジア諸国の映画について、知らなかったのでとても勉強になった。 イランにもトルコにもモンゴルにも、すぐれた映画があるらしいのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/09/12 21:17
テレビ制作入門 平凡社新書 山登義明
テレビ番組の制作、特にドキュメンタリー番組の制作に関する本。 内容的には、テレビ業界のこれから入ろうかなと思っている人以外が読んでもあんまり面白く無い気がする。 そのくらい、細かなことというか、概念的なことよりもマニュアル的なことが書かれている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/11 21:49
カーニヴァル化する社会 講談社現代新書 鈴木謙介
この著者、若いなと思う。 私のひとつ上。 このくらいの年齢でも、社会学の分野で一冊本が書けるなんてすごいなと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/10 17:35
デジタルの仕事がしたい 岩波ジュニア新書 杉山知之編
ジュニア新書だけれども、ジュニアだけに読まれているだけではもったいないと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/10 09:39
フルーツ薬効学 中公新書ラクレ 川鍋亮
どんなフルーツがどんなふうに体にいいかが書かれた本。 取り上げられているフルーツは、 ブドウ リンゴ ナシ イチジク カキ ザクロ ミカン ユズ シイクワシャー キウイフルーツ キンカン イチゴ レモン ウメ ビワ モモ スモモ サクランボ スイカ メロン アンズ ブルーベリー バナナ グレープフルーツ パパイア パイナップル マンゴー アボガド ココナッツ グァバ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/09/08 08:51
勝者の思考法 PHP新書 二宮清純
二宮清純という人、大変面白い記事を書くスポーツライターだと思うけど、この名前の「清純」てすごいなと思う。 ちなみに、私は不純。 これは、皮肉っているわけではない。 清純氏の書く記事は、いつも、スポーツを愛するという部分において実際に非常に清純だと思う。 読むだけで、こちらの心もちょっと清く正しくなる感じがする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4

2005/09/08 08:38
大人もハマる週末面白実験 講談社ブルーバックス 左巻健男 滝川洋二 こうのにしき
この手の本、ブルーバックスは好きだなと思う。 多分、出すと売れるんだろう。 科学実験のちょっとしたブームは、今も続いている気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/09/05 19:23
もっと子供にうける科学手品77 講談社ブルーバックス 後藤道夫
今だと、あ、あの人だれだっけ。 米村伝次郎だか源次郎だかっていうひとが、笑っていいともにまで出てこの本にあるような実験を大々的にやってますね。 だけど、大学の先生がテレビ番組に出て簡単な実験を披露して喜んでいるのって、どうなのだろうかと思うこともある。 もっと、大事な仕事があるんじゃないだろうか? そんな気がする。 子供に向かって、この本にあるようなことをやって、どうだ父さんはすごいだろ、って感じでちょっと自信満々なくらいのほうが、いいと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 4

2005/09/05 19:10
年中使える実用はがき・手紙データ集 ナツメ社
この本を利用して、去年の年賀状を作った。 このような本を使えば、とりあえず、まあがんばったな、くらいのものはできると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/05 11:34
手づくり木工事典 婦人生活社
この本も、ちょっと古いです。 平成11年発行。 しかし、こういった木工製品に関する技術はそれほど進歩は早く無いだろうと思いますので、多分今でも通じるだろうと思います。 あくまでも、希望的観測ですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/05 11:28
身近な花でドライフラワー 農文脇 冨田きよむ 冨田朋代
ドライフラワーに興味のあったのはいつのころだったかあまり記憶に無い。 なんでかしら無いけど、こんな本までうちの本棚にはあって、この事実は、わたしの興味関心というのが致命的なくらい移ろいやすいということを示しているのだと思う。 あきっぽいということ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/05 11:13
やさしい草木染め ブティック社 
なんか、それに打ち込めることは無いかと考えている。 それで、それでお金ももらえたらなお良い。 自分の手で作ったものが売れて、お金がもらえるなんて、幸せなことだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/05 11:04
わが家ではじめる太陽光発電 合同出版 太陽光発電所ネットワーク編
自給自足の生活がしたいなと小さいころ思っていて、いや、今でも思っていないことは無いのだが、 そのためには何が大切かと考えると、食べ物とエネルギーだな、という考えに行き着く。 それで、そのエネルギーは太陽光を利用すればいいんじゃないかと単純におもって、このような本を読んでみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/09/05 10:52
アート・オブ・フォーキー 音楽之友社 監修 鈴木カツ
今日は手当たり次第に本を紹介している感じだが、台風が来ていて雨なので、外に出られないので仕方が無い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/05 10:41
Wordできれいな印刷物や自分だけの本を作る本 技術評論者 
これも、私のなかのなんか自分でものを作って見たいな、という欲求に答えるために買ってきて読んだ本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/05 10:19
セキユリヲさんの雑貨のつくりかた 芸術出版社 みずゑ編集部編
本書を本屋で見つけて、ぺらぺらと中を見たらとてもきれいだったので買った。 しかし、本書にあるようなセンス、私には無い。 そして、もしもこんなセンスがあったとしたら、きもい。 まったく似合わないのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/09/05 10:08
無料でつくるはいせんす雑貨 翔泳社 奈和浩子
ちょっと前にアオキさんに、もりやよTシャツを作れ、って言われたので、それいいかもとちょっと思って、こういう本を買ってきた。 パソコンを利用して自分なりの名詞とかポップとかが作れますよという本。 実は、この本を買ったのはアオキさんに言われるよりもかなり前のことで、何か自分で作ったものを売れないだろうかということはずっと考え続けていたことだったのだけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/09/05 09:53
音楽ライターが、書けなかった話 新潮新書 神舘和典
タイトルから期待していたほど、音楽界やミュージシャンの裏情報が満!という本ではなかった。 行ったインタビューの趣旨と発言の内容がちょっとずれるため、雑誌等ののインタビュー記事のなかでは書くことが省略されたようなことが書かれている本。 しかし、そっちのほうがそのミュージシャンの人柄をよく表しているようなエピソードだったりもする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/05 08:36
青年社長 日経ビジネス 高杉良 私の奥さんのお勧めの本
青年社長という本。 これは、ワタミフーズという会社の渡邉美樹という人の起業家としての生い立ちが書かれた本であり、私の奥さんのお気に入りの本でもある。 私の奥さんはなぜこのような本が好きなのか? ほかにプロジェクトXのシリーズもよんでいたりする。 感性がおっさんなのか? いや、こういう起業家が基本的に好きなのだろうと思う。 できる男って感じで。 確かに非常にかっこいい。 なのに、そんな男性とは程遠い私と結婚したのはなぜか? まあ深くは考えるまい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/09/02 12:55
過去にこのブログで売れた本
森林浴はなぜ体にいいか 職人技を見て歩く 「隠れ脳梗塞」の見つけ方・治し方 なぜ竹竿屋はつぶれないのか なぜ日本人はイラクに行くのか 上記の本が、私のブログのアフィリエイト(アマゾンなのでアソシエイトと呼ぶのが正しいらしい)のリンクで売れた本だ。 当初は、自分の紹介した本が売れるとは思っていなかったのでちょっと驚いているやらうれしいやらで、それが今日までブログを続けてこれた励みになっている。 私のブログから本を買って読んでいただけた方、 大変ありがとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/02 12:36
変わる商店街 岩波新書 中沢孝夫
このようなタイトルの本を読むのは、基本的に私の故郷である水窪町という街の町おこしになるようなアイディアは無いだろうかと考えているからだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/02 11:53
はじめて愉しむホームシアター 光文社新書 山之内正
ホームシアターがあったらいいなと思う。 それでこの本を読んでみた。 こういったことに関する技術は日進月歩のため、2003年12月発売の本書にも内容に一部古くなっているところがあるが、ホームシアターについて基本的なことを知るには良いほんだと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/09/02 11:19
知っておきたい情報のモラルQ&A 岩波アクティブ新書 久保田祐 佐藤英雄
ブログで本の紹介とかしているので、一応こういう本も読んでおいた。 著作権に関する疑問をQ&Aの形で解説した本。 たとえば、「新聞・雑誌当のコピーを配るには許可が必要か?」 というような疑問がある。 まあこのくらいなら、当然必要でしょ、とすんなりわかる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/29 12:08
園芸の極意 生活人新書 江尻光一
NHK趣味の教室、のような番組に出て園芸について教えているおじさんの書いた本。 しかしこの本には、草木を育てる方法や手順の極意が書かれているわけではない。 それよりも、書かれているのは作者の思いのようなもの。 そのなかに一部、植物を育てるためのコツも出てきたりするけど、 それでもそれはなにか特定の植物を育てるコツというわけではなくて、 園芸という作業全体を通してのコツみたいなもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/08/29 11:48
起業 成功をきめる準備 丸善ライブラリー 小久保達
サラリーマンで一生を終えるのは、ちょっといやだなと思っている。 それで、こういう本をよく読んでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/29 11:33
憲法対論 平凡社新書 奥平康弘 宮台真司
この本は面白かった。 よんだら頭が良くなった感じがした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/28 20:09
論争・郵便局が消える日 中公新書ラクレ 中公新書ラクレ編集部編
ブログを書くようになって、社会問題的なことに興味が出てきた。 それはなぜかというと、映画や音楽CDのレビューなんかよりも社会問題的なことについて書いた記事のほうがクリック数が多いようだからだ。 そちらのほうが、より多くの人が興味のあることなんだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/08/22 10:28
郵政民営化について
「論争・郵便局が消える日」という中公新書ラクレの本を読んでいる。 いつもならば、読み終わってから書くところだけど、内容的にまた長くかかりそうな気配で、その前に書いておきたいことがあったので、書くことにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/19 22:02
企画力!ビジネスプロデューサーになる50の方法 講談社現代新書 横山征次
本書には、音楽であっても、何かの商品であっても、イベントの企画であっても、なにかをプロデュースする人に必要な資質やものの考え方みたいなことが書かれているのだと思う。 タイトルではビジネスとわざわざ断ってあるけれども、その必要は無いんじゃないかと思う。 映画のプロデューサーだって、結局ビジネスマンだろうから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/08/19 21:44
スローサイクリング 平凡社新書 白鳥和也
この本、スローサイクリングという新しい言葉を出してくるほど内容は新しくないと思う。 それに、スロー、ってつけるのって何でもはやりみたいだからね。 だからこの「スロー」、つけ方を一歩間違えると、とても「ビジネス」って感じがして、胡散臭くなりかねない言葉だと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/08/18 11:48
国債暴落 中公新書ラクレ 高田創 住友謙一
国債は暴落するのだろうか? 国債が暴落したらいったいどうなるのだろうか? という不安があったのでこの本を読んでみた。 まあ、私なんか、国債とは何なのか、というレベルから勉強したほうがよい気がするのだけれども、そんな基本的なこと書かれた本て意外と見つからないですね。 ほんとは高校の社会の教科書でも読んだらいいのかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/08/17 12:22
評論家入門 平凡社新書 小谷野敦
面白かった。 しかし、評論家入門するのは難しそうだなと思った。 本をたくさんよめ、というところと、エッセイを書け、というアドバイスはそれほど斬新な案ではないと思ったけれど、改めてこのような本の中で言われると、納得できる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/08/06 20:43
一滴の血液で体はここまで分かる 生活人新書 奈良信雄
タイトルほどには面白くなかった。 私も一応医療関係者であるので、この本に書かれいてることに驚くような新しい知識はなかった。 しかし、まあ一般的な健康の知識についてよくまとまっていると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2005/08/03 22:41
デジカメ写真は撮ったまま使うな! 岩波アクティブ新書 鐸木能光
デジカメ写真についてはいろんな本が出ている。 新書ですら、何冊もある。 その中でどれを読んだらいいのかと迷ったら、この一冊をよんだらいいと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/31 22:18
デジカメ時代の写真術 生活人新書 森枝卓士
写真のことについて書かれた新書をこのところ読んでいる。 この新書もそのうちの一冊。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/31 21:57
散歩写真のすすめ 文春新書 樋口聡
新書らしい本だと思った。 新書というのは、ある分野のことを知るための入門書としてよいと思って読んでいる。 いろんな分野の知識が広く浅く得られる。 その分野のことを深く追求するのには足りないけれど、しっていると新聞読んだりテレビ見たりするのが少しだけ面白くなるくらいの知識が得られる。 それで、知識は新しい知識を呼ぶ。 いろんなことが少しわかるようになると、面白くなってきてもっと知りたくなるのだ。 新書にはそういう効果があると思う。 それで、この本のそういう効果はかなり大きいと思う。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/29 22:33
休日、里川歩きのすすめ 平凡社新書 井出彰
不思議な味わいの新書だった。 何が不思議かというと、新書によくあるような観念的な話がまったくといっていいほど現れない。 書かれているのは、一人のおじさんが(極たまに誰かとともに)水辺の道を歩いて見たものなどについて。 水辺の道を歩いていて感じたことや考えたことすらほとんどかかれていない。 その川沿いにあったものや、川にすんでいた生き物のことや、川に捨ててあったごみのことや、川の名前の由来などが書かれているだけ。 それで、川沿いの道の散歩途中に見つけた道で一杯飲んだりして、おじさんは家に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/27 08:45
この博物館が見たい! ちくま新書 桑原茂夫
新書なんだけど、博物館についてのガイドブックであるという本。 日本中の、著者が訪れた博物館について書かれている。 紹介されている博物館には、機会があったら生きたいなと思うくらいだけれど、 この本の面白さはそのほかに、この本の中にちりばめられているトリビア的知識の面白さにもあると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/24 20:29
地図を片手に「歩く旅」 生活人新書 山浦正昭
歩こう。 健康にもいいし、第一楽しいと思う。 しかし、最近の外はおそろしく暑いので、水分補給などには気をつけて。 地図を片手に歩いても楽しい事は楽しいのだけれど、 地図を片手にしなくてもいいと思う。 なので、この本を読む必要もない。 ただ、外に出て歩けば何かにぶつかるので楽しいのだ。 珈琲の美味しそうな喫茶店に出会ったら入って飲んだらいいし、 パンの美味しそうなパンやさんがあったら、買ってきてちょっと景色のよさそうなところに腰掛けて食べたらいい。 なんとも気楽で、なんとも自由な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/19 16:18
リフォームを真剣に考える 光文社新書 鈴木隆
リフォームについて、業者選びとプランニングのコツが書かれた本。 よんで今すぐに役に立つことはなさそうだと思ったけれど、自分の家をリフォームするときになったら必ず読み返すだろうと思う。基本的なことだけど、知っていて損は無いこと集。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/19 14:30
造形集団海洋堂の発想 光文社新書 宮脇修一
なかなか面白かった。 海洋堂という、ちょっと前にチョコエッグとかのおまけ(というかそちらがメインなんだろうけど)などを作っていた会社についての本。 フィギアや模型のファンではない私なんかでは、海洋堂についてそのくらいの知識しかなかった。 しかしこの本を読んで、いろんなことがわかった。 海洋堂という会社の運営理念というか、社長の思い。 社長はこの本の著者の父で、この本の著者は海洋堂専務で、著者の母が常務。 その海洋堂の会始まりは、一見の模型屋さんだった。 今に至るまで、何度かつぶれそ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/07/17 19:12
森林浴はなぜ体にいいか 文春新書 宮崎良文
始めの方、難しいこと書きすぎだと思った。 森林浴の効用を語る本に、なぜカントが引用されているのか? その謎は、本書の中盤から後半あたりで解ける。 要は、小難しい話でも持ち出しておかないと、この本自体のアカデミック度合いがたもてなかったということなのだな。 そのくらい、中盤から後半に発表されているこの著者の研究成果は、微妙。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/07/15 22:18
南の島で、暮らそうか! 角川ONEテーマ21 バンガートめぐみ
南の島で暮らす方法について書かれた本。 南の島で暮らしたい、という夢のようなものは結構多くの人の中にあるんじゃ無いかと思う。 少なくとも、私の中にはそんな夢のようなものがある。 沖縄に旅行する人が年間500万人くらいいるということも、多くの人の南の島というものへの憧れの高さを表しているのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/13 21:21
キャラクター・コミュニケーション入門  角川ONEテーマ21 秋山孝
キャラクターを何か考えて、一発当てるにはどうしたらよいのだろうかと思って、この本を読んでみた。 キャラクタービジネスは確かに儲かるようだ。 しかし、儲かるキャラクターを作ることは、なかなかに難しいのだそうだ。 だれにでもできることでは無いらしい。 人気のあるキャラクターには、人の美的な感覚を満たすような法則性があり、それを身に着けるのは並大抵なことではないみたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/07/12 18:21
悪の対話術 講談社現代新書 福田和也
始めの方は、「悪」があると思ったけど、話が進むにしたがって「いい話」ばかりになった。 対話のためには自己を愛する必要がある、なんて話が出てきたときには、 はて、これはPHP出版の本だったけか? 作者は加藤締三氏だったっけか? と思った。 悪の対話術というタイトルでありながら、途中から人生論になっている。 だからつまらないということでも無いけれど、「ワル」にあこがれる小市民な私としては、 読んだらもっと「ワル」になれる本だと思って読んだので、ちょっと失敗したようなきがした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/10 12:52
社会人大学へ行こう 生活人新書 社会人大学院研究会著
大学という場所は私は好きだ。 大学はレジャー施設だといわれて久しいが、レジャー施設でどこが悪いんだと思う。 学問という高度なエンターテイメントが満喫できる、最高のレジャー施設。 ディズニーランドみたいに、その世界から帰って来たらむなしさだけが残るような半端なレジャーじゃない。 卒業したら学士という称号までいただけて、なんかちょっと偉くなったような錯覚が得られる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/09 10:19
「情報を見せる」技術 光文社新書 中川佳子
この本は、あまり面白くは無かった。 ジャンルとしては、新しい分野の物に思えたのだけれど、 あまり新しい知識はない気がした。 この本にあるようなビジュアル的センスをアップさせる訓練も、かなりめんどくさい物だと思うので、 この本を買って読んだ人でも、それを実際に試した人はほとんどいないのではないかと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/05 21:59
100年住める家の作り方 講談社プラスアルファ新書 中田清兵衛
よい本だと思った。 家を建てることとかを考え始めたら、始めに読むのに適していると思う。 タイトルからして始めは、100年住める丈夫な家を立てる方法の本、だと思っていたけど、 読んでみたら、100年住める上部で快適で安全な家をたてる方法の本、だということがわかった。 家作りについて考えるための基礎知識が身につく本だと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/05 21:41
体にいちばん快適な家づくり 講談社プラスアルファ新書 岡本康男
家を建てたいな、と思っているので、最近家の本をいくつか読んでいるけれど、 自分の家を建て始める前にこの本を読んでおけて非常によかったと思う。 快適な家作りの基本が学べた感じがした。 夏涼しく、冬暖かく、ハウスダストやアレルギーの心配のない、快適で安心な家。 この本に在る知識を知っているか知らないかは、そんな家が建てられるかどうかの分かれ目なんじゃないかと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2005/07/03 14:48
一日5分「簡単ヨーガ」健康法 講談社プラスアルファ新書 番場裕之
ヨーガブームらしい。 この東洋の神秘ブームって時々やってくると思う。 科学文明が進みすぎた反動。 論理的に割り切れるものばかりに囲まれていると、なぜか疲れてしまうのだろうな。 それで、太陽のポーズとか大地のポーズとか、 それだけですでにかなり高度なストレッチ体操として意味が在るところに、東洋の神秘みたいなものを加えることで、身も心も健康、 ということなんだな、きっと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/06/30 16:48
スーパー免疫力 講談社プラスアルファ新書 星野泰三
免疫力は大切なんだな。 風邪にしても、ガンにしても、いろんなアレルギー疾患にしても、免疫力が関係してくる。 免疫力を高めることは、健康に直結する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/06/30 16:33
血液をサラサラにする生活術 講談社プラスアルファ新書 菊池佑二
血液をサラサラにするのがよいことだということは、わかる気がする。 そのためにいろいろな食べ物が紹介されているが、 手っ取り早くサラサラにするには、水分を多めに取ればよいと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

2005/06/30 16:24
ガンも生活習慣病も体を温めれば治る! 角川ワンテーマ21 石原結実
この本を母が読んでいるのをガンで闘病していて最近無くなったうちの父がみつけて、 「そんなことでよくなったら医者はいらん!」 と言って怒ったそうだ。 「そんなことはない。この本にはとてもよいことが書かれていると思う。」 と説明したかったのだけれど、痛みや吐気と戦っていた父の耳にはそんな言葉は届かなかった。 そして結局、現代医学の力も父の命を救うことはできなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/06/30 16:12
免疫力を高める足裏健康法 講談社プラスアルファ新書 市野さおり
最近はやりらしい足裏マッサージの、その根拠がわかる本。 あの足裏マッサージというのは、東洋医学のようなのだが、 実際にはリフレクソロジーという西欧のほうの考え方から来たものなのだそうだ。 まあ、どっから来たものであっても、それで健康になれるならどうでもいいことだと思う。 それで、この本を読んで、何でも信じてしまいやすい私は、これはすごいなと思って、実際にこれを自分の足に試してみた。 そしたら、非常にくすぐったかった。 そのくらい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 18 / コメント 5

2005/06/30 15:52
賢い医者のかかり方 講談社プラスアルファ新書 真野俊樹
この本のタイトルには、この本を読んだ人がすべて、裏切られた、と思うだろうと思う。 だまされないように気をつけたほうが良いですよ。 と、一言言っておきたかったので、ここに書いた。 このプラスアルファ新書のシリーズには、このようにタイトルと内容が一致しない本が結構あるきがするのだが、どうだろう? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/30 15:43
実践「免疫革命」爪もみ療法 講談社プラスアルファ新書 福田稔 安保徹
この本を読んでみて、実際に爪をもんでみた。 しかし、私は、ガンでもアトピーでもリュウマチでも糖尿病でもないので、 この爪もみ健康法の効果のほどは確かめようが無かった。 しかし、この本を読むとなんかこの療法のよさが納得させられてしまうし、 だいいち、なーんにもすることが無いときに、とりあえず爪(実際には爪の生え際の両サイド)をもみもみしてれば体にいいということで、とっつきやさは抜群だと思った。 それで、いまでも時々もんでいる。 それによる効果のほどはわからないけど、 体にいいことして... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/06/30 15:33
株式投資「一日30分」で資産倍増 角川ワンテーマ21 岩崎博充
(タイトルに続けて) するわけないだろ! 内容はともかく、このような人をだますタイトルつけてると、 角川書店そのもののイメージダウンなんじゃないのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/29 18:51
住宅購入学入門いま、何を買わないか 講談社プラスアルファ新書 長嶋修
この本によると、 「今住んでいる賃貸住宅と同じ金額を月々払うだけで、自分の家が買えます」 見たいなセールス文句にのせられて家を買わないほうがいいのだそうだ。 それはそうだなと思う。 このセールス文句には、将来家の修理に必要になる金額や、 不動産価格が下がる可能性などが考慮されていない。 まあ、この辺のことは言われなくてもみんななんとなく気がついていることだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 21 / コメント 2

2005/06/29 18:34
悪の人心掌握術 中公新書ラクレ 金森誠也
普通に生きる一般の人と、人の上に立ち国家を治めるような人とは、生きていくうえでとるべき指針が違いますよ。 ということを述べている。 平和を維持するには悪逆非道な行いも在る程度しかたがないのだそうだ。 まあ、それもそうかなと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/29 17:00
田舎で起業! 平凡社新書  田中淳夫
父の葬式をしに田舎に帰ったら、通夜のときに私の小学校の時の同級生が来てくれて、 ついでにお互いの近況について話し合うことができた。 その中に一人、町の役場に勤めている奴がいて、 そいつは7月に行われる水窪町と浜松市の合併を期に役場を辞めるということだった。 市町村合併って、結局公務員のリストラなんだな、 ということが実感としてわかった。 合併後もその街で行われるべき行政の仕事量はそんなに変わらないのに、人だけが減る。 それが良いのか、悪いのか、きっと数年先になってみないとわからない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/29 16:41
お葬式
父が死んだ。 実家に帰るまでの電車の中で、お葬式の準備や手順について書かれた本をよみながら実家に帰った。 このような本をアフィリエイトすることが、不謹慎なのかどうかわからないけれど、 一度は読んどいたほうがよい本だとは思う。 それで、結局この本はあまり役に立たなかったきがする。 なぜかというと、私の実家はとても田舎なので、 その地方だけで行われているような儀式がいろいろとあったりするからだ。 しかし、このような本を読むことで、父の葬式の望むための心がまえみたいなものはできたのではな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2005/06/29 16:21
僕のなかの壊れていない部分 光文社文庫 白石一文
研修で九州に行ってきた。 その新幹線の行きと帰りの時間で読んだこの本。 面白かった。 研修旅行が、この本を読むことで、なんか、自己の人生や自己自身を振り返る旅、 みたいな物になってしまった。 それはこの本の内容が、生きるとは、愛とは、みたいなことへの問題提起になっていたからだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/18 22:57

トップへ | みんなの「本」ブログ

―――――――――――― グーグルによるこのブログ内の検索
看護師父さんの仕事と生活の記録 本のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる