看護師父さんの仕事と生活の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 自律神経を整える 「あきらめる」健康法 小林弘幸

<<   作成日時 : 2017/10/15 23:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


「あきらめる」、
という部分は本書の一部分。

他には、
自律神経のバランス大切さ、
副交感神経を刺激する方法について書かれている。



本書より参考になったところ。



自律神経の大切さについて。

体格によって多少の差はありますが、成人の血管はすべてつなぐと、その長さは何と約10万キロメートルにもおよぶといわれています。地球の直径が約1万2700キロメートルですから、とんでもない長さであることをおわかりいただけるでしょう。
その膨大な長さの血管すべてに沿って自律神経が走っていて、全身をめぐっている血管の動きをコントロールしているのです。p9


つまり自律神経は、体のライフラインである「血液」を支配することで、私たちの体を構成する約60兆個の細胞すべてを無意識のうちにコントロールしているのです。p64

自律神経は何メートルくらいあるのだろうかと思った。

少なくとも、
血管の総延長距離りよりも長くないといけないだろう。





自律神経のバランスを崩す要因

「ジェラシーや怒り、あるいは妬みやそねみ、憎しみなど、ネガティブな感情を抱くと、自律神経のバランスをもっとも大きく乱す」p29

自律神経の乱れは相手の自律神経も乱してしまいます。怒りっぽい人を前にすると、こちらの自律神経のバランスも乱れて、交感神経が高くなって不機嫌な気持ちにさせられます。p39

我々の実験結果では、日本人の場合、。男性は30歳、女性は40歳を過ぎたころから副交感神経がガクッと急激に下がります。p83

徹夜仕事の翌朝の副交感神経の数値はゼロに近いところまで落ち込みますが、そのときすぐにリンパ球が減少して顆粒球が増えるわけではありません。
とはいえ、徹夜仕事を何日も繰り返すと、明け方に交感神経が優位な状態が続き、免疫のバランスにも悪影響が現れてきます。p82


感情、他人、年齢、睡眠。

感情と睡眠は自分で何とかなるかもしれないけど、
あとの二つは無理かもしれない。

自分の自律神経を乱す他人には近づかないようにすればいいのだろうけど、
どうしても接しないといけないこともあるから。





副交感神経を上げる、もしくは、自律神経のバランスを整える方法。

怒っているときに手を開くと、交感神経が極端に高く副交感神経が低い状態だったのが、副交感神経が上がって自律神経のバランスが整います。p71

心からの笑顔はもちろんのこと、たとえ作り笑いであっても、口角を上げれば副交感神経は上がるという結果が出たのです。p70

ゆっくりとした深い呼吸をすると、副交感神経が刺激されます。そのため、血管が開き、末梢まで血流がよくなります。p72

空を見上げるだけで体の状態は瞬時に変わるp144

私はトップアスリートのみなさんに指導するときに、こう言っています。
「3〜4秒でゆっくり鼻から吸って、6〜8秒間、口をすぼめてゆっくり吐いてください」
つまり、1対2の呼吸法です。p146


ため息をつくと副交感神経が上がるp147

マイナスな言葉を口にしない。これを実践していると呼吸がゆっくり深くなり、副交感神経を高め、自律神経のバランスを整えるのです。

文字を書くときに、ゆっくり丁寧に書くことを意識すると、確実に自律神経は安定します。p184

ゆっくり動く習慣で副交感神経を上げるp192

手を開く、
笑う(口角を上げる)、
深い呼吸をする、
空を見上げる、
ため息をつく、
文字をゆっくり書く、
動作をゆっくりにする。

覚えておいて時々やってみようと思う。





感情と自律神経のバランスの関係

一般的に感情というものは、ひとりでに湧いて出てくるものだと思われているようですが、人間の気分とか感情は、たいてい自律神経のバランスの乱れによって生まれるのです。
気分が落ち込んでいるときには、自分の健康状態をチェックしてみることです。睡眠不足や消化不良、あるいは頭痛や生理不順のせいで悲しかったり、不愉快になっていることがほとんどではないでしょうか。p131


自律神経の乱れが感情を乱し、
感情の乱れが自律神経のバランスを乱す。

悪循環になるのだな。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
―――――――――――― グーグルによるこのブログ内の検索
自律神経を整える 「あきらめる」健康法 小林弘幸 看護師父さんの仕事と生活の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる