看護師父さんの仕事と生活の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS わかりやすく説明・説得する技術 小野一之

<<   作成日時 : 2017/07/04 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


前に読んだ本をもう一度復習。



この本の中で一番大切なところは、

説得力は”人間性”に比例するp59

というところで、

結局は、

好感を持たれる人が、人を動かすp56

こちらから好きにならなければ、人は集まってこないp57

ということなんだと思った。

自分が、相手を好きになって、
相手に好かれる人間になれれば、
説明や説得にそんなに技術はいらないのだな。



そして、
人間的魅力については、

話に誠実さが感じられる
明るい
親しみやすい
目がやさしい
仕事に対する基本的な知識がある
よく勉強している
会うと何でも話したくなる雰囲気を持っている
p75


という項目が挙げられていた。

基本的なこと思うけど、
しばしば忘れてしまう。



相手から好感を得るには、
相手の話を聞くことが大切で、
聞くことについては、
以下のような記述があった。

「聞く」ことには、こんなメリットがある
@相手に対してイニシアチブをとれる
A情報や知識が得られる
B相手のやる気を引き出すことができる
C聞いているうちに「どう説得すればいいか」見えてくる
D人間的な幅が広がる
p88


聞き上手になる五つの法則
@自分から話題を振りすぎず、相手からの話題を引き出す
A相手が聞いてくれないと、話は前に進まないことを知る
B相手の興味や関心を知る
C相手の性格を把握する
Dあいづちは声を出す
p93




「聞く」ことに関連して、
「質問する」ことについて

良い質問
・考えやすいように具体的な形にして質問する
・自分の意見を質問の形にしてやわらげる
・まとめる質問をする
p105




以下は、
そのほかに参考になったと思う部分。

欠点を指摘する前に、まず「良かった点」を話したほうが開いても気分がよい。p38

たとえ相手より立場が上でも、立場が下の人間を「支配する」気持ちがあってはいけないp54

人は、多かれ少なかれ、「自分の意思」で行動したいと思っているp99

「相手は自分とは意見が違うのだ」ということをまず認めなければならないp200

相手がその仕事に”意味”を感じるようにアプローチする工夫がほしい。その仕事をすることに「プラスの意味」つまり”やりがい”を感じなければ、人はそう簡単に自分から積極的には動かないものである。p178

きちんとした対応ができれば、トラブルが発生しても恐れることはない。よく営業マンに「トラブルはメシのタネだと思え」などとハッパをかけるが、実際その通りなのだ。
トラブルを誠心誠意処理すれば、相手(お客)の信頼は深まり、営業マンとしても大きな財産になるだろう。p209



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
―――――――――――― グーグルによるこのブログ内の検索
わかりやすく説明・説得する技術 小野一之 看護師父さんの仕事と生活の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる