看護師父さんの仕事と生活の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 素直な心になるために 松下幸之助

<<   作成日時 : 2017/06/05 19:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


もっと素直になったほうが良い、
と、言われたことがあって、
素直とはどういうことか考えてみるために読んでみた。

読んでみて、
素直というのは、
自分の考えや感情にとらわれていない、
ということだと思った。


私には、
人とは違ったことを言いたい、とか、
違った見方があるということも付け加えておきたい、とか、
そういう気持ちがあるなと思う。

私のそういう部分について、
「もっと素直になれ!」
と、言われたのだと思うけど、
そう言われると、
反発したい気持ちがわいてくるのがいつもの自分。

しかし、
それが自分のとらわれなのだなと、
少し気が付いた。

人とは違ったことを言いたい、とか、
違った見方があるということも付け加えておきたい、とか、
そういう気持ちは、
自分がすごい人間だと認められたいとか、
他人より優っていることを示したいとか、
そういう気持ちから来ているのだと思う。

簡単にいえば、
カッコつけているわけで、
そう考えると、
それがすごくカッコわるいことのように思えてきたので、
「素直な心」になりたいなと思うようになってきた。


以下は、
本書に書かれていた「素直な心」の効用です。


素直な心が働いたならば、なすべきことを正しく知り、それを勇気をもって行なう、という姿が生まれるようになる

素直な心になれば、すべてに対して順応していくことができるから、何でも自分の思い通りにすることができるようになる

素直になれば、何事に対してもこだわりやわだかまりが心に残らないようになってくる

素直な心になれば、現状にとらわれることなく、日に新たなものを生み出していくことができるようになる

素直な心になれば、危機に直面してもこれをチャンスとして受けとめ、”禍を転じて福となす”こともできるようになる

素直な心になれば、自分の立場をわきまえて、つねにつつしむという見識も生まれる

素直な心になったならば、いらざる対立や争いがおこりにくくなって、和やかな姿が保たれるようになる

お互いが素直な心になったならば、何が正しいか正しくないかという区別がはっきりし、共同生活の秩序が高まっていく

お互いが素直な心になれば、一人ひとりが自分の持ち味を十二分に発揮できるような適材適所の実現が進められるようになる

素直な心になれば、病気になりにくくなり、たとえなったとしても比較的治りやすくなる



このような効用が現れるほどの「素直な心」には、
まだまだなれそうもありません。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
―――――――――――― グーグルによるこのブログ内の検索
素直な心になるために 松下幸之助 看護師父さんの仕事と生活の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる