看護師父さんの仕事と生活の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 天竜区にしかないとっておきのスイーツ20 なずな工房「龍の包み〜龍山赤目いも餡巻」

<<   作成日時 : 2017/04/25 23:51   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

天竜区にしかないとっておきのスイーツ20 

なずな工房「龍の包み〜龍山赤目いも餡巻」

画像


商品の紹介

餡は地元在来種の赤目芋、包み皮は米粉。もっちり食感がいい

売っているところ


なづな工房



私の感想

天竜区のスウィーツ紹介の最終回です。

これまでに紹介させていただいたスウィーツは20種類。

食べたことのないものばかりで、
天竜区にもいろんなものがあるのだなと、
あらためて知ることになりました。

最後に紹介するこおの赤目いもの餡巻も、
初めて食べました。



餡巻というと、
この東海地方では「知立名物大あんまき」が有名だと思いますが、
この餡巻には、餡に龍山でとれる赤目芋という里芋が使われています。

赤目芋というのは、
インドネシアのセレベス島(現スラウェシ島)から伝わったとされる里芋で、
もっちりとして芋の味が濃いのが特徴なのだそうですが、

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1113639521
確かのこの餡巻の餡も、
もっちりしていてとっても「里芋」。

もう少し甘さをおさえたら、
スウィーツではなくておかずになるのではないかと思えるくらい「里芋」です。

皮が米粉なのもポイントで、芋とコメでの相性は抜群なのですが、
これはスウィーツとしてではなく、
軽くすませるときのお昼ご飯の代わり、
にしてもいいのではないかと思えます。

食後のデザートとしてではなく、
小腹がすいた時の軽食に。

栄養もたっぷりありそうな感じがします。



この最後のスウィーツを食べてみて、
思い出したのは一番最初に紹介した蒸しパン「たべまいか」でした。

あのしいたけ蒸しパンが、
あまりにしいたけの主張が強烈だったのと同じくらい、
里芋がすごい主張してくる餡巻。

個性的で面白いです。

思わずニヤけてしまいます。

しいたけ蒸しパンも、
しいたけが嫌いな人は食べられないなと思いましたが、
赤目いも餡巻も、
里芋が嫌いな人は食べられないでしょう。

スーパーやコンビニなどに商品を提供するメーカーでは、
こういうものは絶対に作らないでしょうね。

天竜区おそるべしです。



天竜区には、
私の知らないスウィーツや、いろんな美味しいものがまだまだあることでしょう。

これからも、そういう物を、
探して食べていきたいなと思います。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像 ―――――――――――― グーグルによるこのブログ内の検索
天竜区にしかないとっておきのスイーツ20 なずな工房「龍の包み〜龍山赤目いも餡巻」 看護師父さんの仕事と生活の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる