看護師父さんの仕事と生活の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 天竜区にしかないとっておきのスイーツ16 小松屋製菓「天音(あまね)」

<<   作成日時 : 2017/04/20 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

天竜区にしかないとっておきのスイーツ 

小松屋製菓「天音(あまね)」

画像


商品の紹介

手焼き最中皮にクッキーを絞り胡桃を乗せてやいた最中クッキー。香ばしさが自慢

売っているところ

小松屋製菓



私の感想

「天音」というのは「あまね」と読んで、
天の声のこと。

2012年、
水窪町が土屋太鳳さん主演の映画の撮影現場となりました。

その映画の中で、水窪町は、
「天音(あまね)村」と呼ばれていました。

「天音村」というのは、
映画を撮影した瀬木監督が、
静かで空気が澄んでいて、天から声が聞こえてきそうな町、
ということで、名付けたのだそうです。

そのエピソードにちなんで作られたお菓子が、
「天音」。

水窪人としては、
そんな蘊蓄を語りながら、
自慢したくなるお菓子です。



その香ばしさは、
食べた瞬間に伝わってきます。

このお菓子で一番おいしいところは、
まちがいなく最中皮です。

最中皮ってこんなにおいしかったんだ!
という発見があります。

上に乗っているクルミも、栃を使ったクッキーも、
最中皮の引き立て役になっている感じすらします。



中にあんこが入っていると、
どうしても最中皮は少ししっとりしてしまいますが、
このお菓子では、
最中皮がサックサク。

サクサクの最中皮が味わいたければ、
あんこなしで最中皮だけ食べればよいのですが、
それだと少し物足りません。

この「天音」は、
最中皮はサクサクのまま、
クッキーとクルミがしっかりと食べごたえを提供してくれます。

画期的だなと思いました。



そして、栃と胡桃と、
水窪でもとれる木の実が、二つ組み合わされているところもポイントですね。

山の幸を、
おいしく楽しめます。

水窪のお土産には最適だなと思います。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
―――――――――――― グーグルによるこのブログ内の検索
天竜区にしかないとっておきのスイーツ16 小松屋製菓「天音(あまね)」 看護師父さんの仕事と生活の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる