看護師父さんの仕事と生活の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 転倒・滑落しない歩行技術  野村 仁 (著)

<<   作成日時 : 2016/12/28 08:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


我が家の近所の佐久間の山は、
それほど難しい山ではないと思いますが、
安全に登るための知識として読みました。

本書前半には滑落事故の事例が載っていて、
簡単そうに思えるところでも、
油断してはいけないなと思いました。

以下、私が参考になったなと思うところです。



登山靴について。

ソールが硬いほど、土、泥、ガレ、草付などの悪路で滑りにくくなります。岩場で小さな足場に立つのも硬いソールのほうが有利です。また、足首がしっかり固定された靴は、慣れないうちは歩きにくさを感じますが、脚全体への負担は軽減されます。足首がホールドされると前後・左右へのぐらつきが少なくなって、バランスを保ちやすいので、転倒しにくくなるのです。これに対して足首の固定が弱い柔らかい靴は、自分の脚の力で前後・左右へのバランスをとらなくてはなりませんから、脚の負担は大きくなります。p63

近所の山はトレイルランニングのつもりで登っているところもあるので、
登山靴を買おうか、トレイル用の靴を買おうか、
ちょっと迷います。

まあ、
本格的な山登りは子供がもう少し成長してからにしようと思うので、
まずはトレイルランニング用の靴を買うことになると思います。

以前、普通のランニングシューズで登った時に、
足首のあたりが、木の枝や小石がぶつかって何か所か切れたので、
少なくとも、足首が守られるような靴は必要だなと思います。



登山用具で重要な点

・晴れの予想でも、レインウェアをかならず持つ。
・どんなにやさしい山でも、地図とコンパスはかならず持つ
・4時間以上のコースの場合は、非常用具(救急パック、ツエルト、携帯電話)を持つ。p66


近所の山は1000メートルくらいで、
登山道に入ってから長くても3時間くらいで往復できるので、
水と軽食(カロリーメイトかチョコ)を持って登っていますが、
天気によってはレインウエアも持っていこうかなと思います。

地図は、スマホが大体通じるのでスマホを使っていますが、
こういうのがあったら便利かなと思ったりします。



インターネットに情報がけっこうあるので、
事前に調べてから行くこともあります。

佐久間の山の詳細な地図があったら、
一つほしいですね。



基本の登り方

@前足を狭い歩幅で踏み出し、靴底全体を斜面につけます。続いて腰を前に押し出すようにしながら前足全体に体重移動し、腰が前足の真上に位置するようにします。このとき腰から背中にかけてまっすぐに伸ばし、上体が折れ曲がったくの字の姿勢にならないようにします。
A腰と重心が前足に乗ったら、靴底でしっかり地面を踏みつけ、前足のひざを伸ばして、(完全に伸ばしきらないように)立ち上がります。靴底のフリクション(摩擦力)がきいて滑らないことを、よく感じ取るようにしましょう。
B前足で立ち上がるのと連動して、後足を自然に引き上げて前に踏み出します。後足を引き上げるときは、地面に蹴り出す力を加えずに、静かに持ち上げるようにします。p74


この山登りの技術は、
長い距離をなるべく疲れないように走るコツと似ているなと思いました。

ポイントは、
なるべく足の筋肉を使わないようにして、
重心や体重の移動を意識することだと思います。



転滑落が危険な10の判断事例

@登山道の状態が変わる
A登山道の屈曲点
B登山道に岩場がある
C登山道の近くに崩壊地形がある
D登山道の近くに急傾斜面がある
E難所がひと段落したところ、終わったところ
F沢沿いをトラバースする登山道
G悪天候(雨、強風、落雷)
H暗くなった登山道
I道に迷ったとき
p150


その道が危険かどうかは、
自分が危険な目にあって初めてわかるということがあると思いますが、
山で危険な目に合うと命にかかわることもあるので、
知識として知っていることは大切だなと思います。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
―――――――――――― グーグルによるこのブログ内の検索
転倒・滑落しない歩行技術  野村 仁 (著) 看護師父さんの仕事と生活の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる