看護師父さんの仕事と生活の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 腰・肩・ひざは「ねじって」治す - 魔法のリセット・トレーニング 山内英雄 (著) 島 泰三 (著

<<   作成日時 : 2015/12/17 07:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


節々の動きが悪くなってくる年代なので読んでみた。

基本的に、体の動きが悪くなるのは、
動かさないせいなのだと思う。

本書に書かれていたリセットトレーニングというのは、
簡単な体操みたいなものだったので、
普段からやれそうだなと思った。



簡単なのでやってみようと思ったリセットトレーニングをいくつか。

イラストがないとわかりにくいですが。

あごの関節のリセトレ
@まずは、大きく口を開けます。
A両手を組んであごの関節を親指で押し、大きく口を開け、下あごを上下、左右にねじり、回転させます。p39


あくびをするだけでもいいみたい。



鼻通しリセトレ
@中指で目元から鼻の両脇のあたりを軽く押さえ、なでます。
A場所を変えながら、何度かごく軽く押さえます。p51


自分が鼻づまりの時にやったら、軽減された気がした。

夜、子どもが鼻づまりの時に、やってみようと思う。



両手組み伸ばしリセトレ
@まず指を整えましょう。両手を組んで、しっかり握りしめます。
Aリズムよく少し上下に振りながら、1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,としっかり握りしめます。
B次に、組んだ両手をそのまま前に。息を吐きながらゆっくり両腕を伸ばしきったら、指もしっかり伸ばします。
C息を吐ききったら両手を握りしめて、ゆっくり胸元まで戻します。
D組んだ両手をまたリズムよく10まで数えながら握りしめ、また伸ばします。これを3回くり返してください。
E左右の手を組みなおして同じようにくり返します。p65


足指リセトレ
@足指をグーの形にする。このまま踵を突き出す。また、このままつま先立ちをしてみましょう。
A足指を上にねじります。親指だけを上げるとチョキに。このままかかとを突き出したり、またつま先を伸ばしてください。
Bパーの形。何もしていないようですが、しっかり伸ばすという気持ちが大切。p71


手や足の指は、楽にできるのでいい。



肩こりのリセトレ
@イスに浅く腰掛けて、両足を軽く開いたまま、胸の前でその手の甲同士をつけて逆に合掌し、そのまま両ひじをなるべく高く上げます。
Aその両手の甲をつけたまま前から万歳するように高く上げ、頭の上まできたら両手の掌をしっかり外側に向けます。そのままの状態で胸を開き大きく息を吸いこみます。
Bそのまま頭の後ろへひじを曲げて下ろし、肩甲骨を中央に寄せます。息を吐きながらゆっくり両手の先で首すじをなでるように肩まで下ろしたら、両手を真横に広げ、下ろします。
終わったら肩をすくめ、ストンと下に落としてリラックス。p87〜p92


このリセット・トレーニングは、最近時々やっている。

仕事中などで、肩や背中のあたりが疲れたなと思うときにやると、気持ちが良い。



肩回しのリセトレ
@肩を反対の手でしっかり握り、握られたほうの腕を3回程度回します。
Aこれができたら、肩を握っていた手をさらに伸ばし、痛む肩の肩甲骨を押さえながら、腕を3回程度回してください。
Bこのリセトレは押さえる場所によって効果が変化します。腕の付け根、肩、肩甲骨と場所を変え、回す向きも変えてください。p103


肩がこる時には自然にやっている動きのような気もするけど。



座って前屈リセトレ
@腰痛予防には座ってあしを伸ばす前屈も効果的です。
Aこのとき、足まで手が届かなければ、イラストのようにタオルを使いましょう。
B右を見て、左を見て、腰をねじりましょう。p121


ごろり縦回転リセトレ
@座ってイラストのように両膝を揃えて、ひざ裏で両手をしっかり組みます。
Aこのままの姿勢でごろりと後へ転がり、頭を床につけます。そこから同じ姿勢で起き上がります。
B起き上がったら、ひざ裏を両手で抱き抱えたまま前屈。しっかりと体をひざにつけましょう。p122


腰のリセット・トレーニングは、横にならないとできないものばかりなので、家でやるしかないな。



座ってひざ押しリセトレ
@座って足を投げ出してください。そして右手で体を支え、左のひざを左手でしっかり握って回します。上からつま先へ向け、ひざ関節の丸い皿(膝蓋骨)が動くのを感じるまでやりましょう。p142

ひざ伸ばしリセトレ
@イスに座りながらひざの皿を片手で握って、足を上げてください。上げたら、今度は下げます。p143


ひざのお皿が柔らかく動くことは、大切なことなのだということが分かった。



ひざ回しリセトレ
@立った姿勢からやや腰を落とし、両手をひざにあてて回します。両ひざを、大きく内側に向けて回してみてください。
Aひざを内側に折ながら、今度はひざを外向きにねじり回してみてください。p146

上半身ひねりリセトレ
@両足を広く開き、上半身をひねるのも効果的です。両手をひざにおきながら上半身をひねります。
A顔は上に向け、一方の手を後ろにまわし、腰から胸までぐっと開いてねじりましょう。


上半身をひねるのは、股関節の運動としてもよくやっていたものと似ているな。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
―――――――――――― グーグルによるこのブログ内の検索
腰・肩・ひざは「ねじって」治す - 魔法のリセット・トレーニング 山内英雄 (著) 島 泰三 (著 看護師父さんの仕事と生活の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる