看護師父さんの仕事と生活の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 仕事は楽しいかね? デイル・ドーテン

<<   作成日時 : 2015/01/01 17:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


物語風になっていて読みやすく、
仕事について考えさせてくれる本。


以下、参考になったとおもう部分の抜粋。

ほとんどの人が、仕事への情熱を目の当たりにすることなく育ってきた。子供のころ、両親が熱狂的なほど熱くなるのを見た課外活動といえば、スポーツくらなものだ。やがて子どもは、自分はプロのスポーツ選手にはなれそうにないと気づき、心にぽっかりと穴があく。大人になるまで決して埋まることのない大きな穴がね」p34

親として、
スポーツ以外のものにも、熱狂的に熱くならねばなと思うと同時に、
自分の子供には、
プロ選手になれなくてもスポーツは楽しい、ということも伝わって欲しいなと思った。



これは僕の大好きな言葉の一つなんだ。
”遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る”p45


私の頭の中にも「いろいろ」というのが少しはあるのだけど、
なかなか実行にうつせなくて、悶々としてしまうことがある。

頭の中の「いろいろ」を実行に移すことを”遊び”と考えれば、
行動を起こしやすいのかなと思った。



事業も仕事も、世の中のほかのすべてのことと同じだ。つまり、偶然の連続だってこと。多くの人が”計画どおりの結果になるものはない”という使い古された決まり文句にうなずくのに、相変わらず大勢の人が計画を立てることを崇め奉っている。計画立案者はもっと少なくてよくて、まぐれ当たり専門家こそもっとたくさん必要なのにねp61

画期的な成功というのもは、それに値する仕事がなされようとなされまいと、収めることができるp67

(成功した)十六の企業は、持つべき姿勢をしっかり育てて、それから画期的な成功を収めたんじゃない。画期的な成功を収めて、それから持つべき姿勢について、もっともらしい話をしたんだp68

成功するというのはね、右に倣えをしないっていうことなんだ。p75

「成功」について書かれた部分。

ほとんどの「成功」は、まぐれだということ。



目標に関するきみの問題は、
世の中は、きみの目標が達成されるまで、
じーっと待っていたりしないということだよ。p73


”適切な時”とか”完璧な機会”なんてものはないということ。p84

僕たちはね、失敗するのを怖がりすぎて、
それが宇宙からの贈り物だってことに気づこうとしないんだ。p118


行動を後押ししてくれる言葉。



アイデアというのはつねにまぐれ当たりみたいなものだp119

いいかい、できることはどんどん変えてごらん。みんなが、きみが変えていることに気がつくくらいに何でも変えるんだ。好奇心を旺盛にすること。実験好きな人だと評判になったら、みんなのほうからアイデアを持ってきてくれるようになるよp129

いったい何人の人が、最初に浮かんだいいアイデアを捨てて、さらに何十ものアイデアを考え出すだろう。p138

アイデアが、ほかのアイデアを引き寄せるということも忘れないでほしい。提案したいことを集め、サンプルをつくって、きみの報告書を読む人たちのところへ持っていってごらん。そして、気に入ったアイデアがないかどうか尋ねるんだ。きみが質問するということ自体を彼らは喜ぶだろう。そして、新たな考えを示してくれるだろう。p163


自分の仕事をよりクリエイティブなものにする方法。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
―――――――――――― グーグルによるこのブログ内の検索
仕事は楽しいかね? デイル・ドーテン 看護師父さんの仕事と生活の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる