看護師父さんの仕事と生活の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS お金のことをちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ 糸井重里 邱永漢

<<   作成日時 : 2014/09/10 06:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


お金や仕事や人生のことについての、
糸井さんと邱さんの対談。

お金の本のような感じがするけど、
お金のことはあまり書かれていない。

いわく、

人を評価するときには、「人に信用されている」ということをいちばん重んじますよ。お金があるかないかよりも、信用があるかないかのほうが、よっぽど大事だと思っています。p227

ということのようなので。


本書全体を通して、
「邱永漢」という人の人柄のようなものに少し触れられた気がするのが、
よかったところかなと思う。

お金持ちがみんな、
こういう清々しい感じの人だったら、
いいなと思う。



本書よりとくに参考になったと思う部分。


人と協力する事の大切さ、人から信頼されるために大切なこと、人を見つける手段。

自分の仕事をきちんとやるためには、他の人と組んで何かをする仕組みをつくらないと、本当の意味での完成にはとどかせることのできない時期になってきたように思います。
逆にいえば、他の人とうまく組んでいく仕組みをつくらないと、いつのまにか自分の仕事がなくなってしまいかねない、そういう時代なのでしょう。p3


小さいことだけどぼくが大切にするのは、例えば人と約束した時間を守るとか・・・。いっぺん人に言ったことは、自分が約束手形を発行したのと同じであって、それを実行できなければ自分の信用を失うと思っています。p228

人を信用しなかったら仕事ができないですから。p257

インターネットでいちばん効果があるのは、人探しだと思います。p200



奥さんについて。

奥さんの規模とセンスにあわせられていくということが、男の人には割とあるみたいで、意外と大きな問題なのかなあ、とも感じるんです。p130

長く一緒にいる間に、
相手と似てくるという部分はあると思う。

おそらく、夫婦はお互いに、
相手にあわせている(あわせられている)という感覚をもっているものだろうと思う。



自分と向き合うこと。

つまり「どうなってしまうかわからないくらい弱い自分」を意識するからこそ、ものを考えられるというか。
その点、表面だけで苦悩しているみたいにアピールするだけに留まっている人は、実は現実に満足しているのかもしれないよなあ。だって実際には変わらないもの。p164


この部分、
前回記事にした本にも同じようなことが書かれていたな。

その神経(バランス)じゃ調子わるくもなりますよ 小林弘幸 看護師父さんの仕事と生活の記録/ウェブリブログ

自分の弱さを直視することでしか、
先に進めない。



成功者について。

私は各界でそれぞれに成功してきた人を見てきましたが、
育った環境も違うし、
現にたずさわっている仕事の内容も違いますが、
どの人にも共通していることは
「思ったことはすぐにやる」
ということです。
偉くなった人は皆が皆、頭がいいわけでもないし、
知識が万人にすぶれているということでもありません。
それどころか、こんなことも知らないのかと
驚かされる人も少なくはありませんが、
人の説明を受けて一たび納得をしたら、
その瞬間にきいたことはその人の血となり肉となって、
すぐにも実行に移されるのです。p215


学んだん事をすぐに実行できること。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
―――――――――――― グーグルによるこのブログ内の検索
お金のことをちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ 糸井重里 邱永漢 看護師父さんの仕事と生活の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる