看護師父さんの仕事と生活の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 子どもの創造力スイッチ! 遊びと学びのひみつ基地CANVASの実践 石戸奈々子

<<   作成日時 : 2014/08/13 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



CANVAS | 遊びと学びのヒミツ基地という団体のこれまでの活動をまとめた本。

読んでいると大人でもワクワクしてくるが、
ネット上で簡単にプログラミングの基礎が体験できるScratchというサイトとか、
覗いてみたけど、使うのは簡単でそんなに簡単ではなかった。

カーンアカデミーというのも、
日本語のサイトは、子供がじっと見ていられるほど魅力的な感じがしなかったし。


それでも、
参考になったなと思うところをいくつか。

これからの時代を生きる子どもたちに身につけてもらいたい力は何でしょうか?大臣、金メダリスト、経営者、大学教授、弁護士、役人、小児科医、作家、タレント。様々な分野で活躍している方々に聞いてみました。
「つくる力」
「課題をとらえて解決していく力」
「他を尊重して協力する力」
「未知のことに柔軟に対応していく力」
返ってきた答えは、これまでの学校教育の中で重視されてきたこととは少し違うようにみえます。p37


必要なことは、「学び方を学ぶ」ということなのです。自分で目標を設定し、本を読んで、ネットを検索して、人に聞いて、自分なりの解を導き出していく。人は学べば学ぶほど、自分の無知に気がつき、そして、さらに学びたくなる。学びのスパイラルができるのです。最近では学力が高い/低いという言い方をしますが、もともと学とは高いか低いかではなく「深める」もの。学ぶことは自分のものなのです。何を知っているのかということではなく、どう学び続けるのか、その方法を身につけてもらいたいと思っています。p43

これは、子供だけでなく大人にも当てはまることだなと思う。

だれしも、常に学び続けていく必要がある。



大人がすることは場とツールを提供するだけ。そうすれば子どもたちは自然と学ぶ。p44

そもそも遊びと学びは一体のものでした。新しいことを発見すると、子どもたちの顔がぱぁっと明るくな
ります。遊びが学びと本来同じものであることは、子どもたちを見ているとよくわかります。子どもにとって遊びと学びは一体のものです。そして子どもたちはどこでも遊び、どこでも学びます。家でも公園でも空き地でも道路でも押入れでもキッチンでも物置でも。すべての空間が子どもたちにとってはラボなのです。ここを押すとどうなるのだろう?これをつなげるとどうなるのだろう?たくさんの実験をして、たくさんの試行錯誤をして、たくさんのことを学んでいるのです。p44


昔の子供は、場とツールすら勝手に見つけ出していたような気がする。

今の子供は、安全第一の傾向が強すぎて、あまり冒険ができないのかなと思う。

そういう私も、子供に冒険をさせられいないけど。



山本さんは、インターネットはこれからの中高生に必要となる3つのことを提供してくれていると言います。まず、最先端のものに触れ、社会の動向をしるということ。2つ目は、プロの人たちの直接会い、つながるということ。3つ目は、広く多くの人に伝えるということ。p79

これも大人にも必要なことだなと思う。

プロの人たちに直接会いつながる、
私としてもそのようなことができたらいいなと。



子どもたちを見ていると、10歳くらいから絵を描かなくなる子がでてきます。それは大人の評価を気にし始めるからです。他の友達と比較をして、自分は上手かどうか、それは大人が結果を求める姿勢、正解を求める姿勢のあらわれではないでしょうか。p144

自分の子供が、10歳以上になっても絵を描いているかどうか?

親としてのひとつの試金石だなと思った。

ちなみに私は、絵を描いていない大人。

自分も絵を描いたりしようと思った。



問いかけるだけではなく、工夫しているところが見受けられた時は、「○○を工夫していたね」と言葉にして褒めるようにしています。また、「最後までがんばったね」「集中していたね」など取り組む姿勢を認めるようにしています。そのような言葉がより主体的な取り組みの後押しとなります。p147

子供を褒めるときのコツ。

しかし、子供を褒めるときになにかしら下心があるのは、
そもそも良くないのだろうなと思う。

子供は親の意図を汲み取って、
それに従おうとしたり、反発しようとしたりする。

特別な意図はいらないとおもう。

素直な気持ちで子供を見て、
そのとき親自身が思ったことを言えばいいのではないかな。



子どもたちの間での世代を超えた交流の機会をつくることは、子供たちの成長にとって大切であるp211

気をつけたいなと思った。



本書で紹介されていたサイトをいくつか。

子供にプログラミング学習の機会を提供をしている団体。
PEG | programming education gathering

絵を描き、その絵を並べるだけでプログラミングできる画期的なツール「ビスケット」p214
VISCUIT(ビスケット)〜コンピュータを粘土のように〜

10代のための、ミュージック&リリック投稿サイト
OTOKOTO | Teen' Music and Lyric Community




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
―――――――――――― グーグルによるこのブログ内の検索
子どもの創造力スイッチ! 遊びと学びのひみつ基地CANVASの実践 石戸奈々子 看護師父さんの仕事と生活の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる