看護師父さんの仕事と生活の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS マキコミの技術 コグレマサト いしたにまさき

<<   作成日時 : 2014/05/02 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


ブログやSNSで情報を発信するということについて、
勉強するために読んでみた。

少し前の本なので、
キンドルでも買えるけど、
中古だと数十円で売られている。



本書より参考になったと思うところ。

企業の視点で考えると、マーケティング=仕掛けること=「巻き込む」こと、という印象が強いでしょう。しかし本書では、それと同じくらい「巻き込まれること」を大事だと考え、巻き込み、巻き込まれることによる「コミ」ュ二ケーションという意味も加えて、キーワード「マキコミ」としています。p48

相手を巻き込むよりも、
自分から巻き込まれてみるほうが簡単そうなので、
なるべく巻き込まれてみようと思った。



「うまくやってやろう」という下心からの施策は、得てしてそれを見透かされ、失敗しがちです。p51

だれしも、
だれかの思うツボにはまるのは嫌なものだ。

まず自分が楽しむ、
というのが大切なのだと思う。

自分自身が楽しんでいるということが、
もっともアピールになる。



着実に成功に近づくためのコツ
1コツコツ「継続」によって土台をつくる
2コミュニケーションは「ギブ&ギブ」の精神で
3敏感に「変化のきざし」を見つけ、対応する
p53


1と2は頑張ればできるかな。

3はセンスみたいなものが必要になると思う。



自分としてはおもしろいと思える記事を毎回書きましょう。しかし、その中で読者におもしろいと感じてもらえ、評判になるのは一割くらいだな!と思っておけば、気が楽でしょう。p71

一割も評判になったらすごいなと思う。

自分が面白いと思えるものが書けたら、
それでかなり満足できる。



話をすることで、自分が常識だと思っていたことが相手の常識でないことがに気付き、価値観の根本が揺るがされるなんてことも、よくあることです。そういったことの確認には、やはり実際に会って話すのが一番です。p77

私は看護師なので、
患者さんとはよく話をする。

患者さんと話をしていると、
自分の常識だと思っていたことが相手の常識ではないと気づくことは、
しばしばある。

それに気づくことは、
面白いこともあるし、
恐ろしいこともある。



書いておいたほうがいいかな?と少しでも感じたら、内容の吟味は必要ですが(事実と違うようなことは書かないほうがいいですから)、消極的になって手を止めてしまうのではなく、少し頑張って記事にしてください。それが結果的に、読書とのおもしろい関係を作ります。p79

この記事も、
実はちょっと頑張って書いている。

最近ブログを書くことがちょっとへったなと思うので、
もうすこし頑張って書いていきたいなと思う。



ブログを書いているとよくあることですが、あまり深く考えずにさくっと書いた記事が、あっさりとすごくうけてしまうことがあります。
そういった記事は改善のヒントになります。これは、自分の「当たり前」の中に、他者にとっての発見があるということです。せっかっくなので、そこを伸ばすべきです。p88


自分にとっての当たり前を、
当たり前と感じない人もいてくれるとしたら、
幸福なことだな。

宇宙に向けて「ハロー」と発信したら、
どこかの惑星に驚いてくれる知的生命体がいるかもしれない、
みたいな。



現場の空気感を伝えるp100

具体的にどうやったらそれができるのか。

ちなみに現在私は、
眠っている子供がいつ起きやしないかと、
ヒヤヒヤしながらブログを書いている。

子供が目を覚ましたら、
本日は終了なので。



ぼくがワクワクしながらデジカメを買い、開封し、写真を撮ったというブログの記事を読んで同じデジカメを購入したという人がいたら、それは、なんらかの意味で「つながった」のだと思います。p115

前に読んだ本でも、

ワクワクすることが人生にお金をつれてくる!  本田健 看護師父さんの仕事と生活の記録/ウェブリブログ
「ワクワク」というのがキーワードだった。

できるだけ、ワクワクしながら生きていきたいなと思う。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
―――――――――――― グーグルによるこのブログ内の検索
マキコミの技術 コグレマサト いしたにまさき 看護師父さんの仕事と生活の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる