看護師父さんの仕事と生活の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS その先の看護を変える気づき: 学びつづけるナースたち 柳田 邦男 佐藤 紀子 陣田 泰子

<<   作成日時 : 2013/09/13 23:27   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


看護系の本もたまには読んでみた。

個人的には、
看護師という仕事が、
それほど特別な仕事だとは思っていない。

しかし、
世の中に沢山あるほかの仕事と同じくらいには、
やりがいがあって、
学べるところがあって、
辛いことも、
楽しいこともある仕事だとは思う。



本書より、
参考になったなとおもうところ。

書くことによって、たえず自分を見つめるもう一人の自分の目をもつことを、ほとんど習慣化するほどになれた学生と、そうしようと努めない学生との間には、人間的な成熟という点で、一年、二年と経つうちに大きな開きが出てくるだろう。序E

日記でもなんでもいいので書こうということだな。

私もブログを7年くらい書いているけど、
たまに昔書いたものを読み返してみると、
こんなこと考えていたっけかな?
と、ちょっと不思議な感じがしたりする。

自分の中に、
自分ではないような一面が垣間見られたりするのは、
面白い部分ことでもある。



職業人として自分の感性や人間観や患者・医療者関係の取り方などについて高めていく「気づき」というものは、こうのように日常的に問題解決を目指して「いつも考えている」というひたむきな姿勢をベースにして、愛と思いやりをこめて患者と接している中から生まれてくるのだと言えるだろう。p44

わかったようなわからないような記述だなとおもうけど、
「ひたむきな姿勢」というのは好きかな。

ちなみに「ひたむき」という言葉を辞書で調べると、
一つの物事だけに心を向けているさま。忍耐強く、いちずに打ち込むさま。
と、書いてあった。

ひたむき【直向き】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

一つの物事だけに心を向けている、
ということはちょっと出来そうもないと思うけど、
「忍耐強く」というのは、
看護師には確かに必要だなと思う。

しかし、
「忍耐」しているということは、
患者さんにバレない方が良いな。

顔を引きつらせながら必死で優しくしようとしていたとしたら、
患者さんも困ってしまうだろう。

この場合、
我慢しているのを隠して、飄々としているように振舞えば良いのかもしれないけど、
そのためにはものすごい我慢強くないといけないだろうな。

それよりも、
もう我慢とか忍耐とかを超越してしまって、
そういう感情が湧いてこないレベルになれないかなと思うこともある。

そうなったら神だな。

なので普通の人間としては、
体力や、知識や、判断力や、コミュニケーション能力や、
あらゆる能力を上げられるだけ上げて、
忍耐を必要とする場面を減らしてしまえばいいのかもしれない。

しかし体力などの能力は、
加齢とともに降下するから、
看護師をできるだけ気持ちよく続けるには、
年齢とともに降下しない能力を上げ続ける必要があるだろう。

その能力の一つが、
「気づき」と関係しているのかなと思う。



ちなみに、そのような「気づき」は、幼少期においても、絵本の読み聞かせをしっかりとやっていると、絵本の言葉や物語に自分の経験したことを重ね合わせて、自分を見つめるもう一つの自分の眼が芽生え、不得意なことや嫌いなことから逃げようとする自分の弱さに気づいて、心の持ち方を変えようと決心するというような形で生まれるのだということを記しておきたい。p44

子供の「気づき」というのは、
物語と自分の経験を重ね合わせることから生まれる。

この場合、
「物語」といのは自分以外の人の経験といことになると思う。

自分以外の人が感じたり体験したりしたこと。

そういう比較対象があることで、
自分の体験の中からも、
気づけるようになるわけだ。

大人でも、
このあたりのことはたぶん変わらない気がする。

人と話をしたり、
本を読んだりする大切さは、
こういうところにあるのだな。




この本からの学びは、
長くなりそうなので、
何回かに分けて書きます。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
―――――――――――― グーグルによるこのブログ内の検索
その先の看護を変える気づき: 学びつづけるナースたち 柳田 邦男 佐藤 紀子 陣田 泰子 看護師父さんの仕事と生活の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる