看護師父さんの仕事と生活の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ナースの法則 1看護師が疲れない体位変換は患者も安楽

<<   作成日時 : 2011/06/23 06:05   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2





古い本ですが、
この本を買ってみました。

「看護師」がまだ、
「看護婦」だったころの本です。

ここの書かれている法則について、
個人的な考えも入れながら、
一つ一つ見ていきたいと思います。

この本には、
200の法則が載っているので、
続けば200の記事が書ける予定です。


まず一つ目の法則は、

1 看護師が疲れない体位変換は患者も安楽 P10

という法則。

この法則について私としては、
そんなに単純なものでもないだろうな、
と、思います。


体位変換といっても、
なかには、ちょっと動かしただけでも体中を痛がる人とか、
体位変換自体が苦痛だったりする患者さんもいる。

その場合は、
どのように動かしたら少しでも痛くないだろうかとか、
看護師としては考えます。

多くの場合は、
単純に左に向けたり右に向けたりするだけの体位変換ですが、
褥創予防のためならば、
加圧される部位が少し変わればいいのでしょうから、
単純に左右、というだけではない、
その人にあった体位変換があるのでしょう。

他には、
肺炎や心不全がある場合は、
どのような体位が適しているのだろうとか、

手術後の人は?

とか、

大腿骨頸部骨折の人は?

とか、

人工呼吸器を装着している人は?

などなど。

そういうことを考えると、
体位変換は奥が深いなと思います。


なので、
私の法則

1 体位変換は、頭も疲れる



このテーマで200回続けられたら、
「新ナースの法則」
とかいうタイトルで、出版できないだろうかとか、
ちょっと考えながら、
続けてみたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最後のオチ、笑えました。

この本昔、さらっと読みました。
納得できるものもあったり、
「そうかなぁ」だったりすることも。

200記事がんばって下さい。
長いなぁ…。
和みの風
2011/06/24 19:55
コメントありがとうございます。
200回続けられるか、
がんばってみたいと思います。
毎日一つだと、200日ですが、
夜勤のときは書けないので、
ほぼ一年ほど続く予定です。
もり
2011/06/25 04:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
―――――――――――― グーグルによるこのブログ内の検索
ナースの法則 1看護師が疲れない体位変換は患者も安楽 看護師父さんの仕事と生活の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる